姚(ヤオ)さんの花文字 (晶縁水晶店内)

姚先生的芸術字姚先生的艺术字 (晶缘水晶店内)

閉店・移転、情報の修正などの報告

見た目にもキレイ&縁起のよい「花文字」はプレゼントにも最適!“世界にひとつだけ”の花文字を書いてもらっちゃおう♪

こんにちは、上海ナビです。
みなさん 「花文字」 ってご存じですか? 中国語では 「芸術字 イーシューヅ」 や 「龍鳳字 ロンフォンヅ」 などと呼ばれています。花文字は、色とりどりの絵の具を使い、筆の角度をうまく利用しながら、はね、はらいなどを鮮やかなグラデーションで表現していきます。しかも! ただの文字ではなく、花や孔雀や龍が漢字の旁(つくり)になっているので、見た目にも面白い&綺麗なんですよ。
中国らしいお土産や伝統工芸品を探すなら、豫園付近はうってつけのスポット! というわけで、今回ナビがやってきたのは 「上海老街(方浜中路)」 です。上海老街は、明代~清代の街並みを再現している、趣のあるストリート。ここなら、素敵な花文字が手に入りそう!

~お店はこちら~

「晶縁水晶店」 という水晶屋さんのスペースの一画が、今日のお目当ての場所! 花文字の見本やハンコが飾ってありますね。ん? このおじさんに見覚えがあるぞ … という方もいらっしゃるのでは?そうなんです、こちらの姚 (ヤオ) さんは、「ハンコ屋さん(晶縁水晶店内)」 でナビに登場済み。ハンコも彫れて、花文字も書ける、すごい方だったのです!
~花文字のステップは以下のとおり~
1. 文字や枠の大きさを決めます
2. 文字の色を決めます(カラーOR白黒)
3. 書いてもらいたい字を伝えます
4. 花文字スタート!
5. 額に入れて出来上がり!

花文字を書いてもらうぞー!と意気込んだのはいいものの、字の大きさはどうするか、縦書きにするか、横書きにするか、ちょっと悩んじゃいます。見本をじっくり見て、決めてくださいね!
● 価格案内 ●
★ 花文字: 漢字 20~30元/1字、 英字・ひらがな 10~20元/1字
(字の大きさにより、値段が異なります)
★ 額:  木枠 60元、 黒枠 35~50元
(どちらもプラスチック製)
★ 掛け軸: 150元
★ 扇: 120~150元

上から、ANNA、SUSAN、奈緒子、珍妮(JENNY)。
漢字も英字もなんでもござれ!外国人の名前を漢字(当て字)で表すことだって可能なんですよ。しかも、姚さんはひらがなも書けるんですって!すごいですよね~。
蘇珊 ⇒ SUSAN、朱莉婭 ⇒ JULIA、戴維 ⇒ DAVID … なんだか、名前あてクイズみたいになってきましたね。花文字ではなく、こういうシンプルな “ 書 ” も非漢字圏の人たちにはウケそう!
花文字4連発! 上から、DANIEL、克里斯(CHRIS)、酒井法子、山口百恵です。まさかこんなところで、自分の名前が見本になっているだなんて知らないんだろうな~。
縦書きもなかなか素敵です。左から、家内安全、木村拓哉、ROBERT、MARIA。名前ではなく、“家内安全”など平安吉祥を願う言葉もいいですね!
扇や、掛け軸タイプのものもありますよ。
額の場合は、文字と額が別売りですが、扇&掛け軸はすべて込みの値段だそうです。
こちらは、“全家福”といって、家族全員の名前を書いたもの。日本のファミリーをイメージして書いたそうです。有貴(父)、陽子(母)、信宏(息子)、北原(娘) … ん? 北原?!「これは名字だよ!」 と思わずつっこんじゃいましたが、姚さんの全くの想像 (というか創造?) なので、まぁ仕方ないか!

~花文字、スタート!~

サイズ等を決めたら、次に、メモ帳に書いてもらいたい字を書きます。ナビがお願いしたのは “ 恭喜発財 ゴンシーファーツァイ ”。直訳すると 「儲かりますように!」 ですが、新年の挨拶言葉なんですよ。旧正月あたりに上海へいらした方は、このフレーズをたくさん耳にしたのではないでしょうか。縁起がよいということで、この言葉に決定!
ヘラのような筆に絵の具をつけて、サラサラ~っと花文字を書き始めた姚さん。下書きも無しだなんて、すごいな~。途中で、筆(色)を変えて、器用に書き上げていきます。
グラデーションのつけ方がお見事! さすがプロですね。形になっていく様子を観察するのも楽しいですよ~。じっと見ていても失礼にあたらないから大丈夫!
筆で字を書き終えたら、黒ペンで最後の仕上げをします(パンダちゃんや龍のヒゲなど)。花文字の中の生き物たちに命が生まれましたね。
サインをして、ハンコを押したらできあがりです!本当にあっという間にできあがっちゃいました!
枠に入れたら、完成! 20元(1字) × 4 + 60元(枠) = 140元 なり!
ちなみにこの枠は、“木枠風の枠”で、木に似せたプラスチック製ですなんですが、見た目は木そっくり!裏側には金具がついているので、紐をとおして壁に飾ったりできそうですね。

~教えて! 花文字の意味~

花文字は縁起がいいとされているのは、開運の象徴の生き物が描かれているからなのです。それぞれの花文字に、何が隠れているか、わかりますか?通常、姚さんが簡単な日本語で意味を教えてくれますよ。
『恭』 <br>
花(純粋)、鳥(幸福)、魚(富裕)、孔雀(円満)

『恭』
花(純粋)、鳥(幸福)、魚(富裕)、孔雀(円満)

『喜』 <br>
花(純粋)、コウモリ(果報)、蝶々(美)、孔雀(円満)

『喜』
花(純粋)、コウモリ(果報)、蝶々(美)、孔雀(円満)

『発』<br>
花(純粋)、龍(権力)、鳳凰(高貴)

『発』
花(純粋)、龍(権力)、鳳凰(高貴)

『財』 <br>
花(純粋)、蝶々(美)、竹(平安)、パンダ(Happy)

『財』
花(純粋)、蝶々(美)、竹(平安)、パンダ(Happy)

「戊子年春月於上海」というのは、「ねずみ年・春・上海にて」という意味です。
姚さんによると、花文字をオーダーするお客さんのほとんどが日本人なんだそうです。見た目にも綺麗で、縁起がよい花文字は、お土産にプレゼントにうってつけ! しかもあっという間に出来上がるので、時間を節約したい旅行中にはありがたいですね。みなさんも世界に一つだけの花文字、いかがですか?

~花文字を終えたら…~

「ハンコ屋さん」<br>
もちろん、姚さんはハンコを彫るのだってお得意。 オリジナルのハンコ&花文字をセットにしてお土産にすることだってできちゃいますよ!

「ハンコ屋さん」
もちろん、姚さんはハンコを彫るのだってお得意。 オリジナルのハンコ&花文字をセットにしてお土産にすることだってできちゃいますよ!

「晶縁水晶店」<br>
姚さんの花文字&ハンコ屋さんは、こちらのお店の一画にあります。天然水晶(パワーストーン)と花文字で、最強開運体質に!

「晶縁水晶店」
姚さんの花文字&ハンコ屋さんは、こちらのお店の一画にあります。天然水晶(パワーストーン)と花文字で、最強開運体質に!

「彝家扎染繍庄」 <br>
中国風雑貨や少数民族工芸品が揃う、人気のお店。姚さんの並びを数軒西へ行ったところにありますよ。

「彝家扎染繍庄」
中国風雑貨や少数民族工芸品が揃う、人気のお店。姚さんの並びを数軒西へ行ったところにありますよ。

もちろん 「 豫園 」 で、ゆったりと庭園美を鑑賞するもよし! 「 豫園商城 」 で小吃片手にショッピングを楽しむもよし! 「 豫園商城★第2弾 」 の記事もぜひ参考にしてくださいね!

記事登録日:2008-03-31

ページTOPへ▲

関連タグ: 伝統工芸品 花文字

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-03-31

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供