コミューン

Kommune公社

閉店・移転、情報の修正などの報告

泰康路のアートスポット「田子坊」で1番ホットな賑わいを見せるカフェバーで、インターナショナルなブレイクタイム!

こんにちは、上海ナビです。
ニューヨークのSOHO(ソーホー)のような場所としてガイドブックにも取り上げられ、旅行者にもずいぶん浸透してきた感のある泰康路のアートスポット「田子坊」。ここ半年くらいの間にさらに多くのショップがオープンし、より完成度の高い楽しめるスポットに変貌を遂げています!
そんな田子坊を歩くなら、ブレイクタイムにちょっと立ち寄ってみたいのが今回ご紹介するカフェバー「Kommune」です。
「Kommune」は、田子坊にアーティストたちが集まり始めてまだ間もない5年ほど前、オーストラリア人オーナーが開いたカフェバー。付近で新しいカフェが続々オープンするにも関わらず、今でもこのお店がダントツの人気なんです!

~田子坊内の“一等席”だったりして?!~

お店があるのは田子坊の中心部。緑の木を囲むガーデンシートに迎えられ姿を現す「Kommune」は、よくよく全貌を観察するとカフェとしてはこのエリアで一番ワイドな空間を誇っているんです。ガーデンシートはやっぱり一番人気!
ここにある小さいバーベキューグリルも、時として予想以上の活躍を見せます(笑)。
店内だって、全然負けてません。こちらは昼間もこんな明るさで、のんびりコーヒーを飲んで、雑誌を読んで…と、1人でまったり過ごすにもいい場所なんです。
色んなモノがあるのにしっくりまとまっているのも、ウッド素材を生かしたナチュラルな空間があってこそ。

~だって、“コミューン”ですから~

色んなリキュール類が並びますが…

色んなリキュール類が並びますが…

それに負けずと並ぶマオの一族。

それに負けずと並ぶマオの一族。

そう、皆さんもお気づきの通り、店内にはコミュニストをモチーフにしたアートがここに、あそこに、そしてこんな細かい部分にまであるんです!
お店の名前がCommuneでなくKommuneなのは、オーナーの名前の頭文字から付けたんだとか。
ちなみに、こちらでインターネットの閲覧ができるほか、店内ではワイヤレスでインターネットに接続できますよ。

~ここもお店の一部なんです~

お店を抜けて裏手にまわると、ここにもシートが。
お店のメインキッチンは裏手の一角(別棟)にあるんです。美味しそうなブレックファストの準備もどうやら整った様子!

~ここで一息、朝のおすすめメニューをご紹介♪~

美味しいと評判なのが、カフェだけあってコーヒーメニュー。ミルクたっぷりのカフェラテ(左)、こんもり泡の乗っかったカプチーノ(右)はどちらもgood!各種コーヒーメニューは30元前後です。
コーヒー以外にも、季節のフルーツやベジタブルからお好みのものを選んでつくるミックスジュースやスムージー、その他ソフトドリンクや紅茶、中国茶もオーダーできます(30~40元)。

★ブレックファストからブランチにはコチラ!
<サンドウィッチ/38元>
「Kommune」のサンドウィッチは“自分仕様”。トースト、全麦、フォッカチャ、チャパティ、バゲットの5種類からパンを選んだら、エッグ、ベーコン、トマト、レタスなど17種類のフィリングから3つ選んでオーダーします。
ナビ仕様はチキン、トマト、ゴーダチーズ、ビートルート(ビーツの根)、レタス、プチトマト…多すぎ?なお、3種類以上のフィリングには追加で各5元が必要です!

<ベーコンエッグブレックファスト/48元>
こちらは3枚のトーストにエッグ、ベーコン、プチトマトが添えられたいかにも朝食デスヨ!なプレートです。エッグはスクランブルエッグか目玉焼きかのチョイスもできますよ。これだけ食べれば朝からパワー全開ですね!

<今日のパスタ(Pasta of the day)/68元>
ブランチにオススメな日替わりパスタメニュー。今日のパスタはグリーンフェットチーネのクリームパスタでした。割と軽めの仕上がりなので、朝いきなり食べちゃっても重くないかも。また本日はほんのりカレー風味の野菜スープだったんですが、「パンプキンスープが人気!」なんだそう。サラダにガーリックトーストも付いて、超満腹です。

<フルーツサラダwithヨーグルト/30元>
こんなさわやかメニューも朝にはオススメ、腸にも美容にも良さそうなフルーツサラダはいかが?ボールにたんまり入ったフルーツだけでも結構お腹にたまりますよ。
ヨーグルトはローカルメイド!上海で自家製ヨーグルトを作っているドイツ人のもとからデリバリーされてくるそうです。そう、腸に効くフレッシュ感!ハチミツシロップを入れて食べるとウマ~イ!

★ホームメイドケーキも…
今日は満腹すぎて手が出せませんでしたが、ホームメイドケーキもあるんですよ。本日カウンターに並ぶはカップケーキ、チョコケーキ、キャロットケーキ。ケーキは1カット25元です。
レモンメレンゲケーキも美味しいんですよ。こちらも25元です。
この他にも、スパニッシュトルティーヤー、ラザニア、サラダなどカフェとしては十分なお料理が用意されているので小腹も大腹も満たせちゃいますよ。

~オーストラリアン ビバレッジも豊富!~

こちらには青島ビール、ハイネケン、コロナのほかオーストラリア産ビールも揃っているんです。
写真左から、 ☆ クラウンラガー/☆ ジェームズボーグス/☆ クーパーズスパークリングエール/☆ クーパーズペースエール/☆ VB
<BR>※価格はVBが35元、その他全て40元。

写真左から、 ☆ クラウンラガー/☆ ジェームズボーグス/☆ クーパーズスパークリングエール/☆ クーパーズペースエール/☆ VB
※価格はVBが35元、その他全て40元。

ワインもオーストラリア、ニュージーランドやヨーロッパ産のものなど、種類も価格帯もワイドレンジで揃います。低価格のものだとハウスワインでグラス30元~。

ワインもオーストラリア、ニュージーランドやヨーロッパ産のものなど、種類も価格帯もワイドレンジで揃います。低価格のものだとハウスワインでグラス30元~。

先ほどのキッチンの横にはこんな門があり、入って右手すぐの場所にウォッシュルームがあるんですが…。

先ほどのキッチンの横にはこんな門があり、入って右手すぐの場所にウォッシュルームがあるんですが…。

前方奥には秘密の小部屋が。こちらはワインラウンジとして近々正式にオープンする予定なんだそうです。カフェとはまたガラリと違った雰囲気です。
~オーストラリアンBBQもアリ~
毎週水曜日の18:00~22:00にはオーストラリアンBBQも実施されています。100元で1ビールまたは1グラスのワインが無料で食べ放題。チキンや野菜、ベーコンなどのBBQに合わせ、サラダなども用意されいつも大賑わい!8時頃はかなり混雑するので早めの時間がオススメです。ここぞとばかり欧米人率が高いけど、負けずに割って入ろう!

平日の朝にはここでブレックファストをとって一日のスタートを切る在住外国人の姿や、週末にはガイドブックを手にした日本人観光客の姿もよく見かけますよ。皆さんも田子坊巡りをするなら、ブレイクタイムにぜひどうぞ!
~お店は迷路のような田子坊のココにあります~
泰康路沿い、瑞金二路と思南路の中間くらいの位置に写真のような「田子坊」という表示が見えます。ここが田子坊の正門のようなモノ。

泰康路沿い、瑞金二路と思南路の中間くらいの位置に写真のような「田子坊」という表示が見えます。ここが田子坊の正門のようなモノ。

先ほどの門からまっすぐ入っていくと、左手に「210弄⑦」と書かれたブティックが見え、左折できるようになっています。

先ほどの門からまっすぐ入っていくと、左手に「210弄⑦」と書かれたブティックが見え、左折できるようになっています。

左折すると奥に木が目印のガーデンシートが見え、お店がありますよ。

左折すると奥に木が目印のガーデンシートが見え、お店がありますよ。

記事登録日:2007-11-14

ページTOPへ▲

関連タグ: カフェバー 田子坊

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-11-14

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供