三山会館

サンシャンフイグアン三山会馆

閉店・移転、情報の修正などの報告

南浦大橋のたもとに残る清代の歴史建築物。上海の近代史を紹介する陳列館とともに見学を。

photo

南浦大橋エリアに位置する歴史建造物。1909年に福建省の商人が建てた会館(同郷、同業者が集まる施設)で、媽祖(海の神様)を祀る大殿などが残っている。戦時中には上海工人第三次武装起義の場として使われ、1949年以降は校舎として使われていた。2010年に竣工した併設の陳列館には清代から現代までの上海を紹介する写真パネルやジオラマ、文物が展示されており、無料で見学することができる。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-05-01

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供