余慶坊

ユィチンファン余庆坊

閉店・移転、情報の修正などの報告

詩人・金子光晴が上海滞在時に2年間暮らした住宅街。名著『どくろ杯』にも記された旧日本租界のレトロな長屋を歩こう。

photo

大正時代、上海からヨーロッパまで旅した詩人・金子光晴が妻で作家の森三千代とともに2年間住んだ場所。3階建ての長屋のようなアパートが迷路のように入り組んでいる。当時の様子は彼の著書『どくろ杯』に詳しく書かれているので、ぜひ一読してから出かけたい。ここから内山書店、魯迅故居、横浜橋などへ歩いて出かけるのが金子光晴の日常だったようだ。現在も普通の民家として人が暮らしているので、見学の際は無断で立ち入ったりカメラを向けたりするのは控えよう。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 金子光晴 日本租界

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-08-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供