閉店・移転、情報の修正などの報告

上海の近代映画史を眺めてきた歴史ある映画館で、国内外の新作映画を楽しもう。

photo

1928年に中国商人の高永清とワーナー・ブラザーズの創設者の一人、アルバート・ワーナーの出資によって建てられた中国最古の大型映画館。設計はハンガリーの建築家、ラズロ・ヒューデックが手がけ、開館時には梅蘭芳がテープカットを行った。現在も現役の映画館として機能しており、国内外の新作映画を多数上映している。メインホールの収容人数は1,300人。ほか5つのミニシアターがある。出口通路には同館の歴史を紹介する資料も展示されている。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 映画館 歴史建築

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-07-01

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供