スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ツアー・手配 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


200元ポッキリ!上海市内お散歩観光Aコース【午前/午後】

閉店・移転、情報の修正などの報告

さおリンの「200元ポッキリ!市内お散歩観光Aコース」体験レポ

南京東路・外灘・豫園!上海に来たらぜひ訪れたい観光スポットを庶民の足で効率よく巡るツアー体験

こんにちは、サオリンです。
上海の有名観光スポット、南京東路・外灘・豫園。今回はこのコテコテなコースを午前中に効率よく巡るツアー「200元ポッキリ!市内お散歩観Aコース」を体験してみたいと思います!

聞くところによると、このツアーは庶民の足(バスや地下鉄)を使って移動するそうです。へー楽しそう!しかも200元ポッキリって安いなぁ。私が初めて上海に来たあの当時にこのツアーがあってほしかった・・・。

さて、今日はけっこう歩くことが予想されるので、小学校の遠足のしおり風にいうところの、“履き慣れた靴”で出かけまーす。

9:00 ホテルのロビーで待ち合わせ

とあるビルのロビーにて、ガイドさんと待ち合わせ♪ みなさんの場合は、宿泊先のホテルまでガイドさんがお迎えに来てくれます。「SHANGHAI navi ○○様」のネームプレートが目印♪
そしてこの場でツアー代の精算をします。
支払いが済んだら、時間がもったいないので、さっそく出発~!歩きながら、ガイドさんが今日のツアーの流れを説明してくれます。カッコ内の時間は目安。

1 南京東路までバスで移動
2 南京東路歩行者天国をぶらぶら歩く(45分)
3 外灘(バンド)まで歩いて移動(15分)
4 外灘観光&写真撮影(15分)
5 豫園までバスで移動(15分)
6 豫園周辺、豫園商城観光(60分)
7 解散
※豫園庭園を観光したい場合は、チケット代別途30元を自己負担。移動の際の交通費、買い食い代は自己負担。

待ち合わせのホテルの場所にもよりますが、上海の風景を楽しんでもらいたいという配慮から、移動手段はそのほとんどがバスだそうです。地下鉄やタクシーにどうしても乗りたいんだい!という希望は、もちろんきいてもらえるのでご心配なく(笑)

大体どのバスも一律2元くらいで乗れます。バスによって、ワンマンだったりチケットおばさん(車掌)がいたりするので、まー詳しくはガイドさんに聞いてみてください。
1元硬貨2枚を握りしめて、バスに乗り込むぞ!
急ブレーキ&急発進が多い上海のバス。コインの次は手すりをしっかりと握りしめて。

9:30頃 南京東路歩行街に到着

人民広場近くで下車し、やってきました南京東路!おのぼりさんらしき人がいっぱいいます。今日は初心に帰ろうDAYなので、私も「南京路歩行街」をバックに定番のアングルでパチリと一枚。これから、ブラブラとお店をのぞきつつ、南京東路を歩いていきます。
まずは、いろいろなお菓子や特産品が揃う第一食品商店。人で賑ってます!ガイドさんオススメのお店なのですが、上海を感じるお土産がたくさん!しかも安い!私が気になったのは、“不夜城 上海チョコレート”。
国営の芸術関係の専門店「朶雲軒」です。筆や墨などの書道用品、印鑑、ヒスイ、掛け軸、陶磁器、中国風小物、その他にもたくさん!自分用でもお土産用でも、このお店は使えるっ!
その他にも、「蔡同徳堂」 という老舗の漢方薬局や、CD、DVDも揃う書店、箸屋などをチラ見。
小腹が減ったので、ちょっとマクドナルドの入り口横にある「甜品駅(Sweets station)」に寄り道。店内に入らずに甘い物系が買えるから便利♪ 上海のマックには大体併設されていると思いますよ。で、ソフトクリームがなかなかおいしくてオススメ。バニラ味は2.5元です。ガイドさんはグレープ味のソフト、5元。リッチですね(笑)
お店をのぞきながらぶらぶらと歩いた南京東路のホコ天。いつでも人で賑わっている場所のひとつですので、オモシロ人間に出会える確率も高い!背中に意気込みを感じるおじさん率いるDanceグループに遭遇できるかも! 特にお店に興味ないし、人ごみを歩きたくない~という方は、観光車(2元)に乗っちゃうのもアリですよ♪

10:35 外灘(ワイタン The Bund)到着!

南京東路から歩いて15分。外灘にやってきました!外灘の昼と夜の風景を見比べてみるのも面白いと思いますよ。といいますか、ライトアップされた外灘もぜひ訪れていただきたい!というわけで、ここではかるく写真撮影大会を楽しんで昼間の風景を目に焼きつけたら、お次は豫園へ!
再びバスに乗って豫園まで移動。
上海のバスや地下鉄には時刻表がないんですよ。5分に一本、最低でも15分に一本間隔で運行しているので便利♪ たまに同じ路線のバスが続いてダンゴ状態になって走ってるのを見かけたりもします。
外灘から豫園までは1駅だけ!でもバスを降りたらちょっと歩きます。「少し遠回りだけど、面白いからこっちの路から行きましょう」とガイドさんに誘導されて通る路は、わー庶民的~!つきだした物干し竿に干された洗濯物・・・都会的な上海だけではなく、こういうローカル度満点なのが見たい人は結構いるんじゃないかなー?

ローカル色を求めて路地をさまよってたら、道に迷って途方にくれてしまったとか、住民に不法侵入者を見るような目つきで見られて怖かったとか、そういう経験が私はあるんですけど、上海の達人のガイドさんがそばにいてくれるのは安心ですね♪

11:00 ちょい過ぎ頃 豫園エリアに到着!

「この辺は人が多いので、スリもいますから、くれぐれも気をつけてください」と注意を促すガイドさんの手には、串刺しのメロン(1元)。いつの間に?!
商店が並ぶ通りを抜けて、「湖心亭」あたりに到着。「南翔饅頭店」の一階は今日もすごい行列だなぁ。行列を見ていたらおなかが空いてきちゃった。ショウロンポーもいいですが、今日は色んな種類の小吃(シャオチー)を味わいたい!ということで以下、小吃食べ食べツアースタート!

☆ 臭豆腐 5元
すんごいニオイが風にのってやってきた~。と思ったら臭豆腐(チョウドウフ)。納豆の比ではないくらい強烈なニオイだけど、厚揚げ豆腐みたいな感じでおいしいよ!と思えるようになったのはごく最近。このニオイに寄せられてあっという間に行列が!外国人観光客も多い豫園だけど、並んでいるのは見事に中国人だけでした。

☆ 羊肉串(ヤンロウチュァン) 2元/1串 ☆ うずら 8元/1串
お隣では、羊肉串(シシカバブのこと)を焼いてました。なんとその隣にはウズラが!卵じゃなくて、親のほうだ!ジーザス!

☆ 糖葫芦(タンフールー) 5元/1串
フルーツを水あめでコーティングしたお菓子。北京あたりでよくみかけますね。個人的には苺が一番おいしいと思います。が、シーズンではないので、残念ながら食べられず。苺が売られている時はぜひ!
小吃屋台を発見!いろいろありますねー。ここで何か食べたい(買いたい)時は、まず售票处(チケット売り場)でチケットを買います。食べたい物の名前をメモって係の人に見せると間違いが無いですよ。チケットをゲットしたら、食べたい屋台の売り子さんに手渡せばOK!

☆ 蘇北老虎脚爪 2元
虎の爪の形をした小麦粉を練って釜焼きしたもの。売り子のお姉ちゃんは「ちょっと甘いよ」と言ってたけど、味が無ーい(笑)パンみたいな食感だったので、こっそり味無しパンと名付けました。

☆ 成都三大炮 5元
たこ焼きかと思いきや、タコは入ってません!具ナシではあるが、モチモチ食感とタレがおいしかったです。

☆ 上海龍須糖 10元/1箱
かつての皇帝が愛したと云われる絹糸のような極細の飴のお菓子。食感が特殊なのでぜひみなさんにもトライしてほしい!口の中の水分が全て奪われるようなあの感覚。モッショリ!味は甘くておいしいですよ。

12:00頃 豫園にて解散

通常は、豫園周辺をざっと案内してもらったら、12時頃、現地解散となります。食事のオーダーを手伝ってもらいたいとか、お土産屋さんに連れて行ってもらいたいとか、ガイドさんに何をガイドしてもらいたいのか明確にしておくと、時間が有効に使えるかと思います。解散後、ゆっくり豫園の庭園を散策するのもいいですしね。

~小吃のあとは、本気で吃(食べる)~
「和豊楼」の1階は、ありとあらゆる中国フード(わりと軽め)が食べられるフードコートです。好きなものを自分で選び、後で清算の“学食スタイル”!「さっきジューブン小吃食べただろ!」というツッコミの声が聞こえてきそうですが、みなさんにできるだけ色んなものをご紹介したいという名目で、入っちゃいまーす!
点心、揚げ物、上海蟹(揚げと蒸し)、ギョウザ、ワンタン、麺類、鍋、寿司などなどものすごい種類のお料理があります。値段が書かれたプレートが下がっているので、安心。
「収銀台」がレジです。こちらでお会計。箸、レンゲ、小皿はテーブル近くの各場所に置いてあるので、セルフでお取りください。
私が選んだお料理、トレー2個分!!「え?それアンタ一人で食べるの?」といいたげな周りの視線は気にしません。ちなみに、飲み物は料理が並ぶカウンターとは別の場所にあります。(料理とは別会計)

~一挙にご紹介!~
★ 魚翅灌湯包 12元
フカヒレ味(を再現した)タンバオです。これはストローで中のスープを味わうもので、ショウロンポーの肉汁のような味わい。ヤケドに注意!
★ 蟹肉生煎 26元/8個
運んできた時にはすでに冷めていて、皮のモチモチ度が半減していて残念。しかも値段が高いってのにさ・・・。焼きショウロンポーは、やっぱり出来たてがオススメ!

★ 桂花糖藕 10元
レンコンの中にもち米を入れて甘く煮た、上海ではポピュラーな食べ物のひとつ。うっすらモクセイの香りがしましたよ。最初はこの甘さが苦手だったけど、いつしか好きになっちゃいました。

★ 鵪鶉 16元/2羽
さきほどから気になる存在になっていたウズラに挑戦!しかし、すでに冷めてしまって肉が硬い!そしてタレが甘くて気持ち悪い!正直、ごめんなさい。食べていた私の横を通り過ぎた白人のグループが、私の方を見るなりなにやらエキサイトしてました。

★ 面施小黄魚 16元
「黄魚」を小麦粉でまぶして揚げたフライ。これはおいしい!!!ウズラのあとだから、ではなくて本当においしかったです(笑)

★ 川北涼粉 8元
私の大好きな涼粉は寒天みたいな感じです。これは四川風味とあってピリ辛!食感最高!オススメです。

★ 十三番龍蝦 16元
上海ビギナーの方はきっとギョッとするのではないかと思って、あえてセレクトしてみたザリガニです。ここのザリガニは臭みが強い!それを消そうとしてなのか、香辛料がきき過ぎててツライ!街中のザリガニ屋のザリガニはおいしいんだけどなぁ~。

★ 八宝粥 6元
甘いお粥です。お味は、特に可もなく不可もなく。あ、中に白玉が1個だけ入ってた!(笑)

★ 油炸冰淇淋 16元/
その名もアイスのフライ?!そんなオシャレなものは食べるっきゃない!うーん、残念だけど期待ハズレ。ただの甘いジャムを揚げたものでした・・・。
出来たてホヤホヤをワゴンでお届けするお姉さんがいました!冷めてるが故にあんまりおいしくなかった残念な料理もいくつかあったので、次回からはこのお姉さんを呼んで買おうと決めました。

~お土産探し散策~

おなかがいっぱいになったところで、お次はお土産屋さん巡りをスタート。豫園商城にはたくさんの商店が並んでいるので、ざっと見てまわるだけでもヘトヘトになっちゃうかも。
豫園商城には雑貨屋さんの他に、切り絵、針金文字、花文字などの伝統工芸を売り物(?)にしている出店も立ち並んでいます。覗き紙芝居屋さんもいましたよ!それから、情感たっぷりに笛を吹くおじさんもいました。あはは!
◇ 健身球(ジエンシェンチゥ)5元前後
豫園商城でよく売られている球セット。手のひらで、二つの球を上手にコロコロすると、脳が活性化されて長生きできるとかできないとか・・・。中国人の間では、“老人がコロコロする物”という認識だそうですが、パンダ柄とかもあってなかなかカワイイですよ!
豫園商城には、雑貨屋の数にひけをとらないほどの中国茶屋があります。どこのお店も無料で試飲ができますし、日本語ができる店員さんがいるお店もあるので、「中国茶がほしい!」という日本から来た友達を連れて、店員さんとおしゃべりを楽しみつつ、おなかがガポガポになるまで試飲をさせてもらうのがいつものパターンです(笑)
豫園商城だけでも随分な数の商店がありますが、豫園の南の方にある「上海老街」はもっとリーズナブルな商店が並んでいるので、こちらでのお買い物もオススメ。豫園エリアの小さい商店は値段交渉が可能なので、みなさん、頑張って値切ってくださいね!

*** このツアーは、こんな方にオススメ! ***
たとえば・・・
・限られた滞在日数の中で、時間を有効に使って観光したい!
・バスや地下鉄に乗ってみたいが、乗り方がよくわからなくて不安。
・効率よく観光スポットを巡りたいけど、ガイドを付けると高そうだなぁ。
・大勢のツアーのような集団行動が苦手。
・3ヶ所の観光スポットの時間配分を自分で決めたい。
・疲れたらタクシー乗ってもいいの?
・ガイドさんに上海のあれやこれや裏話を聞きたい。
こんな希望や不安を抱える上海ビギナーさんに、特にオススメしたいこのツアー。南京東路・外灘・豫園には数え切れないほど行った事のある私でも普通に楽しめちゃったので、太鼓判おしておきまーす。
それから、日本からお友達が来てくれたけど、仕事や授業があって観光案内する時間が無いという駐在員や留学生の方が、このツアーを利用するのも賢い選択かと思われます。私も次回お願いしようかな。それではまた!再見!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2007-10-23

ページTOPへ