上海南駅

シャンハイナンジャン上海南站

閉店・移転、情報の修正などの報告

中国の鉄道旅行初心者にオススメの巨大円形ターミナル。風光明媚な浙江省の街・杭州や紹興を目指すなら、まずはこの駅を攻略しよう! 

こんにちは、上海ナビです。
上海郊外の人気観光都市として有名なのが浙江省の杭州と紹興。ナビも日帰りでよく遊びにいくのですが、浙江省方面に行くには上海駅や上海虹橋駅ではなくここ、上海南駅からの発着となります。「列車旅がしたいので上海駅近くのホテルを予約してしまったけど、この駅発じゃないの!?」なんてことにならないよう、杭州、紹興、寧波、温州方面への旅行を計画している方は上海南駅をよーくチェックしておいて下さいね。

上海南駅へ行こう

上海南駅は、その名のとおり上海市街地の南郊外に位置します。駅名からして「上海駅のとなりの駅?」と思いがちですが、上海駅からは地下鉄1号線で11駅目。待ち時間などを入れれば40分くらいかかる場所にあります。周辺はベッドタウンという雰囲気で、目立つ観光地やホテルはありません(2011年1月現在)。上海南駅を主に利用するなら、地下鉄1号線沿いの衡山路、徐家匯、上海体育館エリアのホテルを拠点にするのがオススメです。
最寄りは地下鉄1号線「上海南駅」駅。改札を出るとすぐ駅への入り口があります。普通に鉄道の改札を目指すなら4号出口、長距離バスターミナルを目指すなら2号出口を探しましょう。英語付きの案内板はたくさんあるので迷わないはず。
改札を目指すなら4号出口。

改札を目指すなら4号出口。

バスターミナルを目指すなら2号出口。

バスターミナルを目指すなら2号出口。

駅の全体像をつかもう

上海南駅は、スタジアムのような円形の建物です。地上3階建てで、北口と南口があります。それぞれにバス乗り場、タクシー乗り場があり、南口には長距離バスターミナルがあります。意外と単純な構造なので、中国語がわからない初めての方でも攻略できちゃいます。早速階ごとに見て行きましょう。
北口。

北口。

南口。

南口。


<地下コンコース>
1、地下鉄乗り場
1号線、3号線の切符売り場、改札があります。切符売り場は慢性的に混雑しているので、事前に交通カードを購入することをオススメします(駅構内で買うことができます)。
2、列車の到着ゲート
新幹線、在来線の鉄道から下りてくると地下コンコースに出ます。空港のように各列車の到着時間、到着ゲートが表示されるので、出迎え、待ち合わせにも便利です。ここも常に出迎えの人でいっぱい。はぐれないように気をつけて下さいね。
3、タクシー乗り場
到着口、地下鉄入り口からすぐ見えます。空車もたくさんあり、整列用の柵もあるのでスムーズに乗車できます。地上に見えますが、地下なのです。
4、長距離バスターミナルへのコンコース
北口から歩いてみたナビですが、徒歩10分ほどでした。入り口では荷物検査があります。コンコース内には飲食店も揃っているので休憩にも便利。
コンコース内はカフェが充実。 コンコース内はカフェが充実。 コンコース内はカフェが充実。

コンコース内はカフェが充実。

5、ショッピングモール
北口、南口両方に地下ショッピングモールがあります。アウトレットショップも入ってるんですよ。飲食店は中華系ファストフードからピザショップ、日本でもお馴染みの牛丼の「すき家」なども入っています。
飲食店とスポーツ系アウトレット店が充実。 飲食店とスポーツ系アウトレット店が充実。 飲食店とスポーツ系アウトレット店が充実。

飲食店とスポーツ系アウトレット店が充実。


<地上1階>
1、列車のホーム
上海南駅は、1階部分に利用者が立ち寄らないような構造になっています。タクシーで到着した場合は2階の高架で降ろされますし、到着した場合は直接地下に出ます。
2、駅前広場(南口タクシー乗り場、バス乗り場)
広場らしい広場は南口のみにありますが、周辺にお店などはありません。バスやタクシーを利用する人、待ち合わせをする人のための空間といった感じ。また、南口には長距離バスターミナルがあります。でも、地下コンコースから行く場合の方が多いかも。
路線バス乗り場。

路線バス乗り場。

タクシー乗り場。

タクシー乗り場。

長距離バスターミナル。

長距離バスターミナル。


<地上2階>
1、タクシー降車スペース
タクシーで上海南駅に向かうと大抵2階の高架で降ろされます。着いたところが2階の出発口になります。空港の感覚と同じですね。
2、切符売り場
電光掲示板から乗る列車を探し、係員に伝えればOK。ただし週末や連休中は売り切れていることがあるので事前に予約を。また、導入されたばかり(2011年1月現在)の自動券売機も2階にあります。中国の鉄道の座席の種類を熟知している方、中国語が読める方でないとちょっと難しいかもしれませんが、慣れているという方はぜひ利用してみて下さい。
自動券売機はこんな感じ。中国の鉄道に慣れている方には便利です。 自動券売機はこんな感じ。中国の鉄道に慣れている方には便利です。

自動券売機はこんな感じ。中国の鉄道に慣れている方には便利です。

3、ウエイティングスペース
切符を買ったら荷物検査を受けて中で列車を待ちます。円形の外から入り、中央で待って列車に乗るという感じですね。改札は日本と違い、乗る列車によって異なります。時間になると付近の旅行者が一斉に動き始めるのでそれについていけば大丈夫。
荷物検査。

荷物検査。

待合室。

待合室。

4、売店、飲食店
上海駅、上海虹橋駅より充実しているのが改札を入ってからの空間。売店やファストフード店がたくさんあるので時間を潰せますし、食事にも困りません。
いかがでしたか? 上海駅、上海虹橋駅よりは構造もずっと簡単でスムーズに乗車できる上海南駅。初めての中国の鉄道旅行の拠点に、ぜひ利用してみて下さい。ただし人気都市への列車の発着が多いため、事前の切符の予約はくれぐれもお忘れなく。
以上、上海ナビがお伝えしました。


記事登録日:2011-02-22

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-01-24

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供