コートヤード バイ マリオット 上海 プドン (上海齐鲁万怡大酒店)

Courtyard by Marriott Shanghai Pudong齐鲁万怡大酒店

閉店・移転、情報の修正などの報告

上海 (陸家嘴近く) に位置するコートヤード バイ マリオット 上海 プドン (上海齐鲁万怡大酒店)は、5 km 圏内に源深体育場、外灘があります。 この 4 つ星のホテル の 5 km 圏内には、上海科技館、上海証券取引所などがあります。

こんにちは、上海ナビです。
今回ご紹介する 「上海斉魯万怡大酒店 (コートヤード上海浦東)」 は、東のビジネスエリア “ 陸家嘴金融貿易区 ” に位置する4つ星ホテルです。

東方路 × 濰坊路 の交差点という分かりやすい立地に加え、最寄の地下鉄駅 「世紀大道」 には2、4、6号線と3線が通り、ここを起点に市内北部、中心部、南部のどこへ移動するにも便利なのが嬉しいところ。場所柄ビジネス客が多いのが特徴ですが、外灘や豫園まで2~3㎞なので、ホテルからタクシーに乗ってしまえば市内観光だって楽々と目的地に着けそうですよ。
では、ホテル内へとご案内しましょう。

~ホテル フロア別案内~

26~28階 客室 (エグゼクティブ フロア)      ※エグゼクティブラウンジは27階
5~25階 客室
4階 トレーニングルーム、マッサージルーム&美容室
3階 ボールルーム
2階 中華レストラン 「華美軒中餐庁」、会議室
G階 ロビー、フロント、ロビーラウンジ、カフェレストラン、ビジネスセンター、会議室、テイラー 「大班洋服」、ショッピングモール

東方路×濰坊路 の交差点まで来ると大きな茶色いビルが目に入ります。この 「斉魯大厦」 と書かれる建物が 「上海斉魯万怡大酒店」 です。ホテルの正面玄関は濰坊路沿いにあるので、そちらから入りましょう。
ロビーエリアはそれほど広くないものの、玄関前に広がるロビーラウンジが十分に華やかな雰囲気を演出しています。2001年オープンのホテルですが、内部はまだピカピカしています。

玄関右手奥はソファエリア、左手にフロントデスクがあります。日本語は通じませんが、海外からのビジネス客利用も多いホテルなので英語なら問題ありません。

■ 客室紹介

5~28階までの客室フロアには、デラックス/プレミア/エグゼクティブの各部屋に加え、ジュニアスイート/デラックススイート/コートヤードプレジデンシャルスイートと3タイプに分かれたスイートルームなど、総計318部屋が用意されています。今回はスイート以外の客室を拝見してきました。

1811号室/Premier Room(約35㎡)

こちらは一般フロアにあるツインタイプのビジネスルームです。ベッドの足元からデスクまでも程々の距離が保たれています。

シングルサイズのベッドは、ベッドリネンもスッキリ。ベッドランナーの装飾が多色使いのせいか、客室全体にもちょっとした華やかさを感じます。
デスクではブロードバンドの接続が可能、ベッド脇のラウンジソファは1台のみ用意されています。全客室のクローゼットにはスリッパ&バスローブの他、セーフティーボックス/アイロン/アイロンボードが用意されています。
バスルームはバスタブ式。シャワーは固定式になっています。バスタブは適度な深さなので、お湯をはってゆっくり浸かることも可能です。

2417号室/Deluxe Room (約45㎡)

デラックスルーム内に入ってみました。先ほどご紹介したビジネスルームと雰囲気は似ていますが、こちらはキングサイズベッドが用意され、デスクの配置なども変わりました。
独立したビジネスデスクが配され、ベッドの脇にあるラウンジチェアはオットマン付きのものに変わりました。ビジネスルームに比べると、よりリラックス感の高い客室になっています。
ベッドの足元に置かれた観音開きのチェスト内には、テレビと冷蔵庫が収納されています。使わない時はスッキリ隠しておけます。
バスルーム内の設備はビジネスルームと一見同じですが、バスタブ周辺がやや違いました。こちらのお部屋はリニューアル前のバスルームの様子。シャワーヘッドは可動式ですが、バスタブは先ほどの客室に比べ気持ち浅めに感じました。

2709号室/Executive Room (約45㎡)

最後にご紹介するこちらエグゼクティブルームは、好みをあまり選ばないシンプルな雰囲気に変わりました。客室内配置は、先ほどのデラックスルームと同じ構成です。

今までの客室に比べクッションやピローが増え、ベッドもリッチな雰囲気にグレードアップ。ベッドランナー等のデザインもシンプルになり、スッキリ都会的な雰囲気です。
その他、ラウンジチェアやデスク、クローゼット周辺などは、デラックスルームで見てきたものと同じスタイルになっています。
こちらのバスルームもタイルの種類が違うだけで、基本はデラックスルームで見たバスルームと同じ設備になっていました。この点については各フロアのリニューアル状況によっても少々異なるようですが、バスルームには全てのお部屋がバスタブの付いたスタイルになっているそうです。

【客室共通備品】
各部屋、TV/冷蔵庫/無料ミネラルウォーター/ティーセット/ポット/スリッパ/バスローブ/アイロン&アイロンボード/セーフティーボックス/インターネット設備などが完備されています。
※変圧器が必要の際にはルームサービスにお問い合わせください。
【浴室共通備品】
各部屋、石鹸/歯ブラシ/シャンプー/シャワージェル/ボディローション/シャワーキャップ/コーム/ドライヤー/体重計が用意されています。
※エグゼクティブルームにはシェービングキットの用意もあります。

■ ホテル内付帯施設

◎ ロビーラウンジ、カフェレストラン「Spices Café」、(G階)
営業時間 6:00~深夜0:00 
ホテル入口正面にあるロビーラウンジでは、カフェレストランも併設されています。こちらのレストランでは朝食ビュッフェ、ランチ、ディナーの全ての時間帯でコンチネンタルスタイルの食事が楽しめます。

◎ ビジネスセンター  
営業時間 7:00~21:00

◎ テイラー「大班洋服」  
営業時間 7:00~23:00

◎ 華美花園餐庁 (2階)  
営業時間 11:30~14:30、17: 30~22:30
広東料理や上海料理が楽しめる中華料理レストランです。

◎ トレーニングルーム (4階)  
営業時間 8:00~11:00

◎ マッサージルーム、美容室 (4階)  
営業時間 14:00~深夜1: 00

◎ エグゼクティブラウンジ (27階)  
営業時間 6:30~19:00
エグゼクティブフロアに宿泊の方はこちら27階にあるエグゼクティブラウンジでチェックイン/チェックアウトができる他、朝6:00~10:00まで無料で朝食がいただけます。また、17:30~19:30のハッピーアワーでは無料で各種ドリンクが楽しめます。

◎ 会議室、ボールルーム
ホテル内には335㎡で400人ほどまで収容できるボールルームの他、会議などに利用できる8つのマルチファンクションルームが用意されています。

■ 周辺情報

◎ コンビニ等  
最寄の地下鉄駅 (2、4、6号線「世紀大道」) からホテルまでの間にある濰坊路沿いにはコンビニエンスストア 「快客 (QUIK)」 やマクドナルド、その他中華レストランなどがあります。コンビニではありませんが、小さな個人商店も並ぶので、ちょっとした日用雑貨はこの通りで手にはいります。
◎ 漢方エステ 「サンフラワー(浦東店)」  
ホテルから徒歩10~15分の南泉北路×張楊路の近くには、在住日本人にも旅行客にも大人気の漢方エステ「サンフラワー(浦東店)」があります。日本人オーナーのカウンセリングを受けてからの施術なので、初めての方でも安心ですよ。
住所: 南泉北路1029号
電話: 133 9100 1228 <大里さん携帯>
    ※店舗は(021)5888 2332
時間: 9:30~20:00 完全予約制
◎ 上海科技館  
地下鉄2号線でお隣の駅「上海科技館駅」に行くと、“自然と人間の科学技術”をテーマに12の常設展を持つ上海科技館があります。名前は堅い印象ですが、体感系アトラクションもあり、大いに楽しめるみたいですよ!
住所: 世紀大道2000号
電話:(021)6862 2000
料金: 9:00~17:15 ※入場は16:30まで、月曜休館

記事登録日:2008-05-20

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-05-20

スポット更新日:2019-04-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供