侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館 (南京)

チンホアリージュンナンジンダートゥーシャーユーナントンバオジーニエングアン侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆

閉店・移転、情報の修正などの報告

日中関係と平和について考えたいなら一度は訪れておきたい場所。千羽鶴や献花コーナーも設置。

photo

2007年に拡張リニューアルオープンした南京大虐殺の記念館。記念碑や遺骨、資料、パネルなどで当時の様子を伝えている。収蔵品の多くは元日本兵から寄贈されたもの。地下が南京大虐殺の資料館で、1階が中国のその他の地方の惨状や慰安婦に関する展示内容になっている。ほかに平和記念公園、日本の各団体から植樹された花壇などがあり、毎年12月13日には記念セレモニーが開催される。入場料は無料。館内の写真撮影は禁止。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 南京大虐殺

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-03-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

列車で行く!南京日帰り観光(日本語ガイド&ランチ付)

列車で行く!南京日帰り観光(日本語ガイド&ランチ付)

高速鉄道が出来たことで上海からの日帰り観光が可能になった江蘇省の省都「南京」!多くの史跡や虐殺記念館など中国の歴史を深く知ることが出来るツアー。日本語ガイドがご案内します~。