耦園  (蘇州)

オウユエン耦园

閉店・移転、情報の修正などの報告

本と詩を愛する夫婦が住んだ隠れ家的庭園。運河沿いの路地裏に佇む古典園林を散策しよう。

photo

蘇州の地下鉄1号線「相門」駅から延びる通り・倉街エリアの古典園林。世界遺産の蘇州園林のなかの一つで、1876年に造られた。持ち主は清代の蔵書家・沈秉成。最愛の妻とともに過ごす私邸として造られたため、数ある蘇州の庭園のなかでももっともロマンチックなデザインといわれる。建築物や、屋内に飾られた書画など専門家の評価も高い。観光客が少なく静かに散策できるのも魅力。入場料は夏季25元、冬季15元。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-05-23

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供