閉店・移転、情報の修正などの報告

在住外国人に人気のバー、カフェがずらり! 閑静なプラタナス並木に文化財住宅が点在するお散歩ストリート。

こんにちは、上海ナビです。
ラグジュアリーなワインバーや一流バーテンダーが在籍するカクテルバー、夜景が見えるホテルバーなど、さまざまなバーがある上海。でも、「立ち飲みでいいからもっと安く飲みたい」「東南アジアみたいな、無国籍で庶民的なバーストリートが好み」という方は多いはず。今日ご紹介する永康路は、2010年ごろから個人経営のバーが増え始めた上海有数の人気バーストリートです。どんな場所なのか、早速出かけてみましょう。
※2016年7月現在の様子をご紹介しています。8月以降、再開発の予定があるとのことです。

「永康路」に行こう!

「永康路」の最寄り駅は地下鉄1、10、12号線「陝西南路」駅。行き方はこんな感じです。
①「陝西南路」駅7号出口を出て、

①「陝西南路」駅7号出口を出て、

②右手へ進み、

②右手へ進み、

③突き当たりの襄陽南路を左折します

③突き当たりの襄陽南路を左折します

④そのまま進み、

④そのまま進み、

⑤復興中路を渡ります。

⑤復興中路を渡ります。

⑥そのまま進むと永康路との交差点にぶつかります

⑥そのまま進むと永康路との交差点にぶつかります

永康路の東側

永康路の東側

西側です

西側です


「永康路」の楽しみ方
フランス租界エリアに位置する「永康路」は、租界時代「ルート・レミー」と呼ばれていた歴史あるストリート。東西約600mの、お散歩にぴったりの道です。同エリアのほかの閑静な道と異なり、永康路は90年代まで庶民的な食材店が並ぶ街だったそう。現在はきれいに整備されていますが、その名残か庶民的なお店や住人たちが多め。新旧がよく混ざり合った見応えのあるストリートになっています。
無国籍な雰囲気と濃厚な上海の下町風情が混じり合っています 無国籍な雰囲気と濃厚な上海の下町風情が混じり合っています

無国籍な雰囲気と濃厚な上海の下町風情が混じり合っています

お勧めの過ごし方はやっぱりお酒。春〜秋の気候のいい時期の、土日の午後に友達同士やカップルで出かけるのがお勧めです。平日の昼間は閑散としているのであまり楽しめないかも。雨の日、寒い日もお勧めできません。また、グループでにぎやかにおしゃべりをするお客さんばかりなので、一人飲みだと浮いてしまうかも(かなりにぎやかなので読書やネットも集中できません)。それと、周辺は住宅街なので夜は早めに閉まります。のんびりしたい方は夕方からお出かけを。
土日の午後がいちばんにぎわいます

土日の午後がいちばんにぎわいます

平日は夜以降がお勧め。閉店時間は早めです

平日は夜以降がお勧め。閉店時間は早めです

良いコーヒー屋さんが多いエリアでもあります

良いコーヒー屋さんが多いエリアでもあります

お酒だけでなく、永康路はコーヒー好きにもお勧めの場所。自家焙煎にこだわった小さなカフェが点在しているのでぜひ探してみて下さい。街並や人の写真を撮りたい方にもお勧め。また、意外に隠れ博物館が多いので、上海の歴史を知りたい方もぜひ散策を。有名人ゆかりの地としては、NBAで活躍したプロバスケットボール選手・姚明が通った高校があることでも知られています。

「永康路」を歩こう!

それでは早速歩いてみましょう。ストリートは襄陽南路を挟んで東西に延びています。まずは東側のバーストリートから。
通りの様子です

通りの様子です

<襄陽南路〜嘉善路>
永康路のメイン部分。道の両側にずらりとバーやカフェが並び、平日の夕方以降や土日の午後は上海在住外国人たちが押し寄せます。シンガポールのリトル・インディアにもちょっと似た雰囲気かも。
こんなお店が並んでいます。
カフェ「GRIFFIN COFFEE」

カフェ「GRIFFIN COFFEE」

台湾料理「台北永康」

台湾料理「台北永康」

ベルギービール「BRUZER」

ベルギービール「BRUZER」

ビアバー「TAP HOUSE」

ビアバー「TAP HOUSE」

ポルトガル料理「PORCO」

ポルトガル料理「PORCO」

ビアバー「CASA BAR」

ビアバー「CASA BAR」

いつも満席の人気「Le Cafe des Stagiaires」

いつも満席の人気「Le Cafe des Stagiaires」

バー「Sliders」

バー「Sliders」

バー「FUNF A DELI」

バー「FUNF A DELI」

ワインバー「Just grapes」

ワインバー「Just grapes」

フィッシュ&チップスが人気「THE SAILORS」

フィッシュ&チップスが人気「THE SAILORS」

在住フランス人ご用達ベーカリー「PAIN CHAUD」

在住フランス人ご用達ベーカリー「PAIN CHAUD」

カフェ「LIZZY'S」

カフェ「LIZZY'S」

カフェ「BEAUTIFUL」

カフェ「BEAUTIFUL」

ローカルスーパー「酷鋪」

ローカルスーパー「酷鋪」

メキシカンバーです

メキシカンバーです

ナビのイチ押し店は、メキシコプロレスをテーマにしたバー「El Luchador」。マルガリータの入ったグラスにコロナを挿した「コロナリータ」や、タコス、アボカドディップのナチョスなどが人気です。
「REVOLUCION COCKTAIL」

「REVOLUCION COCKTAIL」

モヒートが人気のカクテルバー「REVOLUCION COCKTAIL」もお勧め。午前中の街歩き時の休憩やお酒を飲めない方へのお勧めは、ドイツ人とアメリカ人の夫婦が経営するカフェ「CAFÉ del VOLCAN」です。雲南コーヒーの豆はお土産用にテイクアウトも可能。欧米人好みのロール寿司にチャレンジしたい方には、その名も「寿司屋」がお勧め。朝日など日本の生ビールが揃ってます。
「CAFÉ del VOLCAN」

「CAFÉ del VOLCAN」

「寿司屋」

「寿司屋」

が、ナビお勧め店でなくても混み具合や黒板メニューを見てピンと来たお店にどんどん入ってみてください。一杯オーダーで2杯目無料などのサービスや割引価格になるハッピーアワーを設定しているお店が多いので、その時間に訪れた場合はハッピーアワー実施中のお店へ。ベルギービールなど、上海の一般的なバーの相場の半額で飲めるお店もたくさんあります。
お店の前に出ている黒板メニューをチェックしよう お店の前に出ている黒板メニューをチェックしよう お店の前に出ている黒板メニューをチェックしよう

お店の前に出ている黒板メニューをチェックしよう

また、永康路はバイク好き、犬好きも多いストリート。犬連れで飲めるお店も多いので、犬を介して友達になれることもあります。お客さんの雰囲気でお店を選ぶのも楽しいですよ。
異色の博物館です

異色の博物館です

嘉善路とのT字路手前には、上海一の隠れ家博物館「石庫門家庭博物館」があります。土日のみの開放ですが、ぜひ見学してみてください。個人的にナビイチ押しの場所です。

西側とは異なる雰囲気

西側とは異なる雰囲気

<襄陽南路〜太原路>
襄陽南路から西側は、比較的静かな庶民的住宅街になっています。1930年代に建てられた集合住宅やそこに住む人の生活感、食材街だった昔の名残などを探しながら歩いてみてください。このエリアは午前中に歩くほうが楽しいかも。
昔からここに住む人たちの暮らしが見えます 昔からここに住む人たちの暮らしが見えます 昔からここに住む人たちの暮らしが見えます

昔からここに住む人たちの暮らしが見えます

こんなお店、施設があります。姚明が通った「上海第二中学(日本の高校に相当)」は上海有数の名門校。毎年受験シーズンは周辺の道路が通行止めになります。
カフェ「Remi」

カフェ「Remi」

朝ご飯屋さん「上海四大金剛」

朝ご飯屋さん「上海四大金剛」

朝ご飯屋さん「大拇哥」

朝ご飯屋さん「大拇哥」

葬儀店「縁来香烛店」

葬儀店「縁来香烛店」

ケバブ「Planet Kebab」

ケバブ「Planet Kebab」

文具、雑貨「阿宝」

文具、雑貨「阿宝」

八百屋

八百屋

くだもの屋

くだもの屋

アンティーク「明古軒」

アンティーク「明古軒」

上海市第二中学

上海市第二中学

食堂「如意餐廳」

食堂「如意餐廳」

庶民派食堂が点在

庶民派食堂が点在

「熠盛粤味」

「熠盛粤味」

ナビのお勧め店は、このエリアきっての行列店「熠盛粤味」。庶民的な広東料理のお店です。ここで食事をしてから東側のバーストリートへ飲みに行くのが定番コース。
「上海工芸美術博物館」

「上海工芸美術博物館」

太原路まで歩いたら、ぜひ立ち寄ってほしいのが「上海工芸美術博物館」。職人の超絶技による細かい彫刻作品や、切り絵、ランタンなど職人の工房が見られる博物館です。

見どころを地図で

歩いた道とお勧め店、周辺のお勧めを地図で見てみましょう。

いかがでしたか? 同じストリートながら雰囲気が東西でまったく違う永康路。このままずっとこんな雰囲気で、と思うのですが、実はナビが歩いた7月現在、バーストリート部分に再開発の予定があるという情報が出ています。この記事でお伝えした雰囲気、お店を見たい方はぜひお早めにお出かけ下さい。
以上、上海ナビがお伝えしました。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2016-08-11

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-08-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供