天籟 スカイライト

SKY LIGHT天籟

閉店・移転、情報の修正などの報告

写真家のオーナーが蒐集したチベットの骨董家具と、ハンドメイドのアクセサリーが並ぶ小さなお店。

こんにちは、上海ナビです!みなさんは、チベットに行かれたことはありますか?日本から飛行機で2~3時間の上海なら気軽に遊びに行くことができても、はるか西方にあるチベットへは興味があってもなかなか旅行するチャンスがないかもしれませんね。実は上海にいながらにして、チベットの香りに触れることができる場所があるんですよ!今日ご紹介する「天籟(スカイライト)」は、チベットの骨董家具や写真と、天然石やシルバーの素朴なアクセサリーなどを扱うショップ。ナビも以前から気になっていたこちらのお店、みなさんに替わって探索してこようと思います!

~周辺情報~

お店があるのは、旧フランス租界エリアの「復興西路」沿い。南北に走る「烏魯木斉(ウルムチ)中路」と交差するあたりです。お店の向かいにはイラン領事館があります。「復興西路」は閑静な並木道で、1930年代に建てられた洋館などがたくさん残っている雰囲気の良いストリート。もう少し西へ進むと上海ナビでご紹介済みの素敵な欧風料理レストラン「アルグラ」や、ネットも使えるカフェ「BONNA2」、オールドハウスを改装したネイルサロン「フランジパニ」、レザーショップ「樹」などもありますよ。お天気がよければ、附近をぶらぶら散策してみるのもオススメです!

~お店の中はこんな感じです~

小さなお店ですが、水色の枠のドアが目立つのですぐ分かります。
オーナーの王江さんは上海人でフリーのフォトグラファー。ご夫婦で旅行したチベットに魅せられ写真を撮ったり家具を集めたりするうちに、趣味が高じてこちらのお店を開くことになったそう。チベットをこよなく愛する王さん、中国西部で最も貧困といわれる徳格県の恵まれない子供たちを支援するため、学校創設の資金を募る募金箱を店内に設けているんです。

●額入りの写真 (左)520元 (中)200元 (右)150元  
店内にはオーナーさんがチベットで撮影した写真がたくさん飾られていて、購入も可能なんですよ。人や動物、風景など、印象的な写真が多くて吸い込まれるように見入ってしまいます。

●オリジナルカード 1枚25元、4枚買うと1枚サービス
チベットの写真をあしらったカード。こちらもオーナーさんが撮影された写真が使われています。壁に飾っていないものもあるので、ストックを出してもらって選びましょう。

●布ポーチ (小)45元 (中:右上)70元
チベットの伝統的な布を使ったポーチ。やや厚みがあるので、旅行時のアクセサリーケースにするのもよさそう。縫製も丁寧な造りです。

●ショルダーバッグ 350元
カラフルなウールの織り地とコットンを組み合わせたオリジナルのバッグ。個性的なデザインが光っています。

●手織りショール620~760元
クラシカルな模様のショールは、ヒマラヤの高級ウールのみを使用し織り上げたもの。柔らかな手触りです。

●絞り染めコットンシャツ 140元
こちらはネパール製のシャツ。味わいのある手絞りの染めが素敵ですね。薄くて柔らかなコットン素材です。

●ノート 1冊28元、1セット(4冊)100元
ノートの表紙にも、オーナーさん撮影の写真が使われています。購入代金の中から、1冊購入で2元、1セット4冊の購入で8元が、恵まれない子供たちのための学校設立資金に寄付されます。

●天然石アクセサリー リング260元~、ネックレス160元~
現代風と民族調がミックスされたデザインのアクセサリーたちは、すべてハンドメイド。天然石を使ったものが多く、石の種類と大きさによってお値段もさまざまです。

●天然石ブレスレット280元  
●貝殻とシルバーのピアス230元
色鮮やかな石がたくさん使われていますが、デザインはベーシックなものが多いのでコーディネートがしやすそう。取材しつつも品定めに余念のないナビ、写真を撮りながらお財布と相談です。

●シルバーピアス80元~
●シルバーアンクレット 各170元
ピアスは台紙の裏に値段が貼ってあります。アンクレットはこちらのお店の大人気アイテムなんだそう。5月以降には新しいデザインもたくさん入荷する予定なので、要チェックですよ!

●仏具 280元~  
お供え物を入れる容器や香炉など、全てアンティークです。インテリアに取り入れて、ロウソク立てや花器として使ってもオシャレかも。

●噶乌2280元~  
これは一体何に使うものだろう・・・とナビがしげしげと眺めていると、店員さんが「後ろが開くのよ」と教えてくれました。中に小さな仏陀像を入れて、お守りのように携帯するための箱なんだそうです。その昔これの小さいものを髪を結うときに髪の中に入れたんだそう。これは貴族だけに許された習慣で、髪にこの箱を結いつけていることで官位の高さを表していたそうです。

●チベット骨董家具(雲) 7600元  
店内に置かれている家具のほとんどはチベットの骨董家具で、売り物なんです。オーナーさんが現地で探し集めて上海まで運んで来られたもので、以前はたくさん在庫があったのがほとんど売れてしまったそう。値段はナビには高いのか安いのかさっぱり分かりませんが、本物のチベット骨董家具はいまや稀少になりつつあり、こちらの価格はかなりお値打ちなんだとか。欧米人のお客さまの中には、家具の代金よりも高い輸送費をかけて本国まで持ち帰る方もいるんだそうですよ。

●チベット骨董家具(花) 6800元  
ナビが一目ボレした引出付きキャビネット。鮮やかな色は塗り直したものかと思えば、これがオリジナルの状態なんだそう。天然石を砕いた粉を用いたチベット家具の彩色方法は、長年経っても色褪せないのが特長なんだとか。ビックリ仰天しているナビに、「どの家具も80年以上前のものだけれど、あと100年はこのままの色よ」とお店のスタッフさんが笑いながら教えてくれました。スゴイ!

いかがでしたか?オーナさんのチベットへの深い愛情が伝わってくるようなこちらのお店。ナビはすっかりチベットに興味津々になってしまいましたよ。みなさんも上海に旅行に来たら、旧フランス租界の並木通りにある「天籟(スカイライト)」に足を運んでみてくださいね。以上、上海ナビがお伝えしました!
  • photo

記事登録日:2007-04-03

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-04-03

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供