閉店・移転、情報の修正などの報告

豫園近くに位置する四合院建築の小さなお寺。昔ながらの庶民の生活に溶け込んだお寺文化を見に行こう。

photo

1869年に建てられた庶民派寺院。江南地方の四合院式建築が特徴的な小さなお寺で、近隣に住む人たちがお参りに訪れている。入場料は10元。入り口の売店では野菜入りの饅頭、焼売などが一つ1元から売られており、朝ご飯を買い求めにくる人も。また、葬儀時に燃やす紙のお金や家など、中国ならではの葬儀グッズが売られているのも興味深い。周辺には石庫門の民家など上海の昔ながらの街並が残っているので、豫園観光のついでにぜひ散策を。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 榛岺街

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-03-28

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供