上海ハッピーバレー

歓楽谷欢乐谷

閉店・移転、情報の修正などの報告

絶叫マシンの嵐! 水郷チックな街並も必見! スリル好き絶対満足の中国最大級遊園地“上海ハッピーバレー”!!

こんにちは、上海ナビです。
「佘山」といえば、上海西郊外の別荘地。リゾート型の高級ホテルやゴルフクラブなどが散在する、緑美しいエリアです。そこになんと!中国最大規模の遊園地「上海ハッピーバレー(歓楽谷)」があるのです! 深圳、北京、成都に続いてオープンした「上海ハッピーバレー」は、40億元をかけて作られた、敷地面積90万㎡を誇る一大テーマパーク。上海の“絶叫マシン好き”を連日恐怖の渦に巻き込んでいるとか! ナビも今回初めて行ってきました!
上海ハッピーバレーには、地下鉄9号線で向かいましょう。「佘山」駅を降りて一つしかない出口を出ると、ハッピーバレー行きの無料送迎バスが出ています。10分ほどでハッピーバレーの駐車場に到着。帰りもここから「佘山」駅まで送ってくれますよ。
専用バスがあるのでアクセスもラクラク。 専用バスがあるのでアクセスもラクラク。

専用バスがあるのでアクセスもラクラク。

入口に着いたら、正面左手の切符売り場でチケットを購入しましょう。身長140㎝以上の方は200元のチケットを買えばアトラクション乗り放題です。120~140㎝の子どもは1枚100元、120㎝以下の子どもは無料です。ちなみに一年パス428元、生涯パス1288元なんてチケットもあります!

絶叫マシン大充実の危険度No.1テーマパーク

上海ハッピーバレー内は7つのパークに分かれていて、それぞれ「サンシャインハーバー(陽光港)」、「ハッピータイム(歓楽時光)」、「上海ビーチ(上海灘)」、「シャングリラ(香格里拉)」、「アント・キングダム(蚂蚁王国)」、そして「ゴールドマイン・タウン(金鉱镇)」と名付けられています。正面玄関を入って右回りに進むと、7つ全部ぐるっとまわれる順番になっています。
エントランス付近のショップやレストランが立ち並ぶ「サンシャインハーバー(陽光港)」を抜けて「ハッピータイム(歓楽時光)」に出ると、早速現れたこの長~いジェットコースター。これこそ上海ハッピーバレーが誇る、全長1200mの全木造ジェットコースター「ウドゥン・コースター・ファイヤーボール(谷木遊龍)」です! 組み木も乗り物部分も全部、アメリカ南部から運んできたという松の木でできていて、走行中は計10回も無重力状態に陥ります・・・。木造だからか、恐怖二割増し!
すべてが木造の大型コースター! すべてが木造の大型コースター!

すべてが木造の大型コースター!

そしてもうひとつの大注目アトラクションは、おとなり「上海ビーチ(上海灘)」にある「ダイビングコースター(絶頂雄風)」です! 別名“ジェットコースター王”と言われるこのアトラクション、乗り物部分に横や足元を囲む枠がない。そしてなんと地上60mの高さから、垂直90℃で真下に急降下するんです! しかも落ちる前、最高度の位置で数秒止まる!! フィニッシュには吹きあがる水をバシャーッとかぶるおまけつき。「上海ビーチ」の命名に納得です・・・。
目玉絶叫マシン。日本の遊園地でも味わえない恐怖をどうぞ。 目玉絶叫マシン。日本の遊園地でも味わえない恐怖をどうぞ。

目玉絶叫マシン。日本の遊園地でも味わえない恐怖をどうぞ。

「上海ビーチ」にはもうひとつ、「ジャイロスウィング(大摆锤)」という恐怖マシーンが。“ヴァイキングの進化系”という説明の通り、時速110㎞で前後にぶんぶん振られます! 最高度は高層ビル15階に匹敵するとか。これも乗り物部分を囲む枠がなくて、足がすくむとはまさにこのこと!
これでもかというほど振り回されます!

これでもかというほど振り回されます!

他にも、「シャングリラ(香格里拉)」にはチベットで急流下りしている気分になれる「ラピッドリバー(峡谷漂流)」が。みんなレインコートを着込んで挑むんですよ! これは中国ならではのアトラクションかも。ぜひお試しを。
そして「ゴールドマイン・タウン(金鉱镇)」内にある、ディズニーランドの“ビッグサンダーマウンテン”を彷彿とさせる「マイントレイン・コースター(鉱山歴険)」、ハッピーバレー最高度の高さから佘山を一望できる「フライングアイランド(金銀島)」など、本当によくぞここまで絶叫マシンを集めたなという感じです。

絶叫マシンが苦手な方は水郷散策を

3D映像に加えて椅子も動く4D映画。かなりの迫力。

3D映像に加えて椅子も動く4D映画。かなりの迫力。

さてさて、ここからが上海ハッピーバレーの真骨頂。「上海ビーチ(上海灘)」にはオールド上海時代の実在劇場を模した4Dデジタルシアター「4D影院」があったり、ショップも付近の水郷建築になっていたりと、上海らしさがキラリと光る街並になっています。絶叫マシンを背景に水郷下りを楽しむなんて、なかなかオツなものだと思いませんか?
テーマパーク内でのどかな水郷風景が楽しめるのは上海の遊園地ならではです。

テーマパーク内でのどかな水郷風景が楽しめるのは上海の遊園地ならではです。

アリの世界に迷い込めるアトラクション。

アリの世界に迷い込めるアトラクション。

絶叫マシンを中心にご紹介してきた上海ハッピーバレーは、どちらかというと大人向けのテーマパークかも。でも、子ども向けアトラクションに特化した「アント・キングダム(蚂蚁王国)」があるので、子ども連れのファミリーも十分楽しめます。食事も、ファーストフードを中心に各エリア展開しているので、小腹がすいても大丈夫!
園内には定番ファストフード店があるので、食事や休憩にも困りません。

園内には定番ファストフード店があるので、食事や休憩にも困りません。


いかがでしたか? 他にもパーク内では、中国らしいパレードや催し物が開催されていたり、中国の祝日には夜も開放されたりと、上海らしさを満喫できるんです。水郷を眺めながら絶叫マシンに興奮できる、二度おいしい遊園地なんですよ。
以上、上海ナビがお伝えしました。


記事登録日:2011-03-08

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-02-22

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供