達華賓館

ダーホァ ホテルDA HUA HOTEL达华宾馆

閉店・移転、情報の修正などの報告

地下鉄2号線 「江蘇路」 駅から徒歩圏内!延安西路高架道インターにも近い3つ星ビジネスホテル。

こんにちは、上海ナビです。
今日は地下鉄2号線 「江蘇路」 から南へ徒歩約15分、上海中心部を東西に走る 「延安高架 (高速道路)」 沿いに建つ3つ星ビジネスホテル 「達華賓館(ダーホァ ホテル)」 をご紹介します。

ホテルがあるのはこの 「延安高架」 と、「江蘇路」 との交差点そば。高架道インターにかなり近いので、タクシーを利用すれば東の外灘側へも西の虹橋側へも渋滞時以外はスムーズにアクセスできそう。また、最寄りの地下鉄2号線 「江蘇路」 駅までも徒歩圏内で、地味な立地ながらも移動の足を考えるとそう悪くない場所にあるんですよ。
では、さっそくホテルにお邪魔してみましょう。
~実は政府お墨付きの優秀歴史建築なんです~
実はこちらのホテルは、アール デコの時代に前衛的な作品で知られたチェコスロバキア出身のL.ヒューデックという建築家によって設計されました (1937年竣工)。以前はフベルトゥス コートと呼ばれた高級マンションで、その後ホテルに転用されたという歴史ある建物だということですが、言われてみればそういう面影がある外観?というのがナビの正直な感想です。 

~ホテル フロア別案内~

10階 客室
9階 客室、会議室
5~8階 客室
4階 客室、会議室
3階 客室、レストラン「如意餐廰」 
2階 客室
1階 ロビー、フロント、カフェバー「道庭」
~ロビー、フロント周辺~
ロビーは広くは無いですが、清潔で心地よい印象。歴史ある建物ですが、改装済みなので内観も外観もばっちりキレイで安心しました。フロントには日本語が出来るスタッフが常在しているそうなので、中国語が話せなくても心強いですね。

■ 客室紹介

ホテル内にはスタンダード (シングル、ツイン) /スーペリア (ダブル、ツイン) /デラックスルーム (スイート) と大きく3カテゴリーに分けられた客室が合計92室あります。
デラックスルームはコネクティングドアでつなげて何パターンかの客室利用ができるんですが、それは後ほどご説明しましょう。
なお、スタンダードルームは高速道路向き、スーペリア及びデラックスルームはすべてホテルの庭向きになっています。

308号室/スーペリアツインルーム (約36㎡)

シングルベッドが2つ用意されたこちらの客室内には、ベッドの足元側にデスク、TV等が配置されたスタンダードな設備になっています。
ベッドの脇にはデラックスルーム側へとつながるコネクティングドアがありますがこの客室をツインルームのみとして使用する場合は開けることができないようになっています。
ベッドサイドには電気やテレビなどを集中管理するリモコンが置いてあります。 ベッドサイドには電気やテレビなどを集中管理するリモコンが置いてあります。

ベッドサイドには電気やテレビなどを集中管理するリモコンが置いてあります。

デスクコーナーとベッドとの距離を見てもわかるとおり、お部屋は広々!
また、入り口ドアを入ってすぐの場所には、全身鏡付きのクローゼットとティーセットコーナーがあります。
こちらのバスルームはバスタブ付き。タイルなどに新しさは感じられませんが、固定式シャワーなど3つ星ホテルのバスルーム設備としては標準的なものが整い、特別不便さを感じることも無いと思います。

706+710号室/<デラックスルーム>(65㎡)

最初に少しご説明します。こちらのホテルのデラックスルームは一般のホテルと違い、隣合った客室同士をコネクティングドアでつなぐことにより3パターンほどの客室組み合わせが可能なんです。

デラックスルームの組み合わせ例
① ベッドルーム(ツイン)+リビングルームでの利用
② ベッドルーム(ダブル)+リビングルームでの利用
③ 2ベッドルーム+リビングルームでの利用
③の場合は、リビングを挟んで両側にベッドルームがある形になります。宿泊料金はデラックスルームの1泊分にスタンダードルームの1泊分を追加したものになるそうです。
(※ご予約の際にはご希望の組み合わせ方もお伝えください。)

では、どんな客室になっているのか見てみましょう。

客室内の雰囲気としては、先にご紹介したツインルームに比べてベッド周りのファブリックが少し違うくらいの差。室内設備はほぼ同じです。
バスルーム内の設備はツインルームと同じになっています。
さて、テレビの脇に見えるコネクティングドアから、お隣にあるリビングルームを覗いてみましょう。
お隣に広がるリビングルーム内には、TVとクラシック感漂うソファーセットがゆったりと配置されています。ティーセットも用意され、リビング装備はバッチリですね。
リビングルーム側にもトイレが用意されています。
窓から見える景色はこんな感じです。

【客室共通備品】
各部屋、TV/電話/冷蔵庫/セーフティーボックス/ティーセット/スリッパ/インターネット設備が準備されています。 ※アイロンはハウスキーパーから無料で借りられます。
【浴室共通備品】
ドライヤー/石鹸/シャンプー/バスフォーム/歯ブラシ/コーム/シャワーキャップ/タオルが用意されています。
※シャンプー&リンス&シャワージェルが1つになったボトルが壁に設置されています。

■ ホテル内付帯施設

◎ カフェバー「道庭」 (1階)  
営業時間 7:00~深夜0:00

◎ビジネスセンター (1階)  
営業時間 8:30~21:00
FAX、コピー、インターネットなどが使用できます。

◎ 中華料理レストラン「如意餐庁」 (3階)
営業時間 7:00~9:30、11:00~14:00、17:00~21:00
こちらでは朝食をいただくこともできます。また個室も4部屋用意されています。

◎ 会議室 (4、9階)
4階の会議室の収容人数は10人、9階の会議室は30人です。

■ 周辺情報

◎ コンビニエンスストア「良友金伴」  
ホテル玄関を出て左に進み、横断歩道を渡ったところにコンビニがあります。徒歩約1分。
◎ 火鍋レストラン「小肥羊」  
ホテルの向かい側に、おいしいラム肉の火鍋が食べられる「小肥羊」があります。深夜4:00まで営業していますよ。
◎ カフェ「花之林」  
江蘇路の歩道橋付近にある中国系カフェで、カジュアルに中国茶を堪能してみては?

記事登録日:2008-05-08

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-05-08

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供