【閉店】凌瀧閣

リンロングー凌瀧阁

閉店・移転、情報の修正などの報告

上海駐在の日本人が最も多く住む古北地区で、一年中いつでもおいしいカニ料理を食べよう!

こんにちは、上海ナビです。おいしいカニを一年中食べたい!そんな願いを叶えてくれるのが今日ご紹介する「凌瀧閣」です。1年中上海蟹を食べられるレストランはありますが、やはり季節外れのカニは正直なところ今ひとつ。そんな不満を解消するために、なんとはるばるオランダから上海蟹を逆輸入してしまったというのがこちらのお店です。清の時代、上海のカニが船に紛れ込んでヨーロッパまで行き、そこで繁殖したものを逆輸入しているのだそう。オランダ上海蟹の旬は5月からで、若干料金は高くなりますが上海の上海蟹よりやや大ぶりで、こちらの方がおいしいという人もいるんですよ。
お店があるのは、「古北地区」と呼ばれる日本人駐在員が多く住むエリア。近くには大手外資系スーパーマーケットの「カルフール(家楽福)」があります。日本の食材も取り扱っているので、週末ともなると多くの日本人を見かけることができます。
お店のある延安西路は上海の大動脈とも言える大通り。上には高架も走り、西は虹橋空港に繋がっています。

お店のある延安西路は上海の大動脈とも言える大通り。上には高架も走り、西は虹橋空港に繋がっています。

こちらが「凌瀧閣」。まわりは一戸建てばかりなのでこの建物はかなり目立ちます。

こちらが「凌瀧閣」。まわりは一戸建てばかりなのでこの建物はかなり目立ちます。

入口はこんな感じ。

入口はこんな感じ。

駐車場の案内役の男の子と、受付の女の子が笑顔で出迎えてくれます。

駐車場の案内役の男の子と、受付の女の子が笑顔で出迎えてくれます。

各フロア行きの専用エレベーターが並んでいます。一番左がお目当てのレストラン行き。間違えないように!真ん中のエレベーターに乗るとペットショップに行ってしまいます。

各フロア行きの専用エレベーターが並んでいます。一番左がお目当てのレストラン行き。間違えないように!真ん中のエレベーターに乗るとペットショップに行ってしまいます。

〜大小さまざまの個室をご紹介!〜

店内には24の個室があります。というより個室しかありません。といっても2〜3人用の個室から4人用、5〜6人用、10人以上の大きな部屋まで、いろいろな用途に合わせて用意されているのでご心配なく。
装飾は明、清時代の建築仕様を基調としたクラシカルな雰囲気。素敵な照明の柔らかい光が室内を照らしています。特に少人数の個室はこじんまりとしていて本当に落ち着けますよ。
こちらが一番大きいお部屋。18人くらいまでとのことでしたが、20人は入るのでは。窓もあるので外の光が射し込み、昼間は明るく開放的です。このお部屋、なんと麻雀部屋とカラオケも付いているんです。
大きな個室をつなげると、さらに大人数用の部屋が完成。宴会や結婚披露宴などで利用する人もいるとか。
個室と個室の間はこんな感じ。店内の至る所に北京の紫禁城で見かけるような石像が飾られていました。

〜気になるお料理をご紹介!〜

ちょっとその前に、メニューの中におもしろい日本語を発見!
太白酔雞

「とても無駄に鶏が酔います。」
他のメニューの日本語はほぼ完璧だっただけにかなりウケました。

さて、お料理を紹介します。まずは名物の上海蟹料理。カニ肉は既製品ではなく、ひとつひとつ手作業で取り出しているので歯ごたえが違う!

蟹粉坦々麺(68元)
胡麻風味のピリ辛担々麺にた〜っぷりのカニ味噌と肉が!至極の一品です。こちらのお店でも大人気のお料理だそう。

凌瀧閣特色蟹
紹興酒に漬けられた上海蟹。ナビも大好物!

蟹柳芦笋
カニ肉とアスパラの炒め物。上海蟹料理の定番です。

如意蟹柳巻
カニ入り卵焼き。何とも豪勢な一品です。
カニ料理以外も一流の味。ちょっぴりですが、ご紹介します。

酸辣黄瓜皮
胡瓜の皮だけの漬け物。胡瓜の皮だけ?なんて思わないでちょっと食べてみてください。

マンゴープリン(芒果布丁)
お魚の形をしているのは、中国語の「魚」と「余」の発音が同じなので「余裕のある」ことへの願掛けになっているんです。
料理は288元からのコースでのオーダーが便利。上記のメニューをコースに組み込んでもらうこともできるそうなので、店員さんに聞いてみて下さい。単品オーダーの場合は一人300〜400元くらいで楽しめます。それからもうひとつ、ぜひ試していただきたいことがあります。それは清蒸大閘蟹(蒸したカ上海蟹)を注文して、スタッフに殻むきをお願いすると、殻から身を見事にキレイに剥いてくれるのです。この作業はどのスタッフも出来るそうなのでぜひ頼んでみてください。自分で剥きながら食べるのが面倒臭い人にはオススメです。
いかがでしたか?店内では日本語の上手な裴麗霞さん(写真左)とちょっとだけ話せる胡艶潔さん(写真右)が出迎えてくれます。今回ご紹介した料理以外にも、試してみたいものや分からないことがあったら、気軽に相談してみて下さい。予約ももちろん日本語でOKとのことなのでご安心を。以上、上海ナビがお伝えしました。

記事登録日:2009-05-14

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-05-14

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供