閉店・移転、情報の修正などの報告

とってもフランス、そして中国!パリマダムオーナー・レティシアさんが提案するラグジュアリー・ライフスタイル。

こんにちは、上海ナビです。ご存知、泰康路は素敵な雑貨屋さんやブティック、ギャラリーやカフェなどがギュッとつまっていてとても楽しいエリアなのですが、なかでも「Platane」はバツグンのお洒落さで人目を引く存在です。それもそのはず!このお店はパリ出身の女主人・レティシアさんが「ラグジュアリーな中国風雑貨」をテーマに、フレンチテイストのセンスでまとめたライフスタイルショップなのです。
泰康路まで地下鉄で行くなら、1号線「陝西南路」駅で下車。4番出口を出て東に一本歩き、瑞金二路を右折しましょう。

泰康路まで地下鉄で行くなら、1号線「陝西南路」駅で下車。4番出口を出て東に一本歩き、瑞金二路を右折しましょう。

2本目の復興中路の交差点を過ぎると、右手に見えてくるのは瑞金賓館。このあたりは昔フランス租界があったエリアで、瑞金賓館も戦前は「三井倶楽部」だったそうです。

2本目の復興中路の交差点を過ぎると、右手に見えてくるのは瑞金賓館。このあたりは昔フランス租界があったエリアで、瑞金賓館も戦前は「三井倶楽部」だったそうです。

3本目の交差点を過ぎると「泰康路」です。ここまで徒歩20分ほど。

3本目の交差点を過ぎると「泰康路」です。ここまで徒歩20分ほど。

「泰康路」を左折し、ギャラリーなどで有名な「田子坊」を越えてさらに数分歩くと、156号が見えてきます。

「泰康路」を左折し、ギャラリーなどで有名な「田子坊」を越えてさらに数分歩くと、156号が見えてきます。

ありました!今日の目的地、「Platane」は佇まいもお洒落な路面店です。

ありました!今日の目的地、「Platane」は佇まいもお洒落な路面店です。

さっそくお店に入ってみましょう。入り口のディスプレイは、兵馬俑の置物や赤い花びんなど、中国らしいのにフレンチなセンスがたっぷりで、モダンシノワズリそのものです。

さっそくお店に入ってみましょう。入り口のディスプレイは、兵馬俑の置物や赤い花びんなど、中国らしいのにフレンチなセンスがたっぷりで、モダンシノワズリそのものです。

奥には陶器の食器がいっぱい並べられています。青や緑など、デザインもたくさんありますが、ナビはこの赤に釘付けになってしまいました。すべてハンドメイドで、同じデザイン、形のものはひとつとしてないそうです。
赤コレクションのコップをクローズアップ。60元とお手頃価格です。どれもしっかりシノワズリなのに、そこはかとなくフレンチ風なお洒落さが漂っていませんか?
それもそのはず!「Platane」の陶器は、フランス人のオーナー・レティシアさんがデザインを担当し、そのデザインを中国が誇る陶磁器の産地・景徳鎮にある景徳鎮大学の教授に制作を依頼して出来上がった、中国とフランスが融合したオリジナルアイテムなのです。

他にも店内にはハイセンスな雑貨が目白押し!

この陶器のブッダ像って、いかにも欧米人宅のリビングに置いてあるイメージですよね。600元です。エッグシェルのティーカップは150元。カラーバリエーションが豊富です。トラベラーにはうれしいアイマスクはポーチに入って120元。玉(ぎょく)で作ったコースターも全部ハンドメイドで、小さいものは60元、大きいのは150元です。
こんなお洒落なアイテムを作り出すレティシアさんってどんな人?
とムクムク好奇心が湧き出てきたナビ。すると、ナビが来ていることをスタッフから聞いた彼女がなんと駆けつけてくれました!感激~!!

~世界中から集められた、パリマダムセレクトのLUXお洒落雑貨たち~

「こんにちは!日本のみなさんに私のお店が紹介されるなんてうれしいわ」と笑顔で挨拶してくださったレティシアさん。さすがパリ出身、お洒落~。温かい人柄がにじみ出る素敵なフレンチマダムです。

「私、もともとパリで弁護士をしていたのだけど、夫の転勤についてカリフォルニア、ベルギーと転居して、上海には5年前に来ました。上海って、チャンスがいたるところに転がっていて、何でもできると思わせるパワーがあるでしょう?上海に来る前に思い描いていた、中国らしい雑貨……例えば素敵な陶器とか置物とか。でも実際来てみたらなくて。なら作ってしまおうと開いたのが、この”Platane”なのです」

弁護士から駐在マダム、そしてショップオーナーへ。華麗な転身ですが、実はご自宅がインテリア誌に紹介されるほど、彼女は抜群のセンスの持ち主なんです。オーラを感じますよね!

「陶器は私がプロデュースしたオリジナル商品だけど、他にも世界中から取り寄せたお気に入りのセレクトアイテムがたくさんあるの」
こちらのTシャツはオーストラリアからお取り寄せ。最高級エジプシャンコットンを使用した「Juicy Bear」のTシャツは手触りが最高!400元から揃います。

ソープもオーストラリア製。Pome Granate(青りんご)やTangiers Orange(オレンジの一種)など香りもラグジュアリー♪75元です。

英語やフランス語で書かれたインテリアのハードカバー。カードも可愛い!
本は200元から、カードセットは195元です。

2階はフランスの高級ファブリックブランド「Robert le Heros」のショールームになっています。独占契約を結んでいて、中国では「Platane」でしか手に入らないそうです。

800元のバッグは軽いのでガンガン持てそう。小さいポーチは90元からあります。特筆ものはショッピングカート。折りたたむとこんなにコンパクトに!320元。
いかがでしたか?プライベートでは5人のママというレティシアさん。「Platane」のLUXな雑貨たちからは、彼女の豊かなライフスタイルが透けて見えます。彼女のフレンチシノワズリなセンスを手軽に取り入れてみませんか?
以上、上海ナビがお伝えしました。

記事登録日:2009-06-03

ページTOPへ▲

関連タグ: 中国風雑貨

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-06-03

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供