虹景公寓酒店 ジャイアントビュー・ホテル・アンド・レジデンス

Giant View Hotel & Residence虹景公寓酒店

閉店・移転、情報の修正などの報告

欧米人や日本人ビジネス利用客に人気、徐家匯エリアを中心に動くならオススメのレジデンスホテル。

こんにちは、上海ナビです。
今回は2004年にオープンしたレジデンスホテル 「虹景公寓酒店(ジャイアントビュー ホテル アンド レジデンス)」 をご紹介します。
地下鉄1号線 「徐家匯」 から北に徒歩約15分と歩くにはやや距離を感じますが、タクシーさえあればかなり強力。北は静安寺、南は徐家匯、東は人民広場方向から西は虹橋地区まで主要エリアへのアクセスも悪くなく、ビジネス客にも人気のホテルなんです。
また、各客室に簡易キッチン設備があるのも特徴で、一般ホテルと本格的サービスアパートメントの中間的な位置付けのホテルと言えそうですね。
華山路から少し横道に入った場所に建つホテルは、向かいの華山緑地や住宅地に囲まれて閑静な雰囲気です。華山路を北に走ると地下鉄2号線 「江蘇路」、南に走ると地下鉄1号線 「徐家匯」 に到着。道路が混雑しなければ約5~10分ほどの距離なんです。

~ホテル フロア別案内~

4~7階 客室
3階 客室、小会議室
2階 客室
1階 フロント、ロビー、ビジネスセンター、レストラン「虹苑餐庁」、カフェバー「ARCHIE’S PUB」、マッサージ、会議室、客室

~ホテルロビー周辺~
気持ち“洋館スタイル”な雰囲気も、優秀歴史建築物の多い華山路界隈に馴染む佇まい。 ホテルロビーも豪華さはありませんがキリッと清潔でとても気持ちいいです。
欧米人利用客の姿も多く、英語はまず問題なさそう。日本語はほんの少し出来る従業員が平日17:00までなら居るそうなんですが…。やはり英語で、になりそうですね。

■ 客室紹介

ホテル内には、スタンダードルーム/クイーンサイズルーム/エグゼクティブルーム/スイートルームと4カテゴリーの客室が合計130部屋用意されています。今回はこのうち4部屋にお邪魔してきました。

各階のエレベーターを降りるたびに紹介して頂いたのが、これらアンティークウッドの調度品。アンティーク好きなオーナーの収集したものが、ホテル内のさまざまな場所に飾られています。
2階エレベーター前

2階エレベーター前

3階

3階

4階

4階


1407号室/スタンダードルーム(ダブル) (約35㎡)
こちらはホテル内で最もリーズナブルな宿泊料金のお部屋ですが、一般的なスタンダードクラスの客室に比べると広く感じますよ。
室内のインテリアはとってもシンプル。好みを選ばないモダンデザイン家具でまとめられ、シンプルながら写真で見る以上に快適な雰囲気が漂います。
ベッド周りだけを取ると、どことなくシノワな香りがしませんか?家具類などは割と新しいんですが、不思議とほのかなアンティーク気分を感じるお部屋です。
窓の外に、まるで清代のような屋根瓦が!何かと思えば、裏手にあるのはかの名門「復旦大学」の附属中学だったんです。昼間は校庭からの生徒の声が聞こえてきますが、緑地と学校に挟まれたこのホテル、夜はかなり閑静なステイが期待できます。
室内空調はこのスタンド式エアコンで。クローゼット内にはハンガーのみ用意され、セーフティーボックスは設置されていません。貴重品はフロントへ!
ベッドスペースからパーテーションを隔ててダイニング&キッチンスペースになっています。
キッチンにはコンロが無いので本格的なお料理はできませんが、電子レンジやトースターは付いています。食器類が必要な場合は、ハウスキーピングで無料レンタルできるそう。
バスルームはシャワーブース式になっています。シャワーは固定式と可動式が併設されているので使い勝手が良さそうですね。わりとそっけない空間ですが、清潔に保たれていますよ。

1210号室/<スタンダードルーム(ツイン)約35㎡>
なお、スタンダードルームのツインタイプは写真の通り。ベッドがシングルサイズに変わったこと以外、室内設備とデザインは同じです。

1317号室/エグゼクティブルーム(ダブル)(約35㎡)
こちらは先ほどと少し室内の配置が違いますね。ベッドからデスクまでかなりゆったりしています。
こちらが室内全体をベッドから入り口側まで眺めたものです。パーテーションのないワンルームタイプですが、快適に過ごせそうな雰囲気を持ったお部屋です。
こちらはダイニングテーブルが2人掛けになりましたが、その他のキッチン備品は先に見てきたお部屋と同じです。
バス設備も基本的に全室共通。ただ、このお部屋は先ほどのスタンダードルームより広めのバスルームになりました。ベッドサイドに入り口ドアがあります。
また、広くなったバスルーム内のドア裏手には写真のようなシェルフが用意されています。もしちょっと長期滞在するなら、このシェルフが役立つ時がくるかも。

1301号室/スイートルーム(約80㎡)
いきなりキッチンからのご紹介ですが…。スイートルームは、入り口を入ってから奥に向かって “キッチン→リビング→ベッドルーム” と続きます。
なお、キッチン設備はお部屋が大きくなってもサイズが変わりません。
キッチンの横を抜けると広がるのがこのリビングルームです。ウッドカラー×ホワイトと爽やかなインテリアは、日中の陽射しでよりリラックス感がUPしますよ。
ダイニングテーブルの他、テレビに向かってソファーとローテーブルも。これで、室内にいる時間もかなりリラックスできそうですね。
スイートルーム内には、食器セットも用意されています。
ベッドルームはこちら。ベッドサイドにランプが無いので、ほんの少し寂しい雰囲気ですが、全体的に一般家庭内の個室みたいな気分です。
テレビ、ドレッサー、そして収納力の高まったワイドなクローゼットが用意されています。
バスルーム内の設備は、スイートルームも他の客室と同じ仕様になっています。

【客室共通備品】
各部屋、TV/電話/冷蔵庫/無料ミネラルウォーター/ティーセット/ポット/スリッパ/インターネット設備が完備されているほか、キッチンに電子レンジとトースターが用意されています。
※備え付けの飲料はミネラルウォーターのみ。
※食器類(皿、ナイフ、フォークなど)はルームサービスで無料貸し出し。
※変圧器はルームサービスで無料貸し出し。
【浴室共通備品】
石鹸/歯ブラシ/シャンプー/シャワージェル/コーム/シャワーキャップなどが用意されています。 ※ドライヤーはルームサービスで無料貸し出し。

■ ホテル内付帯施設

◎ カフェバー「ARCHIE S PUB」 (1階)
営業時間 9:00~深夜2:00
ホテル正面玄関の左手に広がるカフェレストラン&バーです。ホテルのロビー前からも直接店内へ入れるようになっています。

◎ レストラン「虹苑餐庁」 (1階)
営業時間 11:30~13:30、17:30~20:30
中華料理や洋食ミックスのビュッフェが楽しめるレストラン。他に、軽食やビジネスランチ、カフェメニューも利用でき、幅広いシーンで利用できます。

◎ ビジネスセンター (1階)  
営業時間 8:30~17:00 
コピー、ファックス、インターネットがこちらで利用できます。インターネット使用料は20元/1時間。

◎ 会議室 (1,3階)
ホテル内にはマルチファンクションルーム、小会議室があります。3階にある小会議室はテラスに面し、周囲の閑静な雰囲気も楽しめます。 トイレはとってもおもしろいデザインで一見の価値有り!

■ 周辺情報

◎ スーパー、コンビニエンスストア
ホテルから華山路へ出て右折し徐家匯方向にしばらく歩くと、左手にスーパー「農工商」やコンビニ「可的」があります(華山路×泰安路の近く)。道路を渡る面倒はありますが、ホテルからは5分以内の場所にあります。

◎ 流行線  
華山路を徐家匯まで歩いていくと、港匯広場の少し手前右手に「流行線/風尚百貨」があります。1、2階で約200店舗の服飾品類がリーズナブルなお値段で手に入る注目のお店なんです。10:00~21:00(金~日は22:00)まで営業していますよ。
住所: 華山路2092弄15~20号

◎ 徐家匯周辺  
再開発が進み、大型ビルが立ち並ぶ徐家匯。高級ショッピングビルの「港匯広場」や「太平洋百貨」をはじめ、電脳ショッピングビルのメトロシティなどショッピングスポットが集中し、多くの買い物客で賑わう場所になっています。レストランやマッサージショップなども多いエリアです。

記事登録日:2007-12-31

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-12-31

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供