国際機場賓館 シャンハイ・インターナショナル・エアポートホテル

Shanghai International Airport Hotel上海国际机场宾馆

閉店・移転、情報の修正などの報告

東京・羽田便が発着、市中心部へ近い「虹橋空港」から徒歩約5分!日本人リピーター率が高い日中合弁3つ星ホテル。

こんにちは、上海ナビです。
去年9月に東京・羽田便、10月にソウル・金浦便の発着が開始して以来、ビジネスユースを中心に利用者が増加している 「虹橋空港」。

今回は、その虹橋空港の到着ロビー (ターミナルA) から徒歩約5分の場所に位置する3つ星ホテル 「上海国際機場賓館」 をご紹介します。

こちらのホテルは、1988年にオープンした日中合弁ホテルで、いまや宿泊客の約9割が日本人なんだそうです。日本語しか話せなくても、安心快適なステイが期待できるホテルだと評判で、リピーター率も高いのだとか。例えば、チェックアウトは15時迄とちょっと遅めに設定されていたり、専用車にて虹橋空港とホテル間の無料送迎サービスを随時行っていたりと、こういったサービスの充実も人気の理由かもしれませんね。それでは、さっそくホテル内にお邪魔してみましょう。

~ホテル フロア別案内~

2~8階  客室
2階  お座敷レストラン「加門」、マッサージルーム、美容室、会議室、医務相談室
1階 ロビー、フロント、ビジネスセンター、ギフトショップ、レストラン 「シャロン」、バーラウンジ 「Coffee Lounge」、鉄板焼 「神戸亭」

2007年に改装したばかりのロビーは、清潔感がありかなり広々としています。ソファもたくさん用意されているんですよ。フロントには、日本人スタッフもおられるとのことですが、中国人スタッフも全員日本語OKとのこと。こちらで両替えもできます。

■ 客室紹介

客室は、全部で301室、以下のタイプに分かれています。
Single Room/シングル A・B・C (※)
Standard Room Twin/スタンダードツイン A・B (※)
Deluxe Room Twin/デラックスツイン
Executive Suite/エグゼグティブスイート

※はフロアにより客室名(A~C)と価格が異なります (Aは2~5階、B・Cは6~8階)。Cの客室には、キングサイズベッドが用意されています。

312号室 / Standard Room Twin A (約20㎡ )

客室ドアを開けて右手にクローゼット、左手にバスルーム、そして奥にこのようなメインルームがあります。セミダブルベッド2台、TV、冷蔵庫、デスク、ティーテーブルなど。
こちらのお部屋の家具は小さくて可愛らしいんです。デスクが通常のものより低く、一人掛けソファも小ぶりなつくり。部屋が広く見えるし、これはこれで味があっていいなと思いましたが、いずれは、これらの家具も新しいものになるそう。
カーテンを開けると、こんな感じです。明るい日差しが差し込み、気持ちの良い目覚めが期待できそう!
バスルームには、深めのバスタブがついています。シャワーが可動式なのも使い勝手がよくて嬉しいですね。また、シャワーフックが高い位置と低い位置の2ヶ所についているのもポイント。これならお子様も使いやすいですね!
バスローブは、クローゼットの中に用意されていますよ。ドライヤーは、部屋のデスクの引き出しの中にあります。

617号室 / Single Room C ( 約21㎡ )

3種類あるシングルルームの中で唯一、キングサイズのベッドが用意されているタイプのお部屋がこちら。客室名にはシングルルームとありますが、2名で宿泊しても窮屈さは全然感じなさそうでしたよ。
前述のお部屋と比べると、デスクまわりの家具が、スタイリッシュなものに変わりましたね。さらに! 薄型液晶TVがPC画面に早変わり! キーボードはデスクの引き出しにありますよ。
※6階以上の客室にこのようなPC設備が用意されています。5階以下は、インターネットケーブルのみ。
バスルームの設備は、先ほどご紹介したお部屋とほぼ同じです。

621号室 / Single Room B ( 約16㎡)

特にビジネスユースに人気だというお部屋を最後に拝見しました。ただ寝るためだけの部屋ではなく、ゆったりと寛げる空間がちゃんと確保されていますよ。もちろんこちらにもちゃんとPCが備えられていました。
バスルームは、ご紹介済みの他のお部屋より、すっきりコンパクトになった印象。バスタブもひとまわり狭くなったような気がしましたが、設備的には何の問題もありません。こちらでは、ドライヤーが壁に備え付けられていました。

【客室共通備品】
各部屋、TV/電話/冷蔵庫/スリッパ/ティーセット/ポット/無料ミネラルウォーター/目覚まし時計/インターネット設備が完備されています。
※ セーフティーボックスはありません。貴重品はフロントにて保管します。
【浴室共通備品】
各部屋、シャンプー/リンス/石鹸/歯ブラシ/シャワーキャップ/バスタオル/コーム/ドライヤー/バスローブなどが用意されています。
※ 客室によっては、ドライヤーはベッドルームのデスクの引き出しの中に入っています。

■ ホテル内付帯施設

◎ レストラン 「シャロン」 (1階)  
営業時間 6:00~23:00
こちらで朝食ビュッフェがいただけます(6:00~10:00)。

◎ラウンジバー 「Coffee Lounge」 (1階)  
営業時間 7:30~深夜0:00

◎ギフトショップ (1階)  
営業時間 6:00~深夜0:00
軽食・ドリンクやお土産品だけでなく、日本の書籍も販売していますよ。

◎ ビジネスセンター (1階)  
営業時間 6:00~深夜0:00

◎MUチェックインカウンター (1階)  
日本行きの中国東方航空 (MU) をご利用の方は、こちらで搭乗手続きが可能。スーツケースなど大きな荷物を預けてしまえば、移動も楽々ですね。

◎鉄板焼 「神戸亭」 (1階)  
営業時間 11:00~14:00、17:00~22:00

◎お座敷レストラン「加門」(2階)  
営業時間 6:00~23:00 ※予約必須

◎会議室 (2階)  
こちらは180名を収容できる大会議室で、宴会場として使用することもあるそうです。他にも、50名収容可能の会議室があります。

◎ マッサージセンター (2階)  
営業時間 11:30頃~深夜0:00
写真のようなマッサージルームが用意されていますが、通常は宿泊しているお部屋までマッサージ師さんが出向きます。

◎美容室 (2階)  
営業時間 9:00~22:00

◎ 医務相談室 (2階)
診察時間 20:00~翌7:00

◎シャトルバス サービス  
<虹橋空港 ⇔ ホテル> 無料
虹橋空港までは歩いても行けますが、大きい荷物があったりすると不便ですよね。こちらには随時、虹橋空港⇔ホテルの無料送迎サービスがあります。ご利用になりたい場合は、フロントまで。
お迎えの際のピックアップ場所は、虹橋空港ターミナルBの3号口付近です。

<浦東空港 ⇔ ホテル> 片道1人20元
フロントにてチケットを購入。出発前になると、日本語アナウンスがロビーに流れます。所要時間は約60分。
☆ ホテル ⇒ 浦東空港
5:45/6:10/6:30/6:50/7:10/7:30/7:45/以降30分毎に1本/21:00最終
☆ 浦東空港 ⇒ ホテル 
7:00 ~ フライト終了まで

記事登録日:2008-10-29

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-10-29

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供