【閉店】336中国料理 (旧蝶翠軒)

ディエツイシュエン蝶翠轩

閉店・移転、情報の修正などの報告

接待に、デートに、観光に。在りし日の上海の姿をとどめる新華路の素敵な洋館で、本格飲茶を味わおう。

こんにちは、上海ナビです。素敵な洋館でおいしいご飯を食べたい!観光で上海を訪れた人はもちろん、上海に住んでいる中国人の間でも洋館レストランは憧れの存在。でも、そんな洋館のお料理は高級な物ばかりです。今回ご紹介する「蝶翠軒」もそんな高級レストランのひとつ。でも、毎日のように地元のおじいさん、おばあさんでごった返しているレストランでもあるんです。その秘密は、格安のランチタイム飲茶にあります。
※店名が「336中国料理」に変わりました。メニュー、値段、雰囲気なども大幅に変わっていますのでご注意ください(2014年10月追記)
お店があるのは「新華路」。上海でも1、2を争うお散歩コースだとナビは思っています。さほど交通量の多くない2車線道路のサイドには、上海名物のプラタナスが植えられています。

歩道の脇に広く取られた花壇には緑があふれ、所々にモダンアートの彫刻が飾られています。天気の良い日には、くつろぎスペースでのんびりひなたぼっこしている地元のご老人方の姿が見られます。

視線を移せば、道沿いに建つ様々な洋館が出迎えてくれます。赤煉瓦作りや漆喰塗りの三角屋根など、おとぎ話に出てきそうなおうちが並んでいます。

その中のひとつが今回ご紹介する「蝶翠軒」。

その中のひとつが今回ご紹介する「蝶翠軒」。

一見、非常に敷居が高いのですが………この看板にご注目。点心の大中小が2.9元。その他も半額。大中小とは、点心一皿の値段のこと。小6.8元、中8.8元、大10.8元が一律2.9元なのです。

一見、非常に敷居が高いのですが………この看板にご注目。点心の大中小が2.9元。その他も半額。大中小とは、点心一皿の値段のこと。小6.8元、中8.8元、大10.8元が一律2.9元なのです。

〜まずは素敵な店内をご紹介しましょう〜 

元政府要人官邸だったとういうこの洋館。ガラス張りのテラス席からは、緑の芝生が眺められます。こちらのテラス席は、最低1人50元以上の食事で利用可能になります。実は、今回ナビの紹介するランチ合計価格は2人で65元!テラス席には座れませんでした……。天気の良い日は、扉も開けられていて開放感いっぱい。

2階の廊下はがらりと雰囲気が変わります。窓から射し込む光が眩しい素敵な空間。

大小さまざまな個室があります。ある個室では、ランチの時間は過ぎているというのに踊り仲間のおばあちゃんたちが10人くらいで楽しそうにおしゃべりをしていました。

1階のホールはこんな感じ。 1階のホールはこんな感じ。

1階のホールはこんな感じ。

ランチのピーク時はこんな風にごった返しています。

ランチのピーク時はこんな風にごった返しています。

〜飲茶メニューをご紹介〜

オーダーを取りにきた店員さんが開口一番聞いたこと。「エッグタルトは要りますか?」。注文終わって聞いたこと。「エッグタルトは要らないのね?」。……そんなに言われたので、ついつい注文してしまいました。まずは「大」のお皿(一律2.9元)をご紹介します。

蛋塔(エッグタルト)

蛋塔(エッグタルト)

羅漢斎腸粉

羅漢斎腸粉

皇鮮竹巻

皇鮮竹巻

腐竹牛肉球

腐竹牛肉球

酒醸丸子

酒醸丸子


続いて「中」のお皿。やはり2.9元です。

春巻

春巻

鼓汁蒸排骨

鼓汁蒸排骨

百合醤鳳爪-鶏の足です。ちょっと怖いかもしれませんが味はおいしいです!

百合醤鳳爪-鶏の足です。ちょっと怖いかもしれませんが味はおいしいです!


他に「特」のお皿(原価12.8元)、「頂」(原価14.8元)、「超」のお皿(原価18.8元)があります。ランチタイムにはそれぞれ半額に!

皮蛋(ピータン)痩肉粥

皮蛋(ピータン)痩肉粥

水晶蝦餃皇

水晶蝦餃皇

上湯灼生菜

上湯灼生菜

いかがですか?本当に格安でおいしい飲茶ランチが食べられてしまうのです。そんな「蝶翠軒」ですが、夜には高級中華料理店に変身します。

〜夜のメニューをちょっぴり紹介します〜

こちらのお店、実はオーナーが日本人。ランチの紹介だけでは「蝶翠軒」の魅力が半分しか伝わらないと思いご協力いただきました。もちろん、これからご紹介するメニューは、お昼にも楽しめます。

鵞肝牛肉粒(78元)

鵞肝牛肉粒(78元)

美極白灵茹(38元)

美極白灵茹(38元)

刺身鮑(48元)

刺身鮑(48元)

海鲜两面黄(48元)

海鲜两面黄(48元)

金阳赛螃蟹(28元)

金阳赛螃蟹(28元)

竹荪芥兰(28元)

竹荪芥兰(28元)

雪哈(68元)

雪哈(68元)

魚片(時価)

魚片(時価)


ランチ飲茶ほど格安ではありませんが、こちらのメニューもさほど高額ではありません。1人100元〜150元くらいで楽しめるそうです。鮑やフカヒレなどの高級料理を頼んだ場合は、1人300元からだそう。

いかがでしたか?2009年春現在は「上海大寧福朋喜来登大酒店」とこの新華路に2店舗構える「蝶翠軒」ですが、2009年半ばには浦東と虹口足球(サッカー)場に2店舗オープン予定だそうです。取材の日に相席になった老夫婦はこのお店が大好きだそうで、週に2回も来ることもあるとか。安くておいしいものを見つけるのがとっても上手な、上海のご老人お墨付きレストランなのです。皆さんもぜひ訪れてみてください。以上、上海ナビがお伝えしました。

記事登録日:2009-06-01

ページTOPへ▲

関連タグ: 洋館 飲茶ランチ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-06-01

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供