張楽平故居

ジャンルーピングージュー张乐平故居

閉店・移転、情報の修正などの報告

近代の有名漫画家が暮らした古民家。原画や絵画を鑑賞しつつ、フランス租界エリアの住宅を見学しよう。

photo

中国を代表する近代の漫画家・張楽平が1950年から1992年まで暮らした古民家。館内には代表作である『三毛流浪記』の原稿や複製画のほか、自画像、デッサン、イラスト、絵画など張楽平の作品を多数展示。2階には寝室やリビングなど、当時の暮らしを再現した展示室がある。庭には代表的なキャラクター「三毛」のオブジェも。日本の『フクちゃん』や『のらくろ』と同時代の中国の漫画について理解を深めることができる。入場無料。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-08-29

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供