閉店・移転、情報の修正などの報告

人気ブランドショップが勢揃い! 淮海中路でもっともにぎやかなエリアに位置するラグジュアリーモール。

こんにちは、上海ナビです。
街の変化が早く、主要繁華街や商業ビルの人気勢力図が数年ごとに変化する上海。そんななか、2014年現在もっとも人気を得ているのが今日ご紹介するショッピングモール「iapm」です。立地は繁華街・淮海中路でもひときわにぎやかな陝西南路との交差点。入っているショップやレストランも、上海人の20〜30代の人気を徹底リサーチしたようなラインナップです。どんなモールなのか、早速見に行ってみましょう。

「iapm」に行こう!

「iapm」があるのは、地下鉄1、10、12号線「陝西南路」駅エリア。10号線側の駅構内に売場が直結しているのでアクセスも簡単です。
※「陝西南路」駅は1号線と10号線の乗り場が離れています。モールが直結しているのは10号線側の地下コンコースです。
※2015年、地下鉄12号線「陝西南路」駅も開通予定です(2014年11月現在工事中)。
地下鉄10号線側の「陝西南路」駅地下コンコースに入り口が2ヵ所あります 地下鉄10号線側の「陝西南路」駅地下コンコースに入り口が2ヵ所あります

地下鉄10号線側の「陝西南路」駅地下コンコースに入り口が2ヵ所あります

2棟のオフィスビルが目印

2棟のオフィスビルが目印

地上から行く場合はこのビルを目指しましょう。この界隈ではいちばん大きなモールなので迷わないハズ! 周辺の目印を地図で見てみましょう。
ミッドタウン的存在

ミッドタウン的存在

「iapm」基礎知識
正式名称は「上海環貿広場(iapm)」。オープンしたのは2013年です。コンセプトは「夜行商場」。上海唯一の夜型モールで、一部飲食店は24時まで営業(翌2時までのオープンも準備中)。館内の映画館では23時からのレイトショーも人気。若い上海人のライフスタイルに合わせた試みが受けています。建物が建っている場所は、2000年代半ばまで日本人旅行者にもっとも有名だったショッピングスポット「襄陽服飾市場」の跡地。長らく上海を訪れていない方なら、「あの市場がこんなショッピングモールに!?」と驚いてしまうのではないでしょうか。
下層階がショッピングモール、上層階がオフィスビルです

下層階がショッピングモール、上層階がオフィスビルです

深夜までのんびり食事やお酒を楽しめます

深夜までのんびり食事やお酒を楽しめます

それでは早速フロアごとに見ていきましょう〜。
※2014年11月現在の様子です。店舗の入れ替わりや改装なども定期的にありますのでご注意下さい。
※店舗数が非常に多いため、お勧めのお店、目印になるお店のみ掲載しています。

1〜2階:エントランス、ブランドショップ

陝西南路側にメインエントランスがあります

陝西南路側にメインエントランスがあります

まずは1階エントランスから。陝西南路との交差点にメインエントランスがあります。
建物のまわりをぐるりと一周するとこんな感じ。有名ブランドのショップが勢揃いです。
メインエントランスの両脇に「プラダ」と「ミュウミュウ」

メインエントランスの両脇に「プラダ」と「ミュウミュウ」

襄陽南路側に「グッチ」。2015年に上海初のグッチカフェも登場予定

襄陽南路側に「グッチ」。2015年に上海初のグッチカフェも登場予定

「BOSS」

「BOSS」

「ヴェルサーチ」「アップルストア」

「ヴェルサーチ」「アップルストア」

「ヴァレンチノ」「ドルチェ&ガッバーナ」「トッズ」

「ヴァレンチノ」「ドルチェ&ガッバーナ」「トッズ」

入ると巨大吹き抜けが!

入ると巨大吹き抜けが!

館内に入ってみましょう。1階のまんなかには巨大な吹き抜け空間があります。この日は空いていましたが、展示イベントや季節もののオブジェなどが飾られることも。
外側から見えるショップ以外にこんなお店が入っています。高級感満点!
「エトロ」

「エトロ」

「アレキサンダー・ワン」

「アレキサンダー・ワン」

「ウエッジウッドカフェ」

「ウエッジウッドカフェ」

「バレンシアガ」

「バレンシアガ」

「モンクレール」

「モンクレール」

「コーチ」

「コーチ」

3〜4階:カジュアル系ブランドショップ、レストラン

「ツモリチサト」

「ツモリチサト」

3階より上はやや親しみやすい(?)ブランドショップが並んでいます。
「マリメッコ」

「マリメッコ」

手帳の「モレスキン」

手帳の「モレスキン」

「バカラ」

「バカラ」

「無印良品」

「無印良品」

アウトドア用品「コロンビア」

アウトドア用品「コロンビア」

中国茶「福茗堂」

中国茶「福茗堂」

上海料理「老吉士」

上海料理「老吉士」

和食「千両」

和食「千両」

海鮮料理とステーキ「MORTON'S」

海鮮料理とステーキ「MORTON'S」

在住日本人の間でも大人気の「利苑」

在住日本人の間でも大人気の「利苑」

この2フロアにはナビお勧めの中華レストランが3店舗あります! 一つ目は、在住日本人の口コミ人気も高い広東料理店「利苑」。ホテル内の高級中華料理店のような、高級感あふれる空間で絶品の点心や海鮮料理を味わうことができます。二つ目は「iapm」内で1、2の人気を競う大行列店「稲香」。こちらの点心もナビ個人的にイチ押し! 三つ目はお馴染み「鼎泰豊」。日本人旅行者が安心して食事できるレストランの代表格ですよね。
地元上海人に爆発的人気の「稲香」

地元上海人に爆発的人気の「稲香」

旅行者的にはここ?「鼎泰豊」

旅行者的にはここ?「鼎泰豊」

5〜6階:レストラン、シネコン

上海のショッピングモールはどこもレストランに非常に力を入れています。「iapm」は、各フロアに少しずつ飲食店を配置。それプラス、上層階の2フロアを全部レストラン街にしています。人気店多数! 日本の味にも出会えます。
日系カレーショップ「シロクマカレー」

日系カレーショップ「シロクマカレー」

小籠包「楽新皇朝」

小籠包「楽新皇朝」

東南アジア料理「グレイハウンド」

東南アジア料理「グレイハウンド」

和食「炙丸」

和食「炙丸」

湖南料理「古意」

湖南料理「古意」

イタリアン「GALA:2」

イタリアン「GALA:2」

ステーキ「THE CUT」

ステーキ「THE CUT」

とんかつ「銀座梅林」

とんかつ「銀座梅林」

I MAXシアター「PALACE」

I MAXシアター「PALACE」

「BANG」

「BANG」

とにかく行列店が多い「iapm」内のレストラン。にぎやかすぎるのを避けたいときや、並ぶ時間がないときにナビがよく利用するのはこちらのお店。カフェを併設するレストラン「BANG」です。一人でも気軽に利用できて何より静か。パスタやピザも本格派です。
また、6階の北側のテラスを出ると7階への屋外エスカレーターがあります。現在工事中ですが、7階には屋上庭園ができるとのこと。テラス席メインのレストランやカフェもまだ増えるみたいです。楽しみですね(2014年11月現在)。
屋上へのエスカレーター

屋上へのエスカレーター

階下の「THE CUT」の屋上席のみできています(2014年秋現在)

階下の「THE CUT」の屋上席のみできています(2014年秋現在)

地下1〜2階:スーパーマーケット、飲食店、カフェ、カジュアルファッション、雑貨、コスメ

輸入食材満載のスーパー「シティスーパー」やテイクアウトできるスイーツショップ、ベーカリーなどが豊富に揃う「iapm」の地下。魅力的なショップが詰まっています。
「シティースーパー」

「シティースーパー」

雑貨、コスメ「Life」

雑貨、コスメ「Life」

ベーカリー「リトルマーメイド」

ベーカリー「リトルマーメイド」

「ジュリーク」ほかコスメ店多数

「ジュリーク」ほかコスメ店多数

「UGG」

「UGG」

「ビームス」

「ビームス」

「マウジー」

「マウジー」

カバン「ポーター」

カバン「ポーター」

「HI PANDA」

「HI PANDA」

雑貨「HAPPY Salt」

雑貨「HAPPY Salt」

「H&M」

「H&M」

ラーメン「一風堂」

ラーメン「一風堂」

チョコカフェ「オーフリー」

チョコカフェ「オーフリー」

茶餐廳「港麗餐廳」

茶餐廳「港麗餐廳」

ショップ付きカフェ「STAYREAL」

ショップ付きカフェ「STAYREAL」

家族でのんびりブランチなら「KABB」!

家族でのんびりブランチなら「KABB」!

地下のナビお勧め店はこの三つ。一つ目は地元上海人に大人気の中華レストラン「金牌外婆家」です。おばあちゃんの味を再現した料理の数々はリーズナブルで美味! 洋食なら、ブランチやお酒も楽しめるアメリカンスタイルのカフェバー「KABB」へ。ちょこっと小腹を満たすなら、シンガポール発のカヤトーストカフェ「TOAST BOX」へ。ここ、コーヒーがチェーン系カフェより安いのでナビもよく利用してます。
食事時は大行列ができる「金牌外婆家」

食事時は大行列ができる「金牌外婆家」

ひと休みなら「TOAST BOX」

ひと休みなら「TOAST BOX」

番外:「iapm」の人気の秘密はここ!

ナビも個人的によくショッピングや食事で立ち寄る「iapm」。今回改めて隅々まで歩いてみて「ここがほかのモールと違う!」と思ったことをまとめてみました。
館内での写真撮影もOK

館内での写真撮影もOK

建物のデザインが斬新
館内には思わず見とれてしまうような設計のフロアがいっぱい。デザインをバックに記念写真を撮っている人もいたりします。写真撮影自体禁止しているモールが多いなか、「逆に撮って下さい」という感じのおおらかな雰囲気。休憩スペースが多いのも魅力です。
こんな空間にバーが

こんな空間にバーが

休憩スペースも個性的

休憩スペースも個性的

スケルトンのエレベーター

スケルトンのエレベーター

夜はLEDライトが光ります

夜はLEDライトが光ります

淮海中路を見下ろすテラス
ショッピングモール内なのに広々としたテラス席があって、開放的な気分で食事やお茶が飲めるのは「iapm」だけかも。眼下には淮海中路が、遠くには南京西路のビル街が見えます。気候のいい時期に、建物の北側のレストランを選んで利用してみて下さい。
各フロアの淮海中路側レストランにはテラスがあります

各フロアの淮海中路側レストランにはテラスがあります

下の緑は「襄陽公園」。遠くに南京西路のビル群が

下の緑は「襄陽公園」。遠くに南京西路のビル群が

トイレがきれい!
手を洗うスペースに大きなソファを設置。各トイレに随時掃除係がいるのでいつもピカピカです。しかも個室数が多いので、「iapm」ではトイレで並んだ記憶がありません! また、男女のトイレとは別に乳幼児用の授乳、おむつ替えルームも用意されています。
広くてきれい。子ども連れも安心 広くてきれい。子ども連れも安心

広くてきれい。子ども連れも安心


いかがでしたか? 2014年11月現在、地下に直結する予定の地下鉄12号線と、オフィス棟の一部、屋上の庭園がまだ工事中の「iapm」。オープンしてまだ1年で、しかも未完成なのにこれほど集客力のあるモールは上海でもめずらしいと思います。ぜひ皆さんも、食事やお酒、ショッピングに、「iapm」を利用してみて下さい。
以上、上海ナビがお伝えしました。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2014-12-03

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-08-10

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供