ジンマオタワー(金茂大厦)88階展望台

Jin Mao Observatory 88金茂大廈 金茂88层观光厅

閉店・移転、情報の修正などの報告

全長420.5mの上海有数の超高層ビル。88階(地上340.1m)の展望台から上海を一望!秒速9mの超高速エレベーターや、最上階から見下ろすグランド・ハイアットホテルの吹き抜けも目玉です!

こんにちは、上海ナビです。
今回ナビがやってきたのは、浦東新区にある超高層ビル 「金茂大廈 ジンマオダーシァ (ジンマオタワー)」 の展望台! ここは、88階 (地上340.1m) の高さから上海を一望できる格好の展望スポットなんですよ。
まず金茂大廈 (ジンマオタワー) について簡単にご説明しましょう。金茂大廈は、ポストモダン風の目を引くデザインもさることながら、台風や地震に備え先進的な構造設計技術が用いられており、マグニチュード7の地震にも耐える設計になっているそう。
そして、全体の高さはなんと420.5m! ビルの50階まではオフィス、51・52階は機械室、53階~87階は5つ星ホテルの 「グランド・ハイアット上海」 が入っています。また、89階~93階 (尖塔部分) には機械室があり、一般人は立ち入り禁止です。

地上340.1mを目指して

「世紀大道」に建つ金茂大廈は、オフィス、ホテル、展望フロアへの入り口がそれぞれ異なります。本日のお目当ての展望フロアへは、15号口から入りますよ! 近くには噴水があります。
建物内部に入ったら、ホールにあるエスカレーターで地下1階へ降ります。展望フロアに登るためのエスカレーターは、地下にあるんですね!
地下1階には、ギフトショップやレストランなどがあります。
エスカレーターを降りたところの反対側にチケットオフィスがあります。チケットをゲットしたら、チケットオフィスすぐ近くのエレベーター乗り場へ。エレベーターに乗る前に、セキュリティチェックを通過してくださいね。
セキュリティチェックをクリアしたら、エレベーターの待合いルームへ。壁には世界中の超高層ビルが紹介された電光パネルがあるので、待っている間も退屈に感じなくていいですね。
三菱電機製の超高速エレベーターはなんと秒速9mのスピードで上昇! わずか45秒で頂上へ到着するんですよ。とはいっても全くといっていいほど揺れが無いので、恐怖感ゼロ!あまりにも静かな運転なので、本当に動いているのかな?とさえ思ってしまったほどですが、ナビは若干耳がキーンとしたような気がしました。エレベーターのドアの上には、現在のフロア数と地上何mにいるのかが表示されますよ。

展望フロアに到着!

あっという間に最上階に着きました!
エレベーターを降りると、目の前には東方明珠塔 (テレビタワー) が! 今日はあいにくの曇り空で残念ですが、大きな窓から見渡せる景色は圧巻! 窓の上部には、ここ(ジンマオタワー)から各都市までの距離が示されていますよ。ちなみに、公里とはkmのことです。
ここから1700km先は、東京ですって! 空が青く晴れ渡った日にタワーに上るのはもちろん素敵ですけど、こんな霧がかった景色もなかなか風情があるかも?
それにしても、下の方を見下ろすと、人や車の小さいこと小さいこと! 豆粒サイズってやつですね。展望フロアから、見覚えのあるホテルやビルを発見するのも楽しい!
高層ビルのてっぺんにあるヘリポートや、規則的に並ぶ集合住宅の光景を上から見られる機会もなかなかありませんよね。やっぱり面白い!
遠くまで見渡したい!そんな願望をかなえてくれるのがこの望遠鏡。1元硬貨を入れると、1分間景色を眺めることができますよ。

■ 見所はまだまだたくさん!

金茂大廈のお隣にある現在建設中のビル 「上海環球金融中心 (通称 上海ヒルズ)」 が、間近に見えました! 見た目にはほぼ完成しているようですが、最上部に近い台形の空洞部分には、なんとクレーン&人の影が。あんな高~いところで作業するなんて…怖くないんでしょうか?
右が金茂大廈 (420.5m) で、左が上海環球金融中心 (492m) です。上海環球金融中心が完成したら、台湾の 「台北101」 に続く世界第2位! 大陸ではもちろん1番の高さに輝くそうですよ。このエリアには、数年後にはもう1つ高層ビルができる予定で、またまた世界ランキングの順位が入れ替わることになります。
展望フロアの中央部分では、観光客らしき人たちが階下を見つめてなにやらエキサイトしています。
ナビも行ってみることにしました!
どひゃー! グランドハイアットホテルの吹き抜け部分が丸見え! この世界最大級の円筒形のアトリウムは、みなさんもガイドブックなどで目にしたことがあるのでは? 一寸の狂いもなく連なってみえる回廊をずっと見ているとなんだかクラクラしてきますが、この景色は上海を一望できるのと同じくらい価値があるな!と思ったナビでした。

■ 展望フロアには何があるのかな?

展望台から眺められる景色をひととおり堪能したら、お次は展望フロア探検といきましょう。ちなみにこの展望フロアの面積は1520平方mで、1000人収容可能なんだそうです。

ポストオフィス
“ 空中郵便局 ” を発見! ポストもありましたよ。金茂大廈仕様のオリジナル切手やポストカードなどが売られています。

ギフトショップ
展望フロアには、ギフトショップもたくさんありますよ。
国籍を問わず、多くの人でにぎわっていたキーホルダーコーナー。押すとライトがつくキーホルダーのモチーフは、もちろん金茂大廈!
お店の人に、一番人気のお土産は何か聞いてみると、中国タバコという答えが返ってきました。金茂大廈とは何の関係もないような気がしますが、「これ、地上340.1mで買ったタバコなんだよ」 と言われたら、なんとなく有り難味も増します…かね?
タワー3連発! 左から 「超大金茂大廈模型」 30000元! 「水晶金茂」 2200元! 「金茂水晶模型」 398元!
ギフトショップの一角では、上海万博オフィシャルグッズも販売されていました。展望フロアの壁には、上海万博にまつわる案内がボードに書かれているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

その他、いろいろ
記念撮影コーナーや記念メダル、そしてなぜか真珠などの宝石販売コーナーも。
金茂大廈の歴史 (建設計画から竣工までの歩み) コーナーもありました。そのほかにも、コーヒーやケーキが食べられるカフェ、トイレもちゃんとありますよ。
タワー見学はこれにて終了! またエレベーターに乗って地下一階まで降ります。いようと思えばいつまででもいられますが、大体みなさん30分くらいで満足して帰られるそうですよ。
地上340.1mから見下ろす景色がなかなかなのはもちろん、グランドハイアットのアトリウムの景観や、揺れのない超高速エレベーターも目玉だと思いました。超高速ビルが立ち並ぶ大都会上海ですが、高いところから上海を一望したい!という方は、ジンマオタワーも選択肢のひとつに入れてみてくださいね。以上、上海ナビがお伝えしました。

■ 周辺情報

「 天萃庭( PARADISE GARDEN ) 」 <br>
金茂大廈・別館の 6 階にある上海料理、広東料理、香港式点心など幅広いメニューが楽しめるレストラン。お店へは、 15 号口を入ってすぐに右折し、ガラスのエレベーターに乗っていきます。

「 天萃庭( PARADISE GARDEN ) 」
金茂大廈・別館の 6 階にある上海料理、広東料理、香港式点心など幅広いメニューが楽しめるレストラン。お店へは、 15 号口を入ってすぐに右折し、ガラスのエレベーターに乗っていきます。

「 東方明珠塔 」<br>
上からそれぞれ地上 350 m、 263 m、 90m の 3 つの球(展望フロア)があり、どこへ登るかで、入場チケットの価格が異なります。金茂大廈と登り比べをしてみるのも面白いかもしれませんね。

「 東方明珠塔 」
上からそれぞれ地上 350 m、 263 m、 90m の 3 つの球(展望フロア)があり、どこへ登るかで、入場チケットの価格が異なります。金茂大廈と登り比べをしてみるのも面白いかもしれませんね。

記事登録日:2008-06-19

ページTOPへ▲

関連タグ: 金茂大廈 金茂大厦

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-06-19

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

上海三大展望台☆大比較

上海三大展望台☆大比較

登るならココ! 上海を代表する展望台3ヵ所<東方明珠、金茂大厦、上海環球金融中心>の高さ、眺め、お土産、見どころを徹底チェック! 

上海環球金融中心 (森ビル)

上海環球金融中心 (森ビル)

2008年8月末にオープンした上海の新名所、標高472mの100階展望台から上海市内を鳥瞰!

東方明珠塔

東方明珠塔

アジアで1番、世界でも3番目に高い、上海を見守るランドマークタワー!