スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ショッピング 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


Brocade Country

ブロケード・カントリー

閉店・移転、情報の修正などの報告

美しい刺繍と銀細工。上海にいながらにして、貴州省に暮らす少数民族・苗族伝統の文化に触れてみよう!

こんにちは、上海ナビです。
中国の広~い国土には、56もの民族が暮らしていることをご存じですか? そのうち94%は漢民族ですが、残りの6%は55の少数民族。中でも中国南部の貴州省は、多くの少数民族が暮らす土地として有名です。今日ご紹介する「Brocade Country」は、貴州省の苗族を中心に、少数民族に代々伝わる工芸品を扱う専門店。苗(ミャオ)族の女性たちが紡ぐ豪華な刺繍や織物、そして繊細な銀細工の数々に、現代風アレンジを効かせた、洗練された品揃えです。オーナーは日本語勉強中のきさくな苗族姉妹。上海にいながらにして、伝統と洗練がミックスする貴州省にトリップできる「Brocade Country」に早速GO!
「Brocade Country」へ行くには、地下鉄2号線「静安寺」駅で下車します。5番出口から地上に出て、華山路を静安公園沿いに南に5分、300mほど歩いた後、巨鹿路で左に曲がります。
緑の並木道が鮮やかな巨鹿路は、お洒落なブティックやレストランが散在しているエリアです。のんびり散策する気分で10分、600mほど歩いていくと、2本目の襄陽路との交差点に・・・ありました、「Brocade Country」!美しい刺繍がほどこされた民族衣装のディスプレイが人目を引いています。
店内は赤を基調とした内装に、銀小物や刺繍細工などが美しく映えるよう展示されています。オーナーの劉さんがお出迎えしてくださいました。赤い衣装が素敵な、きさくな女の子です。ただいま日本語を勉強中!
「Brocade Country」とは「織物・刺繍の国」という意味で、中国南部は貴州省に暮らす少数民族・苗族の衣装や小物を主に扱っています。オーナーの劉さんご自身もお母様が苗族で、このお店は2005年に、お姉さんと一緒に始めたそう。ちなみにお姉さんは英語堪能です。
「貴州省は少数民族が多く暮らす田舎で、独特の風俗が色濃く残る土地です。このお店は、苗族など貴州省の工芸品を上海人や外国人に紹介したくて始めたんです。私たち自身が苗族出身なので、単にお土産物を売るのではなく、文化や風俗のストーリーも一緒にご紹介できるのが自慢かな」
入口には貴州省苗族の写真がたくさんディスプレイされています。豪華な銀細工の冠や装飾、そして手の込んだ刺繍の衣装が、漢民族とは一線を画してますよね!
それでは早速店内を見ていきましょう。どれも苗族独特の工芸品ながら、現代風にアレンジされていて洗練されています。この織物、タペストリーにしたらすごく映えそう~。なんと、もともとは掛け布団に使われていた織物と聞いてびっくり!1200~1600元です。
こちらは赤ちゃんのおんぶひもや衣装の一部を額装したものです。中には骨董価値のあるものも。200~1000元です。蝶の刺繍がキュートなクッションカバーは480元。もう少し手頃なものでは、機械刺繍のポシェットや小物入れも人気です。30元程度で手に入ります。
掛け布団やおんぶひもにも、こんな複雑で美しい刺繍をほどこすなんてすごいですよね。どうして刺繍がこんなに発達したのかというと、苗族にはもともと文字がなく、人々は思いを刺繍で表現したからだそうです。特に苗族の祖先とされる蝶や、守護神の鳥はモチーフによく使われます。
さてもう一つの重要工芸品・銀細工も豊富に揃います。純銀のイヤリングは158元~、かんざしは62元~。中にはイヤリングだったものをネックレスにアレンジしたものなどもあり、オーナーのセンスが光ります。どれも背景には苗族のストーリーが込められているので、お気に入りを見つけたらぜひ背景を聞いてみてくださいね!
それではお店の奥の部屋に入ってみましょう。値の張りそうなものがたくさん並べられていて、なかなか重厚な雰囲気です。
左側の緑の衣装は1000元、右側のワインレッドの方は3000元です。青地に赤の刺繍のコントラストが美しい衣装は1000元。
スカートのコレクションもありました。こちらならTシャツやセーターに合わせて実際着用できそう!もちろんどれも凝った刺繍がゴージャスです。
紺地の方は380元、スカイブルーは480元です。
オーナーがお母さまから受け継いだ、代々伝わる大型銀装飾もディスプレイされていましたが、ならわしで写真撮影できないそうで残念。ぜひお店でチェック!苗族では男の子は田畑、女の子は銀細工を受け継ぐんですって。美しい伝統ですよね。

いかがでしたか? 漢民族とは一味違う貴州省・少数民族の文化。美しい刺繍や銀細工に、中国の幅広さを実感しました。オーナーはとってもフレンドリーで、商品の裏に息づくストーリーを日本語で親切に教えてくれますよ。ナビも思わず貴州省に旅行に行きたくなりました!
以上、上海ナビがお伝えしました。

記事登録日:2009-10-07

ページTOPへ▲

関連タグ: 民族衣装 ミャオ族

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-10-07

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

上海マダムが教える! おすすめ上海土産

上海マダムが教える! おすすめ上海土産

「定番」よりも「喜んでもらえる」をセレクト! 品質、日本人受け、上海らしさをポイントに太々(タイタイ)が選んだ上海土産をご紹介♪