魯迅故居 

ルーシュン・グージュー

閉店・移転、情報の修正などの報告

中国を代表する作家・魯迅が晩年を過ごした小さな家。今も地元の人たちが暮らす庶民的な路地の一角で、偉大な作家の生活に触れよう。

photo

共同租界日本人居住区の中心的ストリート・山陰路の長屋の一角に位置する魯迅の旧居。1933年から54歳で死去するまでの晩年を過ごした家で、実際に魯迅が息を引き取ったベッドや布団、使っていた食器、バスタブまで、当時の様子を生々しく残している。入場は個別ではなく団体制で、1〜2名で入場する場合は10人ほど揃うまで待合室で待ち、ガイド(中国語のみ)と警備員の指示に従いながら見学する。入場料は8元。館内は撮影禁止。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 魯迅 山陰路 日本租界

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-08-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

魯迅紀念館

魯迅紀念館

近代の作家・魯迅の作品、生き方、人物像を伝える内容盛りだくさんの資料館。日本ゆかりの展示物も多数。