巴金故居

バージングージュー

閉店・移転、情報の修正などの報告

フランス租界に猫と暮らした作家・巴金の記念館。1923年竣工の老房子を見学してみよう。

photo

2005年に死去した中国を代表する作家・翻訳家、巴金の故居。1923年に竣工したフランス租界エリアの邸宅が記念館として開放されている。応接間、寝室、仕事場などのほか、家電や車椅子もそのまま残されていて生活感を感じることができる。書架には日本やロシアの本が並び、棚には日本人形も。また、敷地内では巴金が飼っていたものとそっくりの雑種猫が飼われていて、来館者に愛嬌をふりまいている。入場料は無料(2013年6月現在)。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 巴金 武康路

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-05-31

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供