天誠大酒店

ティエンチェン ホテル シャンハイTIANCHENG HOTEL SHANGHAI上海天诚大酒店

閉店・移転、情報の修正などの報告

延長工事の完了した地下鉄4号線の利用で、浦東へのアクセスが地下鉄で可能に!「魯班路」駅から徒歩15分のビジネスホテル。

こんにちは、上海ナビです。
2007年末に地下鉄4号線の拡張工事が完了し、浦東から地下鉄でもアクセス可能になった上海市内の南手エリア。今回は、浦東エリアのターミナル駅となる地下鉄2,4,6号線 「世紀大道」 から乗車時間約15分の 「魯班路」 が最寄駅となる准4つ星ビジネスホテル 「上海天誠大酒店 (ティエンチェン ホテル シャンハイ)」 をご紹介しましょう。

地下鉄駅が近くなったとは言え、駅から徒歩約15分とギリギリの徒歩圏内。しかし、ホテルは大通り沿いにあり高架道インターにも近いので、タクシーを使えばラッシュ時を除き市内各所への移動も割りとスムーズにいきそうです。

~ホテル フロア別案内~

25階 客室、室内プール
21、22階 客室(エグゼクティブフロア)
20~24階 客室
19階 フロント、ロビー、ロビーバー、ビジネスセンター、ショップ、客室
10~18階 (ホテル外施設)
9階 会議室
8階 (※改装中)
7階 中華料理レストラン 「玉蘭庁」
2~6階 (ホテル外施設)
1階 ホテル正面玄関

徐家匯路に面して中国農業銀行の入る建物が、ホテルのある 「金玉蘭広場」 の東座です。道路沿いに青いホテルの看板が出ているのですぐに分かりますよ。ホテルのフロントは19階にあるので、写真の入り口を入ったら左手にあるエレベーターで上に向かいます。
19階に到着したら、エレベーターホールの正面にフロントデスクが見えます。ビル内にはホテル以外の施設もあるんですが、基本的には19~25階がホテル所有のフロアになっています。

■ 客室紹介

ホテル内にはスタンダード/スーペリア/デラックス/各種スイートルームと、大別して4タイプの客室が合計148室用意されています。また、スーペリア/デラックスともにシティビュールームがあり、そちらは同タイプの通常客室より料金が少し高く設定されています。
今回はスタンダードルーム、スーペリアルーム、スーペリアスイートの3部屋にお邪魔してきました。

1905号室/スーペリアルーム(ダブル) (約35㎡)

2000年にリニューアルされた当時の内観を保つスーペリアルームからご紹介します。アイボリーカラーで統一された客室内は、上海の同クラスのホテルに比べ少し広く感じます。
ベッドの周辺も清潔かつ柔らかい雰囲気。客室内の広さとベッドの広さから見て、2人でステイしても十分快適に過ごせそうです。
デスクの引き出しにはインターネット接続ケーブルとホテル案内が入っています。
客室ドア付近にはティーセット類のまとめられたシェルフ (下に冷蔵庫が収納されています)、クローゼット (バスローブ、セーフティーボックス有り) が並びます。その向かいがバスルームです。
こちらのバスルームはバスタブ式になっています。リニューアル前の客室だからか、ドライヤーは旧式のスタイルですね。

次にご案内する客室はスタンダードルームなんですが、ご紹介の客室がある23階は2007年にリニューアルを終えたばかり。エレベーターを降りたフロアから少し期待できそうな気配です。では、客室にご案内しましょう。

2308号室/スタンダードルーム(ツイン)(約34㎡)

客室ドアを開けると右手にバスルーム、前方奥にメインルームが見えるという点はリニューアル前の客室と同じですね。でも、客室内の明るさが増した気がします。スタンダードなのに落ち着いた配色のベッドカバーが掛けられ、モダンな家具で客室内の華やぎもUP!
先にご紹介した客室に比べるとチェストとデスクの高さにも統一感があり、格段にスッキリまとまった印象です。クローゼットのドアも全面鏡になり、使い勝手がいいですね。
バスルームの雰囲気も照明が柔らかくなり、より落ち着いた空間に変わりました。

2323号室/スーペリアスイート(約60㎡)

こちらも同じく23階にあるピカピカのスイートルームです。客室ドアを開けると、手前にリビングルーム、奥にベッドルームとバスルームが配置されています。
リビングからベッドルームにあるスライディングドアが、客室全体に高級感と開放感を加えています。こうして半透明な空間遮断なら、室内の明るさも増しますね。
ベッドルームもとても上品に仕上がっています。スタイルはスタンダードルームと同じ系統を引き継ぎながら、スツールやクッション、ビジネスデスクなどにクラス感が感じられます。
ベッドの足元に見えるのがバスルーム。バスルーム脇にあるクローゼット内の備品は他の客室と共通しています。
バスルームにはバスタブとシャワーブースの両方が配置されています。他の客室より広くとられた空間は、ウインドウからの光もたっぷり。これなら日中のバスタイムも気持ち良さそう!
23階の新リニューアルルーム内のドライヤーは、旧式の壁掛け式ドライヤーから写真のようなものに変わりました。また、スイートルームにはヘルスメーターも用意されています。

【客室共通備品】
各部屋、TV/冷蔵庫/無料ミネラルウォーター/ティーセット/ポット/スリッパ/バスローブ/セーフティーボックス/インターネット設備などが完備されています。 ※アイロン、変圧器などはルームサービスで貸し出し可。
【浴室共通備品】
石鹸/歯ブラシ/シャンプー/シャワージェル/ボディローション/コーム/綿棒/爪やすり/シャワーキャップ/シェービングキット/ソーイングキット/ドライヤーが用意されています。

■ ホテル内付帯施設

◎ 中華料理レストラン 「玉蘭庁」 (7階)    
営業時間 6:30~10:00、11:00~14:00、17:00~21:30
上海料理を中心としたメニューが楽しめるレストラン。ホテルの朝食もこちらでいただけます。

◎ 会議室 (9階)   

◎ビジネスセンター (19階)   
営業時間 8:30~22:00
ロビーバー奥左手にあるビジネスセンターでは、FAX/コピー/パソコンが利用できます。

◎ ロビーバー (19階)   
営業時間 8:30~22:00
各種コーヒー、紅茶、中国茶の他、ビールなどもオーダー可能です。

◎ ショップ (19階)   
営業時間 24時間

◎ 室内プール (25階)   
営業時間 13:00~21:30

■ 周辺情報

◎ 避風塘 (金玉蘭店)  
ホテルを出て左折、徐家匯路と打浦路の交差点まで歩くとカジュアル飲茶チェーン 「避風塘」 があります。ナビでは 錦江店 をご紹介済み。
住所:上海市打浦路1号金玉蘭広場101単元
電話:(021)53961328
営業時間:10:00~翌5:00(月~金)、8:00~翌5:00(土日祝)
◎ エアポートバス (機場3線)  
徐家匯路と打浦路交差点の西側にエアポートバス3号線 (機場3線) のバス停があります。また、道路の北側にあるバス停から43番バスに乗ると徐家匯まで行けます (2元)。
海興広場
さらにそのまま西側に (ホテル前を左折してそのまま) 歩き、肇嘉浜路 (徐家匯路との切り替わり場所) と瑞金二路の交差点角まで来ると 「海興広場」 があり、複数のレストランが入っています。広東料理&スープ 「屋企湯館」 や台湾カフェ 「一茶一座」 などもおすすめ。また、ドラッグストアの 「ワトソンズ」 もあります。

記事登録日:2008-04-24

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-04-24

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供