【閉店】ROOSEVELT PRIME STEAK HOUSE

ルーズベルト・プライム・ステーキハウス 羅斯福頂級牛排館罗斯福顶级牛排馆

閉店・移転、情報の修正などの報告

オールド上海の面影が色濃く残る「太原別墅」。その敷地内に位置するセレブの隠れ家で、高級ステーキディナーはいかが?

こんにちは、上海ナビです。上海の街の魅力のひとつは、日本でも中々食べられない各国料理が食べられること。しかも、その国の一流シェフやオーナーがきりもりする本格的なお店が日本よりも多いと思うのです。今回ご紹介する「ROOSEVELT PRIME STEAK HOUSE」のオーナーは、なんとルーズベルト元大統領の孫。国際都市・上海だから出せる重量級ステーキや、アッパークラスなお値段は、日本ではほぼ体験することができないのではないでしょうか。
お店があるのは、かわいらしいデザインの老房子が多く残るエリア「太原路」。「永嘉路」に接しています。
その一角にあるヴィラ型ホテル「太原別墅」の敷地に入ると、つきあたりの右手にお店があります。
こちらが入口。オールド・アメリカンな雰囲気が漂っています。

〜資料館のような店内〜

お店を入ると、クラシカルなシャンデリアやアンティーク家具がナビを迎えてくれます。奥まった隠れ家的な席が多いため、有名セレブも多数訪れているそう。香港スターにも運が良ければ会えるかも!?
入口左手にはガラスで区切られた会員用シガールームが。マイアミの高級シガーメーカー「パドロン」社のシガーをはじめ、愛好家も納得の品揃えを誇っています。会員は米国籍を持つ華人が多いそう。ナビが訪れた日も、どうみても中国人なのに「中国語は話せません」という方々に多数遭遇しました。
入口右手はこじんまりしたバースペース。ワインやカクテルの種類も豊富です。

入口右手はこじんまりしたバースペース。ワインやカクテルの種類も豊富です。

小規模なパーティーにも使える個室。壁に貼られているのはなんとダチョウの皮だそう。他にもなにげなく使用されているものが超高級素材だったりして、思わず見入ってしまう調度品がずらり。

小規模なパーティーにも使える個室。壁に貼られているのはなんとダチョウの皮だそう。他にもなにげなく使用されているものが超高級素材だったりして、思わず見入ってしまう調度品がずらり。

店内にはいたるところにルーズベルト氏に関する貴重な資料が展示されています。中には写真や直筆の手紙も。上海にまだ外資系ホテルや高級洋食店がなかった時代、公務で訪れた各国の要人の多くがここ「太原別墅」に滞在していたそうです。

〜上海最高級のステーキ専門店、そのお味は?〜

今回ご紹介するのはマネージャーのビビアンさんに用意していただいたこの日の特別コース。普段もイベントごとにコースが設定されたり、新メニューが出たりと料理内容は変わるので参考にしてみて下さいね。
※普段は基本的に単品でのオーダーとなります。

Amuse Bouche
まず運ばれてきたのがこれ。タバスコの辛味が効いたトマトの冷たいスープです。一口サイズで、飲んだら急に食欲が湧いてきました。

Ahi Tuna Tarter, Asiatic Spices on Brioche
ツナとアボカドのディップをクラッカーにのせていただく前菜。シンプルなおいしさ。ワインも進みます。

Pan Seared Foie Gras, Maui Pineapples, Port Reduction, Mix Frisse Salad
フォアグラのソテーとマウイ産パイナップル、ミックスサラダ添え。外側はカリッと、中はとろける大きなフォアグラがたまりません。意外やパイナップルと合うんですね。添えられた濃厚なブラウンソースも美味。

Roast Prime USDA Prime Filet Mignon, American Classic Sides
特大サイズのフィレステーキ。焼き加減はミディアムレアで、ナイフがすっと入るやわらかさにもびっくり。単品でオーダーする場合は好みのカット、焼き加減が選べます。一人で600gのリブステーキをオーダーするアメリカ人もいるとか。でも、この味なら食べられてしまうような気がします。

Chocolate Fondant with Raspberry Coulis, French Vanilla Compote
デザートには、ここの名物でもあるチョコフォンダントが登場。アツアツのチョコレート部分を割ると中からほこっと湯気が。そこに冷たいバニラアイスがとろけ込んで、至福の味を造り上げます。ダイエットのことなんか一切忘れて!
さて、気になる今回のコースのお値段ですが、パンとシャンパンも含まれて888元/名。ステーキは単品で頼むと600元前後から。これに飲み物や付け合わせを頼むとなると、一人1000元は用意した方が良いかもしれません。きっと素敵な夜が過ごせるはず!
いかがでしたか? ナビがこのお店を気に入った理由は、味も値段も一流ながら気取った雰囲気がまったくなく、本当においしいものを気兼ねなく食べられること。ここに集う常連客は、みんな確かにセレブなオーラが漂ってはいるのですが、細かなテーブルマナーなどは気にせずに「まずは食べることを楽しんでいる」という気がします。店内に一歩足を踏み入れれば、きっと高級洋食店というイメージが覆されてしまうはず。そして「上海にもこんな世界があったとは」と驚くことうけあいです!以上、上海ナビがお伝えしました。

記事登録日:2009-05-18

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-05-18

利用日
女性 男性