スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ツアー・手配 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


上海 空港送迎車予約(空港⇔上海市内)【現地払い】

閉店・移転、情報の修正などの報告

佐野の「空港送迎車(ガイドなし)」体験レポ

浦東空港からスムーズに市内へ!上海ナビの「空港送迎車予約」を利用してみました。

はじめまして、佐野です。普段から仕事でアジア各国を駆け回ってます。
上海では空港からいつもリニア+地下鉄で移動してますが、今回上海ナビの「空港送迎車予約」を利用したので、感想をレポートしましょう。

<浦東空港/到着ロビー>

到着ロビーは国際と国内が同じフロアで隣り合っているので、国内便で到着してもピックアップの待ち合わせ場所は一緒だそう。
~待合わせ~
今回は名古屋からJALの朝便で到着。この時間、国際の到着ロビーはいつもかなり混んでますね。ドライバーさんにちゃんと会えるかな。
待合わせ場所は、到着ロビーの10番出口の前。
国際便の搭乗者の出口を抜けたところなので人がいっぱい溜まってましたが、上海ナビのロゴが入った紙を持って立っていてくれて、すぐわかりました。
女性の運転手さんだったのは、ちょっと意外。
一応予約確認書を見せて、お互いに再確認。
ちなみに、浦東空港で両替するなら、国際到着の荷物ターンテーブルの付近に2ヶ所、10番出口付近にも2つの銀行窓口が並んでますよ。送迎車の代金は人民元での現金払いなので、日本で両替を済ませてない場合はこちらで人民元の用意をお忘れなく。

~道路の向かいにある駐車場へ~

さて、道路を渡って駐車場へと移動。駐車場へは階段を半階分上ったけど、荷物が小さかったのでまぁ問題ナシ。
実は少し前からルールが変わって、到着ロビから出て一番奥の道路が一時停車できなくなっちゃったらしいです。今まではこの道路がお迎え車専用レーンだったんですが。
ガイドつきの送迎車の場合は、ロビーを出てすぐのレーンまで車を呼べるが、僕が利用したガイドなしの予約ではドライバーが車を駐車場に置いて待合わせ場所に来るので、それができないんだとか。

~荷物が多い場合~
もし荷物が多かったりカートで運ぶなら、ちょっと回り道だけどエレベーター利用が楽ですよ。

まず到着ロビー(1階)に3箇所あるエレベーターで、駐車場やリニアへの連絡通路がある2階へと移動。
待合わせの10番出口付近からは、出口に向かって左方向へ少し進んだところ(国内到着ロビー寄り、8番出口付近)にあるエレベーターが一番近いです。
まず駐車場へ降りる階段があり、さらに進むとエレベーターがあります。 まず駐車場へ降りる階段があり、さらに進むとエレベーターがあります。

まず駐車場へ降りる階段があり、さらに進むとエレベーターがあります。

このエレベーターで車を停めている階へと降りられます。 このエレベーターで車を停めている階へと降りられます。
このエレベーターで車を停めている階へと降りられます。 このエレベーターで車を停めている階へと降りられます。

このエレベーターで車を停めている階へと降りられます。

~広々とした車でラクラク出発~

車内は一人にはちょっともったいないくらいの広さ。例えば家族4人とかで旅行に来たらタクシーだと2台に分かれてしまうけど、これなら1台で移動できて安心だよね。
バンタイプの車は、タクシーより窓が大きく、車窓からの景色がよく見えるのも良し。右側にリニアの線路があるので、通過する様子をカメラに収めようと狙ってみたけど、運悪く出会えず。
浦西(プーシー=黄浦江の西側)へ渡る直前に、上海万博予定地が見えました。

浦西(プーシー=黄浦江の西側)へ渡る直前に、上海万博予定地が見えました。

これは南側から市内中心へと入る「蘆浦大橋」。このアーチ橋の階段を登るツアーが上海ナビにあるらしいですね。僕は怖くてとても登れませんが…。

これは南側から市内中心へと入る「蘆浦大橋」。このアーチ橋の階段を登るツアーが上海ナビにあるらしいですね。僕は怖くてとても登れませんが…。

橋を渡ると、両側の景色はビル群に。 橋を渡ると、両側の景色はビル群に。

橋を渡ると、両側の景色はビル群に。

静安寺近くにある、僕が定宿にしているサービスアパートに到着。ここでドライバーさんに代金を支払いました。

<送迎サービスの感想>

今回上海ナビの空港送迎車を利用してみて、以下の点が良かったです。
① 安心して目的地まで乗っていられる
② リニア~地下鉄利用でのアクセスでは眺められない風景を楽しめた

グループで来てタクシー2台に分かれたら市内まで150元×2台かかるので、それならこちらのバン1台で移動できたほうが断然便利。
同行者がいるときは、今後僕も利用してもいいな、と思いました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2007-12-02

ページTOPへ