蘇浙匯 黄浦店

JADE GARDEN苏浙汇 黄浦店

閉店・移転、情報の修正などの報告

蘇浙匯(ジェイドガーデン)の新店舗は地下鉄「人民広場」駅から歩いてすぐ!上海料理、広東料理、飲茶が楽しめる人気レストラン。

こんにちは、上海ナビです。
今回は、上海からその周辺地域(蘇州、杭州など)にまたがる名物料理や上海点心を中心に、広東料理や四川料理まで幅広く楽しめる高級中華レストラン 「蘇浙匯 (JADE GARDEN)」 をご紹介します。

こちら、1999年に1号店をオープンして以来、オークラ花園飯店向かいの盧湾店や延安西路沿いにある静安店など、上海市内だけでも6店舗、さらに北京やマカオの店舗を含めると計10店舗も展開しているんです。これだけメジャー店だと、ナビ読者の皆さんにも既にご存知の方が多くいらっしゃるかもしれませんね。
そこで、今回は2008年2月末にオープンした新店舗の “ 黄浦店 ” をご紹介しようと思います。これがまたまたいいロケーションで、人民広場駅から徒歩3分! 上海美術館の向かいに建つ 「創興金融中心 (1階にあるPORSCHEが目印です)」 内に入っているんです。
これなら人民広場周辺の散策 (南京東路や美術館、博物館巡りなど) のついでに立ち寄りやすく、観光にもアテンドにも活躍しそう!

という訳で、さっそくこの新店舗へと皆さんをご案内いたしましょう。

■ 新店舗もやっぱり“ ゴージャス ”は引き継いでいます

「蘇浙匯」 が日本人にとって利用しやすいのは、その豊富なお料理メニューもさることながら、清潔感あるゴージャスな雰囲気に包まれながら気持ちよくお食事が楽しめるというところ。各店舗ともそれぞれインテリアスタイルは異なるんですが、黄浦店も負けていません。
エントランス近くにあるカウンター周辺は、洗練された中にもカジュアルで軽快な気分を残した現代的なデザイン。
さらに奥に広がるメインダイニングは、カジュアルムードから一変。オールド上海のイメージをモダン調にアレンジし、全体的にゴシックな感覚で包まれます。
また、大小合わせて合計12部屋用意される個室も、ご覧の通りの華やかさ。一番小さな個室 (~8名程度) の最低消費が1,800元、最も大きな個室になると最低消費は4,000元なんですが、最大18名でテーブルを囲めるそうです。
最も広い個室内の一角にはこんなラウンジエリアもあって、食事の前にお酒を片手にゆったり小休止と、贅沢な時間が過ごせます。
蘇浙匯のどの店舗でも、メニューの中心となるのは、上海と周辺の江南地方の特色料理。こちら黄浦店では、そのほかにフカヒレやアワビなどの高級食材を使った広東料理、上海&広東の点心など豊富なラインナップが揃います。また料理名は日本語表示もあり、選びやすいのもいいところ。今回は数あるメニューから2~3人分をオーダーしてみましたので、参考にしてくださいね!

ランチにもオススメのオーダー例 (2~3人分)

京葱海白(茎ワカメと野菜の和え物)18元
茎ワカメと豆もやしをゴマ油と塩で和えた前菜。シンプルな味付けながらシャキシャキした食感が食欲をそそり、箸が止まらない! メニューの写真とはちょっと違ったので、季節によって合わせる野菜が違うのかも知れません。

本帮薫魚(揚げ魚の醤油煮)/32元
“本帮”とは「ご当地」の意味、すなわち上海の特色料理です。揚げた魚を醤油風味のタレに漬け込んだ前菜で、ビールなどお酒との相性もバッチリ。骨も気にならずに、パクパク食べられました。

無錫醤排骨(無錫風味噌漬けスペアリブ)/88元
無錫名物のスペアリブは、まずその鮮明な紅色に驚き! これは漢方にも使われるという紅曲 (白米に麹を加えて発酵させる過程で生成された紅色の麹) を加えて煮込んだ天然の紅色なんです。
骨と肉のバランスまで細かく計算してカットされたお肉は、意外なほど骨から離れやすく、柔らかさも十分。江南地方独特の甘タレ風味もぜひ堪能ください!

干煸四季豆(インゲンの辛味炒め)/22元
素揚げしたインゲンにニンニクや塩などを加えて炒めた、定番の野菜料理。お店によってはひき肉が加えられていたりもしますが、こちらはシンプルにインゲンのみです。肉料理やしっかり味のお料理の合間に、箸休めとしてもうってつけですよ。

水晶蝦餃(エビ餃子)/22元
香港式飲茶でお馴染み、多くの日本人にも人気がある “ エビ餃子 ” は、どのお店でも見つけるや試したくなるのがナビの心情。こちらでも迷わず頼んじゃいましたが、これが結構当たりなんです! 具のエビの大きいこと! 大きいもんで、プリップリ度数もUP! 食べ応え抜群です。

葱油拌面(上海風和え麺)/18元
焼きソバでもなく、ラーメンでもなく…日本でも油麺というものがありますが、それに限りなく近いのがコチラ。食す前に、どんぶりの底に溜まっている油タレと麺をしっかり混ぜ合わせてくださいね。焦がしネギの風味が効いたシンプルな味わいは、一度ハマると時折その風味にふと思いを馳せてしまう、上海の庶民派メニューの代表です。

お腹もちょっとイッパイかな?というところで、さらに点心系を食べ続けるかデザート系に移るかという局面に。他の点心も食べたいけど、ちょっと重過ぎるかな~?というなら、冷たくてのど越しも良いこちらの定番デザートをどうぞ。

楊枝甘露(マンゴーとココナツミルクのスープ)/18元
この 「楊枝甘露」、お店のメニューの日本語訳では “ ブドウのシロップ ” とあるんですが、ブドウではなくピューレ状のマンゴーにポメロー (グレープフルーツに似た果物) などが加わったもの。お店によってはココナッツミルク主体のものもありますが、こちらはマンゴーが主役です。フルーティーで爽やかな味わいは、食後にピッタリ。

芒果布丁(マンゴープリン)/18元
チョコレートがトッピングされたマンゴープリンというのもまた珍しい! まるでカフェデザートのようにお洒落スタイルなのがこちらの特徴です。お味はというと、マンゴーがあまり主張しておらず、甘さも酸味も控えめなミルキーテイスト。

上記注文したお料理に加え、席に着いた際には突出しも運ばれます (有料、テーブルチャージのようなもの)。2~3人でこれくらいの量でも、割といい具合にお腹がイッパイになると思います。また、このボリュームなら、ランチにもいいかもしれません。飲み物代等は差し引いて、上記のメニューで2人なら1人約120元、3人なら1人約80元弱といったところです。
なお、ドリンクメニューはビールや中国酒だけでなく各種ワインも豊富。お値段もお手ごろなものだと200元台から揃います。

その他、「蘇浙匯」 の看板料理の中にはこんなボリュームメニューも名を連ねています。どちらも鴨を使ったお料理なんですが、それぞれ調理法も仕上がりも全く違うんですよ。
京葱扒乳鴨(雛鴨と葱のとろ火煮)98元
生後2~3ヶ月の肉の柔らかい雛鴨をとろ火で煮込んだこのお料理は、添えられた葱と一緒にいただきます。付け合わせのサトイモのフライがなかなか美味。

蘇浙招牌樟茶鴨(鴨の茶葉燻し焼き)88元
江蘇と浙江省での名物鶏肉料理は、貝殻みたいな小さな面包 (中華パン) に挟んでいただきます。数時間しっかり下味を漬け込んだ鴨を、燻して蒸して揚げるという手間暇かけた調理法もまたすごいですね。お好みで酸味のあるピリ辛タレをつけてどうぞ。
こちらは一羽で88元のお値段ですが、半羽(48元)でもオーダーできるので少人数でも大丈夫です。
大皿料理でなくとも、小籠包(こちらのお店では“ 蘇浙湯包/22元 ”)をはじめとする点心は気軽にオーダーしやすいので、気になるものがあればちょっと試してみよう!

せっかく上海にいるのだから、上海とその周辺地域のお料理はやっぱり試しておきたいところ。「蘇浙匯」 だと、周辺地域の料理文化を、本格的な大皿料理から点心までのバリエーションで楽しめるのがオススメのポイント。また、香港系のレストラングループなので、高級広東料理だってちゃんと楽しめるんです。

プライベートにもビジネスにも、シーンに合わせて使い分けしやすいレストランだと思うので、皆さんも機会を見つけて美味しいお料理を楽しんできてくださいね。
以上、上海ナビがお伝えしました。

記事登録日:2008-05-14

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-05-14

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

蘇浙匯 徐匯店

蘇浙匯 徐匯店

蘇浙匯(JADE GARDEN)の第1号店!ヨーロピアン風のゴージャスな内装が印象的なレストランで、上海料理と湖南料理を召し上がれ。

蘇浙匯 盧湾店

蘇浙匯 盧湾店

蘇浙匯(JADE GARDEN)の2号店は、地下鉄1号線「陜西南路」駅から歩いてすぐ!上海料理、広東料理、飲茶が食べられる人気レストラン。

蘇浙匯 浦東店

蘇浙匯 浦東店

地下鉄2・4・6号線「世紀大道」駅から徒歩約10分!上海料理、四川料理、飲茶が楽しめる、清潔で落ち着いた雰囲気のレストラン。