閉店・移転、情報の修正などの報告

おなかにやさしいお粥メニューと点心が種類豊富! 24時間営業の庶民派中国粥食堂。

こんにちは、上海ナビです。
「中国といえばお粥!」という方は多いはず。でも、意外に上海にはお粥のお勧め店が少なく、潮州式の大鍋のお粥(大人数向けで割高)が主流だったりするので、今まで『上海ナビ』ではお粥のお店を紹介できていませんでした。そんななか、ナビが見つけたのが今回ご紹介する「三宝粥鋪」。一人前ずつのお粥がリーズナブルに食べられる、庶民の味方的お粥専門店なのです。どんなお店なのか、早速出かけてみましょう〜。

「三宝粥鋪」へ行こう!

最寄りは「大世界」駅1号出口

最寄りは「大世界」駅1号出口

「三宝粥鋪」があるのは地下鉄8号線「大世界」駅エリア。人民広場、南京東路、新天地などからも歩いて行ける距離です。駅からの行き方はこんな感じ。
①出て右手へ。「月圓火鍋」前を通り、

①出て右手へ。「月圓火鍋」前を通り、

②雲南南路を右折。左に「小紹興」見つつ

②雲南南路を右折。左に「小紹興」見つつ

③金陵東路との交差点を渡ります

③金陵東路との交差点を渡ります

④渡って右手のこのビルの入り口を入り

④渡って右手のこのビルの入り口を入り

⑤右手の階段で2階へ。エレベーターもあります

⑤右手の階段で2階へ。エレベーターもあります

⑥ここが入り口。「裏口では」と不安になりますがここでOK

⑥ここが入り口。「裏口では」と不安になりますがここでOK

店内はこんな感じ

店内はこんな感じ

「三宝粥鋪」とは?
本店は遼寧省にあるというお粥専門のチェーン店です。上海市内にはご紹介する金陵東路の上海1号店と、延安中路の2号店(火鍋の「小肥羊」の下の階。ニッコーホテルから徒歩圏内)の2店舗があります。どちらにも行ったことがあるナビですが、よりおいしかったのは今回ご紹介する1号店でした。こちらのお店のほうが観光ついでに立ち寄りやすい立地でもあります。
本店は遼寧省にあるそう

本店は遼寧省にあるそう

延安中路沿いの2号店です

延安中路沿いの2号店です

旧正月も24時間営業だそう

旧正月も24時間営業だそう

こちらのお店の最大の特徴は、年中無休で24時間営業なこと。旧正月も休まず営業しています。最近増えている深夜早朝便利用の旅行者の皆さんの強い味方かも。また、飲みすぎたとき、旅先で体調が悪くなったとき、お腹を壊したときなどの救世主的レストランとも言えます。行く予定はなくても、チェックしておくと助かることがあるかもしれません。

お粥と点心をリーズナブルに楽しむ♪

メニューに食べたいものをチェックして店員さんに渡します

メニューに食べたいものをチェックして店員さんに渡します

それでは早速お勧めメニューを紹介していきましょう。予算はお腹いっぱい食べても一人30元ほど。席数が多いので食事時でも並びません。メニューはテーブルに置かれた紙に書き込んで店員さんに渡すシステム。中国語のみなので、翻訳アプリなども準備して行きましょう。
※2018年現在のメニューと価格です。
皮蛋瘦肉粥(10元)

上海では定番の、細切り豚肉とピータンのお粥です。「三宝粥鋪」のお粥は、「原味粥(白粥など味がついていないお粥)」「咸味粥(具入りの味付き粥)」「広式生滚粥(広東風の具材のだしで炊いたお粥)」「甜味粥(かぼちゃ、ナツメなどの具が入ったデザート系の甘いお粥)」の4種類。このピータンのお粥は「咸味粥」で、おかず無しでもこれだけで食べられるタイプのお粥です。鶏ガラのだしとピータンのまろやかさが美味。
定番のピータンのお粥 定番のピータンのお粥

定番のピータンのお粥

広東式の海鮮ダシのお粥

広東式の海鮮ダシのお粥

文蛤蚝仔粥(11元)

こちらは「広式生滚粥」のなかのメニュー。アサリと小さいカキ入りのお粥です。調味料を足さず素材のだしだけで炊いているので、おかずがほしくなるお粥です。分量は女性の感覚でも物足りない程度の量(風邪で弱っているときにはベストな量かも)。なので、おかずもいっしょに頼むことをお勧めします。あと、この器になっている鍋、取っ手がやけどするほど熱いのでご注意を。
金針菠菜(9元)、搾菜肉絲(9元)

お粥のお供にぴったりのおかずも豊富に揃っているこちらのお店。今回ナビが頼んだのは、エノキ茸とほうれん草のピリ辛和えと、ザーサイと細切り肉の和えものです。おつまみにもぴったり♪
ほうれん草とエノキの和えもの

ほうれん草とエノキの和えもの

お粥のお供といえばザーサイ

お粥のお供といえばザーサイ

プリプリのエビがぎっしり

プリプリのエビがぎっしり

三宝蝦餃皇(10元)

サイドに頼みたい点心も豊富。お店のお勧めだというエビ蒸し餃子を頼んでみました。蒸したてアツアツで、エビがギュッと詰まっていて安定のおいしさ。これ、広東料理店だったら20〜30元すると思いますが、この値段……。安さも「三宝粥鋪」の魅力です。
なめらかな皮と醤油ダレが美味

なめらかな皮と醤油ダレが美味

韭黄鮮蝦腸粉(18元)

なめらかな米粉の皮で黄ニラとエビを巻いた腸粉です。この、日本にはないちょっと甘口の醤油ダレ、ハマる人が多いんですよね〜。ほか、エッグタルト、チャーシューまん、シュウマイなども揃っているので、いろいろ頼んでみてください。
甘いお粥にもぜひ挑戦を

甘いお粥にもぜひ挑戦を

今回はシーズンを逃してしまいましたが、ここ最近「腊八節(旧暦の12月8日。2018年は1月24日でした)」に八宝粥(ナツメやナッツ類などが入った甘いお粥)を食べるのが話題になっています。日本でいうと、節分に恵方巻きを食べることが流行りだしたような感覚でしょうか。お粥専門店だけあってこの日は賑わうよう。腊八節に上海へお出かけの際は立ち寄ってみてください。

いかがでしたか? 本場の中華粥を食べてみたい方はもちろん、早朝出発時の朝ご飯のお店を探していた方、一人旅でいろいろなおかずを安く食べたい方にもぜひお勧めの「三宝粥鋪」。店内には一人で食べに来ている地元の人もたくさんいましたし、深夜でも明るいので気兼ねなく安心して利用できます。ぜひ皆さんも、庶民派食堂のお粥のおいしさを味わってみてください。
以上、上海ナビがお伝えしました。

記事登録日:2018-03-08

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:元

白米粥

白粥

4

菠菜蛋花粥

ほうれん草と卵のお粥

8

雪菜鸡肉粥

高菜と鶏肉のお粥

9

生滚海鲜粥

海鮮粥

30

南瓜百合粥

かぼちゃとユリネのお粥

10

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-03-08

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供