静安賓館

ジンアンホテルJIN AN HOTEL静安宾馆

閉店・移転、情報の修正などの報告

地下鉄2号線「静安寺」駅から徒歩約10分、閑静な旧フランス租界にありながら観光にも便利な立地の4つ星クラシックホテル。

こんにちは、上海ナビです。今回は地下鉄2号線 「静安寺」駅 から徒歩約10分、旧フランス租界地の趣を残す華山路沿いに建つ4つ星クラシックホテル 「静安賓館 (ジンアンホテル)」 をご紹介します。

スペイン王宮を模して1925年に造られたというこの建物は、租界時代に外国人専用マンション 「海格公寓」 として、また解放後には共産党機関のオフィス等として使われてきた上海の有名歴史建築の1つ。約3,000㎡の緑の芝生の背後に建つレンガと白壁の外観が何ともゆったり上品で、そのまた後方に建ち並ぶ他のホテル群とはまた一味違う味わい深い世界が広がっています。では、さっそくホテル内へとご案内いたしましょう!

~ホテル フロア別案内~

9~10階 レストラン 「哥倫布餐庁」
3~8階 客室
2階 ロビー、ロビーバー、レストラン 「Madrid」、ビジネスセンター、ギフトショップ、フィットネスセンター

ホテル施設は階段を上って2階から始まります。階段から入り口ドアまで、そしてロビー内、中に入ると外観からは分からない租界時代の趣をいたるところに感じますよ。

■ 客室紹介

ホテル主楼に用意される客室は 「スタンダード」 から 「デラックススイート」 まで合計6タイプの客室が約110部屋ほど用意されています。また、新しく建てられた6階建ての新楼は 「スタンダードルーム(約20㎡)」 のみの展開で (約100部屋)、主楼のような風格には欠けますがお値段はかなりリーズナブルに抑えられますよ。

客室グレード                                                                    面積
主楼
① スタンダード ルーム (Standard Room)                                                 約 28㎡
② デラックス ルーム (Deluxe Room)                                                      約 28㎡
③ エグゼクティブ ルーム (Executive Room)                                             約 38㎡
④ スイートルーム (Suite)                                                                    約 34㎡
⑤ スーペリア スイート (Superior Suite)                                                    約 48㎡
⑥ デラックス スイート (Deluxe Suite)                                                      約120㎡

副楼 <静賓新楼>
① スタンダード ルーム (Standard Room)                                                 約 20㎡
※基本的にダブルルームにはパソコンがあるそうですが、必要な方はご予約の際に再度ご確認ください。

しかし、静安賓館に宿泊するなら言うまでも無く主楼がオススメ! 今回は、主楼から4タイプの客室をご紹介いたします。

8511号室 / Standard Room (約28㎡)

主楼で最もリーズナブルに宿泊するなら、こちら 「スタンダードルーム」 です。ツインタイプの客室は、ベッドも各シングルサイズで小さめですが、客室自体の広さは十分あります。客室からは中庭も見渡せますよ。
スタンダードルームと言えども、基本の客室アメニティはしっかり揃っていますよ。アイロンや雨傘もちゃんと用意されています。
バスルームはやや旧来型の浅めのバスタブに固定シャワーが取り付けられたものです。お湯に浸かるにはあまり向きませんが、清潔感も保たれているので使い心地はまずまずだと思います。
バスアメニティ類は基本的に全客室共通のものが揃います。シャンプーやバスフォームはありますが、リンスなどはありません。特に女性の方はシャンプーとリンスの持参をオススメします。

8603号室 / Deluxe Room (約28㎡ )

次にご紹介する 「デラックスルーム」 は、客室ドアを開けると最初にロッカーや飲料水の用意されるシェルフがあり、その先にメインルームがあります。室内の広さはスタンダードと変わりませんが、デスクにはパソコンも用意されているので何かと便利そうです。
客室入り口ドア付近には、このように客室備品が用意されています。
バスルームはメインルームの一番奥にあります。内部の設備はスタンダードルームと同じものになっています。
この客室からも、先ほどのスタンダードルーム同様に中庭の景色が楽しめます。

8407号室 / Executive Room (約38㎡)

こちら 「エグゼクティブルーム」 は、クラシックホテルならではの往年の雰囲気が室内デザインで味わえますよ。ベッドやデスクなどの家具類も、1930年代的な要素を多分に残しています。窓際のサンルーム的な空間も滞在中に活用したいですね。
デスクにはパソコン、テレビなどが配置されているためビジネス用途にはやや狭く感じるかもしれませんが、旅行滞在でインターネットをチェックする分には十分。ティーセットなどの備品は窓際の空間に用意されています。
バスルーム内の設備は先にご紹介してきた客室と変わりません。写真には写っていませんが、こちらのシャワーヘッドも固定式です。
こちらも南向きの客室で、窓の外には中庭の景色が望めます。

8201号室 / Deluxe Suite (約120㎡)

最後にご紹介するこの客室は、リビングルームとベッドルームの2部屋に分かれた 「デラックススイート」 です。リビング空間は大きめのソファやデスクが用意され少々かたい印象ですが、奥のベッドルームは爽やかな印象ですよ。
こちらもベッドルーム脇には、日当りの良い窓際の空間が用意されています。この客室は2階なので窓からの眺めはあまり良くはありませんが、ここにはデスクやティーテーブルなども用意されているので心地よく過ごせますよ。
ベッドルーム脇のクローゼットに用意される備品や飲料類などの用意は、他の客室と共通しています。
この客室のバスルームには、他の客室同様のバスタブ&シャワー設備の他に、専用のシャワーブースが用意されています。

【客室共通備品】
各部屋、TV/電話/冷蔵庫/ティーセット/ポット/ミニバー/スリッパ/バスローブ/目覚まし時計/傘/セーフティーボックス/インターネット設備が完備されています。
【浴室共通備品】
石鹸/歯ブラシ/シャンプー/シャワージェル/コーム/シャワーキャップ/ドライヤー/体重計などが用意されています。

■ ホテル内付帯施設

◎ ロビーバー (2階)  
営業時間 8:00~深夜0:00

◎ レストラン 「Madrid」 (2階)  
営業時間 7:00~10:00、11:30~14:00、17:30~22:00
こちらのレストランでは朝食サービスも行われています。

◎ ビジネスセンター (2階)  
営業時間 24時間
ファックスやコピー、インターネットの利用が可能です。

◎ ギフトショップ (2階)  
営業時間 8:30~20:30

◎ フィットネスセンター (2階)  
営業時間 24時間

◎ レストラン 「哥倫布餐庁」 (9~10階)  
営業時間 8:00~深夜0:00
揚州料理のレストランは地元っ子にも人気。お薦めメニューは 「水晶蝦仁 (河エビの塩炒め)」 「揚州紅焼獅子頭 (揚州風肉団子)」 「佛跳墻 (海鮮の蒸しもの)」 などです。
ホテル内にはヨーロピアンスタイルの会議施設も用意されています。

■ 周辺情報

◎ 上海蟹・海鮮料理レストラン 「上海漁亭」
ホテルから歩いてすぐの場所にある、各種海鮮料理が自慢のお店。新鮮な上海蟹をふんだんに使ったフルコースが298元 (1人) と破格のお値段で楽しめます。
住所: 華山路325号
電話: (021) 6279 4777
営業時間: 11:00~22:00

◎ 火鍋レストラン 「鍋比盆大」 
台湾発、大人気のカレー火鍋が美味しい具で楽しめる大人気のモダン火鍋ダイニングです。上のお店の並びにあります。
住所: 華山路301-1号
電話: (021) 6249 8877
営業時間: 11:00~翌3:30

◎ カフェバー 「ARCH」
華山路から常熟路へと南下していくと、気軽に入れるアーティスティックなカフェバーがあります。軽食が食べたいときにも便利。
住所: 常熟路115号
電話: (021) 5403 2125
営業時間: 7:30~深夜1:30 (月~金)、9:00~深夜2:00 (土日)

◎コンビニ 「好徳」
ホテルのある住宅地のゲートを出て華山路に出ると、左手にコンビニがあります。

記事登録日:2009-02-10

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-02-10

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供