スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


迪士尼小鎮(ディズニータウン)

DISNEYTOWN迪士尼小镇

閉店・移転、情報の修正などの報告

上海限定ディズニーグッズを扱うショップや飲食店多数。『ライオン・キング』のミュージカルシアターもある散策スポット。

こんにちは、上海ナビです。
オープン以来連日話題になっている「上海ディズニーランド」。でも、入場には事前予約が必要(2016年現在)だということを現地で知った方や、ディズニーランドで一日過ごすほど時間がないというタイトなスケジュールで上海に来た方も多いと思います。今日ご紹介するのは、そんな皆さんにお勧めのスポット。東京ディズニーランドでいう、「イクスピアリ」の部分に当たる「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」です。どんなエリアなのか、早速出かけてみましょう。

「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」に行こう!

「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」は、「上海ディズニーランド」の入り口ゲートに西側にあります。最寄り駅は地下鉄11号線「迪士尼」駅。駅からの行き方はこんな感じです。
①「迪士尼」駅4号出口を出て、

①「迪士尼」駅4号出口を出て、

②案内板どおり左手へ進みます

②案内板どおり左手へ進みます

③流れに乗ってそのまま進み、

③流れに乗ってそのまま進み、

④右手にディズニーランド入り口ゲートを通り過ぎます

④右手にディズニーランド入り口ゲートを通り過ぎます

⑤この噴水も右手に通り過ぎると、

⑤この噴水も右手に通り過ぎると、

⑥正面に入り口があります

⑥正面に入り口があります

地下鉄ではなく空港などから出ているシャトルバスを利用する方、地下鉄ではなくタクシーで行きたい方は、以下の記事をご覧下さい。

「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」を歩こう!

敷地内に掲示されているマップ

敷地内に掲示されているマップ

それでは、エリア内を歩いてみましょう。敷地はささっと歩いて30分ほどの広さ。その名のとおりレトロな商店街、小さな街といった雰囲気のエリアです。順路などは特にないので気ままに歩きましょう。トイレもたくさん設置されているので安心。目的別に見どころをまとめてみました。
※店舗、風景は2016年6月現在のものです。まだオープンしていない店舗、エリアもあります。商品、店内のディスプレイなどは定期的に変わります。
オールド上海の雰囲気とディズニーの世界が融合したような街並です オールド上海の雰囲気とディズニーの世界が融合したような街並です

オールド上海の雰囲気とディズニーの世界が融合したような街並です


『ライオン・キング』鑑賞目的の方はこちらへ

『ライオン・キング』鑑賞目的の方はこちらへ

<見学施設のお勧め>
「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」のメイン施設は、ミュージカル『ライオン・キング』が上演中のシアター「華特迪士尼大劇院」。当日チケットは2016年現在販売されていません。予約法は冒頭にリンクした交通アクセスとチケットに関する記事をご覧下さい。また、シアター前の広場では弾き語りなどのパフォーマンスが行なわれていることも。
※『ライオン・キング』の公演は2017年10月7日までとなります。チケットが取りにくくなっていますのでご注意ください(2017年9月追記)
ギャラリーもあります

ギャラリーもあります

「華特迪士尼大劇院」に隣接するレンガ造りの建物「ACME」は、ディズニーアートの専門ギャラリー。見学自由ですが館内の撮影は不可でした。上海ディズニーランドやキャラクターをモチーフにした素敵なアート作品が展示されています。
奥にパークの出口が

奥にパークの出口が

「華特迪士尼大劇院」を通り過ぎた右奥には「上海ディズニーランド」の出口ゲートが。遊んだ帰りにここで食事やショッピングができるシステムになっています。

<ショッピングのお勧め>
まずはショップから。「上海ディズニーランド」に入らなくとも、上海らしいディズニーグッズが手に入ります。
イチ押しは大型ギフトショップ「WORLD DISNEY(迪士尼世界商店)」。こちらのお店はフロリダ、パリなどにもあるお店で、アジアは上海が初進出だそう。定番ディズニーグッズはもちろん、上海限定グッズも多数。ファッションアイテム、ジュエリーなども揃います。
オールド上海テイストのグッズ

オールド上海テイストのグッズ

ディズニーキャラクターの干支グッズ

ディズニーキャラクターの干支グッズ

スターウォーズグッズも

スターウォーズグッズも

ディズニーランドのお土産といえばお菓子。食べ物やキッチングッズが揃うのは「Spoonful of Sugar(甜蜜満勺)」。かわいい店名ですよね。上海らしいデザインの缶入りお菓子や、中国っぽいレンゲなどのカトラリーも揃います。
店内はこんな感じ

店内はこんな感じ

お菓子土産や、

お菓子土産や、

キッチングッズが揃います

キッチングッズが揃います

現地の子どもたちに大人気なのは、世界最大規模とも言われる「レゴ」の専門店。土日は入場制限が出ているほどです。
レゴ×ディズニー

レゴ×ディズニー

この日も大行列でした

この日も大行列でした

そのほか、上海市内でも人気のショップが店舗を出しています。
セレクトショップ「i.t」

セレクトショップ「i.t」

メンズファッション「A BATHING APE」

メンズファッション「A BATHING APE」

ファッション「SHEL'TTER」

ファッション「SHEL'TTER」

コスメ「innisfree」

コスメ「innisfree」

コスメ「SEPHORA」

コスメ「SEPHORA」

テディベアワークショップ

テディベアワークショップ

ATMはあります

ATMはあります

一角には「中国工商銀行」がありますが、係員曰くこちらでは外貨両替は扱っていないとのこと。「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」内では、外貨両替はできないと覚えておきましょう。

<食事のお勧め>
「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」には市内でも人気の実力派レストランが多数。独断でナビのお勧めをまとめてみました。
市内でも人気の高級上海料理店「上海小南国」

市内でも人気の高級上海料理店「上海小南国」

「せっかく上海に来たんだから上海らしいものを食べたい!」という方には、「上海小南国」と「翡翠夢楽園(CRYSTAL JADE)」がお勧め。どちらも紅焼肉、小籠包などの定番上海料理が揃っているほか、秋〜冬には上海蟹も食べられます。ただしやや高級なので、お財布と相談しながら検討を。もうちょっと予算を下げたい方には「南小館」がお勧め。こちらも上海らしい点心やおかずが揃っています。
広東料理、点心、北京ダックもある「翡翠」

広東料理、点心、北京ダックもある「翡翠」

小皿料理が豊富な「南小館」

小皿料理が豊富な「南小館」

「休憩でちょっとコーヒーやお酒を飲むだけ」「子ども連れなので、お子様メニューや子どもが食べ慣れた料理がある店がいい」という方には、レストランバー「blue frog」、お茶やスイーツメニューが多い飲茶レストラン「新旺茶餐廳」へ。
お酒からキッズメニューまで揃う「blue frog」

お酒からキッズメニューまで揃う「blue frog」

現地の子ども連れに大人気の「新旺茶餐廳」

現地の子ども連れに大人気の「新旺茶餐廳」

ほか、こんなお店があります。日系ラーメン店やタイ料理店、リーズナブルなフードコートも。
お馴染み「一風堂」

お馴染み「一風堂」

シンガポール系ベーカリーとカフェ

シンガポール系ベーカリーとカフェ

東南アジア風バー「KOKIO」

東南アジア風バー「KOKIO」

リーズナブルなフードコートも

リーズナブルなフードコートも

タイ料理「ココナッツパラダイス」

タイ料理「ココナッツパラダイス」

スタバ

スタバ

2017年現在のナビのお勧め店は「ザ・チーズケーキ・ファクトリー」です。(2017年1月追記)

湖畔エリアを歩こう!

「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」の南側には「小鎮湖畔(レイクショア)」というエリアがあります。ナビが訪れた2016年6月現在、まだオープンしていない箇所もありましたが、水辺で食事やお酒も楽しめます。のんびりできる芝生広場も。また、現時点ではまだオープンしていませんが、フロリダのディズニーワールドにしかなかったという「ザ・ボートハウス」もこちらに登場予定。もちろんアジア初進出です。
水辺でのんびりできます。風景、上海じゃないみたい!? 水辺でのんびりできます。風景、上海じゃないみたい!?

水辺でのんびりできます。風景、上海じゃないみたい!?

※「ザ・ボートハウス」がオープンしました(2016年7月追記)。
こんなお店がありました。
オーガニックレストラン「極食」

オーガニックレストラン「極食」

欧米風日本料理「Hatsune」

欧米風日本料理「Hatsune」

チュチュアンナ

チュチュアンナ

クロックス

クロックス

ニューバランス

ニューバランス

芝生広場があります

芝生広場があります

ここだけで半日過ごせる「星願公園」

ここだけで半日過ごせる「星願公園」

このエリアから、巨大湖「星願湖」に沿って造られた自然公園「星願公園」に入ることができます(無料)。上海特有の湿地帯の風景が自然のまま残っていてナビもびっくり。カエルや野鳥の声を聞きながらのんびり散策できます。ただし、一度入ってしまうと引き返すのが大変な広さ。引き返さず東側の出口(地下鉄駅付近)まで行くには徒歩1時間の広さなので注意を。「歩くぞ!」という気力と時間のある方、「この公園でのんびり半日くらい過ごしたい」という方向けの公園です。
水辺の自然を満喫できます 水辺の自然を満喫できます

水辺の自然を満喫できます

「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」の楽しみ方

このエリアのメインはやっぱり「上海ディズニーランド」です。「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」はサブスポットなのですが、ほかの都市のディズニーランド周辺スポットにはない利用法がいっぱい!
パーク内じゃなくても限定グッズが買えます

パーク内じゃなくても限定グッズが買えます

パークに入れなかったときに
冒頭でご紹介したように、「上海ディズニーランド」は日付予約制チケットを事前に購入しなければ入場できません(2016年現在)。また、日本人的に入場券の値段はレートが上がった場合高額になります。「当日券売ってないなんて知らなかった」「TDLより高いお金払ってまで入りたくない」という方はいるはず。そんなときは無料で「上海ディズニーランド気分」を味わえる「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」へ。「行った気分お土産」も買えてしまいます。
散策するだけなら無料

散策するだけなら無料

トランジット(乗り継ぎ)時の時間潰しや帰国日に
浦東国際空港は乗り継ぎ客も多い空港です。空港で10時間待ちなどもよくあるそう。そんなときは、思い立ったらタクシーで約20分のこのエリアへ。旅行の目的地が中国ではない方も、エリア内は英語が通じるので安心です。また、浦東国際空港を利用して日本に帰る方、帰りの便が午後や夕方だという方は、空港に行く途中のついでの立ち寄りがお勧め。何もせずに過ごしがちな旅の最終日がちょこっと有意義になります。

いかがでしたか? 街並をよく観察すると、オールド上海のテイストや上海特有の建築様式、中国らしい飾りなどがあちらこちらに見つかる「迪士尼小鎮(ディズニータウン)」。今回は昼間に訪れたナビですが、夜の風景も絶対素敵だと思います。今後もナビは、新しいお店やお土産探しに、定期的に訪れたいと思ってます♪
以上、上海ナビがお伝えしました。

記事登録日:2016-07-14

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-07-14

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供