閉店・移転、情報の修正などの報告

明代に造られた文化財庭園。ユニークな塑像が並ぶ道教寺院もあわせてお参りしよう。

photo

上海市の北郊外・嘉定区に位置する庭園。「豫園」などとともに上海五大庭園に数えられている。創建されたのは明代(1500年代初期)。三世帯が入る私邸として造られた庭園と楼閣のほかに道教寺院「城隍廟」があり、お参りに訪れる地元の人も多い。池や竹林、東屋などを配した独特な造園美が特徴で、明代の庭園としては傑作だという評価も。桃、ハス、菊など季節の花を観賞しながらのんびり散策したい。入場料は10元。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 嘉定区 道教寺院

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-10-03

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供