宏豪 浦江一号

ホンハオ・プージャンイーハオ

閉店・移転、情報の修正などの報告

眺めの良さは星3つ!お料理のうまさも星3つ!一度は絶対訪れたい、黄浦江のほとりのレストラン。

こんにちは、上海ナビです。
黄浦江のほとりに建ち、夜は外灘の夜景が一望でき、陸家嘴へは徒歩圏内という最高の立地にあるレストランがあるときいてやってきました。そのお店「宏豪」は、もともと灯台だった建物をレストランに改装して2009年12月にオープンしたそう。お料理は広東料理、上海料理、四川料理が中心。野菜はTony’s Farmの有機野菜、肉も魚も吟味された最高の物ばかりだそう。賞を受賞するほどの腕前をもった料理人が腕をふるうお料理に日本人デザイナーによる内装…。こんな風に書くと、とっても高級なレストランを想像しますよね? 確かに、お一人様700元〜と言うのが普通の高級レストランなんですが、そこはナビ!お手軽価格でおいしいものを食べてきましたよ!100元もあれば十分満足出来るはず!じっくりご覧ください。
お店があるのは濱江大道。浦東南路から2本奥まった黄浦江沿いの道です。「大道」というわりにはとっても慎ましい感じの通りです。
2010年3月現在、北側が工事中のためこの先通行止め。現在はほとんど駐車場と化しています。 2010年3月現在、北側が工事中のためこの先通行止め。現在はほとんど駐車場と化しています。

2010年3月現在、北側が工事中のためこの先通行止め。現在はほとんど駐車場と化しています。

濱江大道をゆくとこんな小道が!抜けると、東昌濱江緑地の遊歩道に出ます。ここからの眺めが値千金。夕暮れ時が特にオススメです。

駅からの道を詳しく

こちらの場所は大通りから少し離れていて分かりづらいのでちょっと詳しくご説明します。最寄りの駅は9号線「商城路」。こちらは2010年2月に開通した路線です。場所は浦東南路と商城路の交差点。
4番出口を出て正面の商城路を西へ向かいます。真っ直ぐ進むと、左にガソリンスタンド、右にMOTEL168が見えてきます。
さらに直進します。

さらに直進します。

2010年3月現在、商城路の濱江大道にはいる手前が舗装工事中です。通ることは出来るようです。

2010年3月現在、商城路の濱江大道にはいる手前が舗装工事中です。通ることは出来るようです。

商城路の突き当たりが濱江大道(看板では濱江道)です。

商城路の突き当たりが濱江大道(看板では濱江道)です。

濱江大道に建つ看板。矢印に従って進みましょう。

濱江大道に建つ看板。矢印に従って進みましょう。

濱江大道からだと、お店が見通せません。この赤白の灯台を目印に、入り口を探してください。 濱江大道からだと、お店が見通せません。この赤白の灯台を目印に、入り口を探してください。 濱江大道からだと、お店が見通せません。この赤白の灯台を目印に、入り口を探してください。

濱江大道からだと、お店が見通せません。この赤白の灯台を目印に、入り口を探してください。

豪華な内装、最高の景色が楽しめる個室

内装はきわめて豪華です。
こちらが最高の景色が楽しめる2階角の個室です。
収容人数は8〜12人。ガラスの向こうに黄浦江の流れと外灘の景色が広がります。

収容人数は8〜12人。ガラスの向こうに黄浦江の流れと外灘の景色が広がります。

その他、少人数用の個室もあります。
注意:個室の利用は最低消費額6000元〜になります。 注意:個室の利用は最低消費額6000元〜になります。

注意:個室の利用は最低消費額6000元〜になります。

天気の良い日はテラス席もお勧めです。

高級料理をリーズナブルに楽しむ方法

ナビ流の高級店の楽しみ方をご紹介しましょう。平均消費額は700元ですが、ナビは150元で楽しんでしまおうと思います。
開水白菜(38元/人) 
白菜のスープ煮。くたくたになるまで煮込まれた白菜。さっぱりとした鶏のスープがよくしみこんでいます。
菜芯炒蝦球(128元) 
ぷりっとしたエビが甘くておいしい。このエビ料理が日本人に一番人気かもしれません。塩味ベースで味付けはシンプル。小さく切られたセロリがさわやかな風味を加えてくれます。
橄欖油焼深海銀雪魚(58元) 
銀だらのソテー。脂ののった銀だらを表面はカリッと、中はほっくりと仕上げています。表面にはたっぷりとにんにくがのっていました。食後のにおいなんて気にしないで!中国ではよく、にんにくを食べなかった人が悪いのだ、と言います。
荊楚大白菜(22元) 
湖北風白菜の炒め物。ピリ辛で、ご飯がすすみます。ランチならば、これと白いご飯だけでも大満足かもしれません。唐辛子が入っていましたが、ナビは余り気にせず一緒に食べてしまいました。辛いですが、香ばしさが白菜の甘さと相まって、箸が止まらなくなります。
麻婆豆腐(26元) 
おなじみ麻婆豆腐です。日本の物と違ってとても辛くて、山椒がしっかりときいています。これもまたご飯のお供にぴったり。今回は炒飯と一緒に頂きました。これも良く合うんですよね。山椒が粒のまま入っているのでうっかりガリッと噛まないように。舌がしびれてしまいますよ!
揚州香米炒飯(12元)牛扒炒飯(16元)
オーソドックスな炒飯2品。香米はタイ米のような長いタイプのお米です。パラパラに仕上げられた炒飯は、前述の麻婆豆腐や白菜の炒め物にぴったり。揚州香米炒飯は、日本の五目炒飯をイメージしてください。
点心も充実しています。ちょっとずついろいろ食べられるのがうれしいですよね。
川式鐘水餃(8元) 
ピリ辛のタレがかかった水餃子。たっぷりとにんにくが添えられています。これがたまらないんですよ〜。中国では餃子の中ではなくにんにくは後から付けるのが主流です。
瑶柱千絲萝卜酥(8元) 
大根の千切りが入ったパイです。揚げたてさっくさく。熱々なので気をつけてくださいね。
飄香榴蓮酥(8元) 
榴蓮は果物の王様ドリアン。クセがある食べ物ですが、本物をそのまま食べるよりはクセが少ないかも。ナビもドリアンは苦手なんですが、パイになったドリアンはけっこう好きだったりします。
果皇雪眉娘(10元) 
大福の中身が季節の果物と生クリームになった感じです。おなかいっぱいでも一口で食べられるし、想像より軽いのでぜひ頼んでみてください。生クリームだけではなく、中に季節の果物(3月はマンゴーでした)が入っているので、案外さっぱり頂けますよ。
いかがですか?ここまで合わせて、2人がおなかいっぱいになって300元でおつりが来ます。でも、それだけだと、せっかく上海に来たのだから、高級な食材を使った贅沢な中華も食べたいですよね。そんな方にはこんなメニューがオススメ。

高級料理もいっぱい

土焼野生大黄魚(980元〜) 
天然物の黄魚。黄魚は脂がのっていてとってもおいしいそう。
宏豪中華草亀(688元〜) 
草亀は漢方薬にもなっている食材でいろいろな効果があるそうですが、中でもガンに効くとも言われています。また、滋養があるので病気の後の健康回復のためにも良いそうです。
燕麦煮関東遼参(268元)宏豪特色遼参(168元〜)
ナマコのお料理2品です。宏豪特色遼参がお店の人のオススメでした。
麦包靚鮮鮑(388元)
鮑の饅頭とメニューにありました。こちらもお店の方のオススメです。
いかがでしたか?こちらのお店は、毎日ではありませんが日本人のスタッフもいるので、言葉の心配な方は事前に連絡を入れておけば、対応してくださるそうです。また、今後はレストランウェディングにも力を入れていきたいとのこと。ご予定がある方は、ぜひご相談くださいとのこと。夜景のきれいなこんなレストランでパーティーなんて出来たら間違いなく一生の思い出になることでしょうね。
以上、上海ナビがお伝えしました。


記事登録日:2010-03-24

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:元

イチオシ

開水白菜

白菜の煮物

开水白菜

38元

イチオシ

菜芯炒蝦球

菜芯炒虾球

128元

イチオシ

橄欖油焼深海銀雪魚

橄榄油烧深海银雪鱼

58元

イチオシ

荊楚大白菜

荊楚大白菜

22元

イチオシ

麻婆豆腐

麻婆豆腐

26元

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-05-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供