安福路

アンフールー

閉店・移転、情報の修正などの報告

人気ショップやカフェ、レストランがいっぱい! 在住外国人が足繁く通うフランス租界きっての人気ストリート。

こんにちは、上海ナビです。
上海市内で地元上海人や在住外国人に人気の場所といえば、やはり「フランス租界エリア」です。閑静でモダンな雰囲気、上海の歴史を偲ばせる街並、おしゃれな個人経営店の多さなどが人気の理由でしょうか。そんなフランス租界エリアのなかでも特に人気なのが、今日ご紹介する安福路です。市内でもナビお勧めのお店が特に多いエリアなんですよ。どんな街並なのか、どんなお店があるのか、早速見に行ってみましょう。
※2016年7月現在の街並とお店です。
フランス租界エリアについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

「安福路」に行こう!

「安福路」の最寄り駅は地下鉄1、7号線「常熟路」駅。行き方はこんな感じです。
①「常熟路」駅8号出口を出ます

①「常熟路」駅8号出口を出ます

②出てすぐの常熟路を左へ

②出てすぐの常熟路を左へ

③一本目を左折したところが安福路です

③一本目を左折したところが安福路です

租界時代の古い建物が点在

租界時代の古い建物が点在

「安福路」の楽しみ方
フランス租界エリアに位置する「安福路」は、租界時代「デュプレクス・ルート」と呼ばれていた歴史あるストリート。現在は、オフィスビルや高級マンションと古い家屋が混在する、見応えのある道になっています。長さは約1km。ぶらぶら歩くのにちょうどいい距離です。
オシャレな風景と

オシャレな風景と

ローカルな風景が混在

ローカルな風景が混在

老房子を眺めながら

老房子を眺めながら

お散歩したり

お散歩したり

お茶やお酒を

お茶やお酒を

人気飲食店が集まっています

人気飲食店が集まっています

お勧めは、のんびり散歩しながらランチやカフェでの休憩を楽しむこと。自分用のお土産探し、インテリアショップやブティックを覗くのもお勧めです。上海在住外国人気分で歩いてみて下さい。逆に、バラマキ土産を買いたい方、ローカル中華を食べたい方、節約旅行派の方、有名観光地重視の方は楽しめないかもしれません。
インテリア雑貨や家具店も

インテリア雑貨や家具店も

散歩中に

散歩中に

入りやすいカフェもいっぱい

入りやすいカフェもいっぱい

気候のいい週末がにぎわいます

気候のいい週末がにぎわいます

道沿いのお店は、月曜日、火曜日など週初めを定休日にしているお店が多いのでご注意を。散策するならお勧めは土日のお昼ごろです。犬連れでブランチを楽しむ人、昼間からお酒を楽しむ人などがいっぱい。ハッピーアワーでおトクに飲めるお店もあるので、手書きの黒板メニューもチェックを。

「安福路」を歩こう!

それでは、エリア内を歩いてみましょう。今回は、「常熟路」駅のある東側から武康路にぶつかる西側まで歩いてみました。
世紀商貿広場

世紀商貿広場

<常熟路〜烏魯木斉中路>
外資系企業が多く入るオフィスビル「世紀商貿広場」周辺は、このビルで働く人をターゲットにした飲食店が並んでいます。
通りの様子です

通りの様子です

イタリアンレストラン「The TERRACE」

イタリアンレストラン「The TERRACE」

アンティークカフェ「La Petite Fleur」

アンティークカフェ「La Petite Fleur」

ネイルサロン「Jasmine」

ネイルサロン「Jasmine」

カフェバー「Boom Boom」

カフェバー「Boom Boom」

ワインバー「Enoterra」

ワインバー「Enoterra」

カジュアルな雲南料理店。一人ご飯にも

カジュアルな雲南料理店。一人ご飯にも

このエリアのナビお勧め店は。雲南料理とお酒を楽しめるローカル店です。めずらしいキノコやレモングラス、ミントなどを使った個性的な郷土料理がいっぱい。ランチセットはおかずが2品とドリンクもついて45元と、安福路エリアではかなりリーズナブルな値段設定です。クラフトビールやワインも揃っているので、バーとしても利用を。
ビルの敷地は、夕暮れ以降ダンススペースとドッグランに変身。このエリアでは唯一広々としたスペースなので、スケボーを楽しむ人にも遭遇します。一角には、犬猫の里親探しおじさんのスペースも。人間観察も楽しいエリアです。
ビル敷地は近隣住民の憩いの場

ビル敷地は近隣住民の憩いの場

里親探しの名物おじさんがいます

里親探しの名物おじさんがいます


この交差点を抜けてさらに道は続きます

この交差点を抜けてさらに道は続きます

<烏魯木斉中路〜武康路>
烏魯木斉中路との交差点を過ぎると安福路のメインゾーンに突入。在住外国人率が上がり、ナビお勧め店も目白押し。夜は意外に引きが早く、朝は早朝から営業しているお店が多いので、朝ご飯やブランチに出かけるのが通かも。
輸入食材スーパー「Feidan」

輸入食材スーパー「Feidan」

ワインバー「SIDEWAY」

ワインバー「SIDEWAY」

ワインバー「Just grapes」

ワインバー「Just grapes」

テーラー「SUITSUPPLY」

テーラー「SUITSUPPLY」

中国銀行(外貨両替可能)

中国銀行(外貨両替可能)

インテリア雑貨、家具「indigo」

インテリア雑貨、家具「indigo」

「COUTURIER Shanghai」

「COUTURIER Shanghai」

烏魯木斉中路側のナビお勧め店は、シルク生地の洋服やバッグをセミオーダーできるブティック「COUTURIER Shanghai」。ポーチやヘアアクセサリーなど、ちょっとしたお土産にぴったりのアイテムも揃います。
人気カフェやレストランが入る複合ビルです

人気カフェやレストランが入る複合ビルです

さらに進むと左手にこの建物が。スムージーやパスタが人気のベーカリーカフェ「BAKER&SPICE」や屋根裏みたいなインテリアがオシャレなタイ料理店「Mi Thai」、焼きたてピザが人気の「LA STRADA」などが入っていて、休日の昼間はお客さんがあふれるほどの人気。ケーキやパン、ワインなどのテイクアウトもできます。並びのカフェ「AMOKKA CAFÉ」もお勧め。
このエリアの風景も絵になります。文化財建築やローカルな住宅街も。路地を入ると意外な風景に出会えます。
家具「casa casa」

家具「casa casa」

フレンチレストラン「GOURMANDE」

フレンチレストラン「GOURMANDE」

インテリア雑貨「共禾京品」

インテリア雑貨「共禾京品」

「BRUT CAKE」

「BRUT CAKE」

パッチワークがかかっているこの建物もナビお勧め店。台湾人デザイナーが手がけるかわいい雑貨が大人気の「Brut Cake」です。
演劇専用ホールがあります

演劇専用ホールがあります

さらに歩いてみましょう。この辺りのメイン施設は演劇ホール「上海話劇芸術中心」です。演劇専門の小劇場がいくつか入るビルで、夜は鑑賞にやってきた人たちでにぎわうエリア。でも、上演される演劇はすべて中国語、役者さんや劇団もすべてローカルなので、旅行者の皆さん的にはあまり需要がないホールかも。
手作り石けんの人気店

手作り石けんの人気店

このエリアのお勧め店は手作り石けんのお店「REGALO」。竹炭やジャスミンなど中国らしい素材の無添加石けんはお土産にも喜ばれそうです。カフェにしてはボリューム満点のメニューが揃う「HUNTER GATHERER」は、使っている食材がすべてオーガニック。近隣に住む家族連れにも人気です。休憩ならこのエリアの老舗カフェ「MARIENBAD」がお勧め。ちょっとゴージャスな食事をするなら、ビル内の隠れ家レストラン「酔東」へ。カクテルやウイスキーも豊富なのでバーとしても使えます。
「HUNTER GATHERER」

「HUNTER GATHERER」

「MARIENBAD」

「MARIENBAD」

「酔東」

「酔東」

この入り口奥

この入り口奥

その先、武康路とのT字路にあるこの建物の奥にはイベントスペース兼コワーキングスペース「Base Co」が。休日はフリマやラウンジパーティーを開催していることもあるので、ぜひ覗いてみて。
レンタルオフィス。土日は不定期でフリマなどのイベントを開催 レンタルオフィス。土日は不定期でフリマなどのイベントを開催

レンタルオフィス。土日は不定期でフリマなどのイベントを開催

お勧めスポットを地図で

ナビが歩いたところを地図で見てみましょう。こんな風にお店が点在しています。

いかがでしたか? 在住者と旅行者では、行きたい場所、好きな場所にけっこうな差がある上海。今回は、在住者人気の高いストリートをご紹介してみました。お勧めなのは、外灘や豫園などの鉄板観光地にちょっと疲れたときにふらっと訪れること。観光地とはまったく違うのんびりした風景を眺めれば、上海の街の印象がまた変わってくるかもしれません。
以上、上海ナビがお伝えしました。

記事登録日:2016-08-18

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-08-18

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供