閉店・移転、情報の修正などの報告

淮海中路のラグジュアリーなショッピングモール。人気レストランとショップがアートな空間に大集合!

こんにちは、上海ナビです。
巨大な商業ビルが各エリアに登場している上海。人気の入れ替わりもさらに激化している昨今ですが、そんななか、いつもにぎわっているのはショッピング空間としてのおしゃれなひと工夫と、「中国人向け」ではなく世界を視野に入れた店舗のラインナップがあるモールでしょうか。今日ご紹介する「K11」も、人気の条件を満たした個性派商業ビルです。見てまわるだけでも気分的に充実する、ナビイチ押しのショッピングモールなんですよ。

「K11」に行こう!

「K11」があるのは、地下鉄1号線「黄陂南路」駅エリア。地下の駅構内に売場が直結しているのでアクセスも簡単。
「黄陂南路」駅2号出口の逆側に、

「黄陂南路」駅2号出口の逆側に、

「K11」の入り口があります

「K11」の入り口があります

地下2階に直結

地下2階に直結

地上から行く場合はこのビルを目指しましょう。遠くからでも目立つので迷わないはず。徒歩圏内には、南側に「新天地」、北側に「上海博物館」があります。観光中に立ち寄るのも便利な場所ですよね。
淮海中路沿いにあります

淮海中路沿いにあります

「K11」基礎知識
正式名称は「K11購物芸術中心(K11 Art Mall)」。オープンしたのは2013年です。もともとあまりパッとせず閑散としていたオフィス棟付きのショッピングモール「香港新世界広場」を大胆にリノベーションして誕生しました。運営しているのは香港系のデベロッパー。上海市内で「巴黎春天(プランタン)」をチェーン展開している会社だそう。主な客層は周辺オフィスで働く若いOLさん。高級ブランドの店舗もありながら、「はなまるうどん」などカジュアルなお店も入っています。
それでは早速フロアごとに見ていきましょう〜。
※2014年11月現在の様子です。店舗の入れ替わりや改装なども定期的にありますのでご注意下さい。

1〜2階:エントランス、ブランドショップ

正面入り口です

正面入り口です

まずは1階のエントランスから。
正面入り口の向かって右手には「バーバリー」「クロエ」「マックスマーラ」が、左手には「ドルチェ&ガッバーナ」が入っています。各店舗とも2階建て。2階フロアからもお店に入ることができます。
東側側面に「クロエ」「バーバリー」

東側側面に「クロエ」「バーバリー」

入り口右に「マックスマーラ」

入り口右に「マックスマーラ」

左手に「ドルチェ&ガッバーナ」

左手に「ドルチェ&ガッバーナ」

入り口を入ったところ

入り口を入ったところ

エントランスを入ってみましょう。「C」字型のモールなので、中庭のような空間があります。真ん中には地下売場へのエスカレーターが。入り口はオブジェみたい。夜もきれいなんですよ。
見上げてみました(高層ビル部分はオフィス棟です)

見上げてみました(高層ビル部分はオフィス棟です)

中央にあるのは地下売場へのエントランス

中央にあるのは地下売場へのエントランス

1〜2階のフロア内はこんな感じ。先ほどご紹介したブランド店のほか、以下のお店が入っています。
外側から見えた各ブランドショップが入っています

外側から見えた各ブランドショップが入っています

「ブルーノマリ」

「ブルーノマリ」

「ヴィヴィアン・ウエストウッド」

「ヴィヴィアン・ウエストウッド」

香港発のカフェ「コヴァ」

香港発のカフェ「コヴァ」

オフィス棟への入り口

オフィス棟への入り口

入って右手奥にエスカレーター

入って右手奥にエスカレーター

3〜4階:レストラン

タパスレストラン「Azul」

タパスレストラン「Azul」

日本でもショッピングモールの集客には人気レストランが欠かせませんが、食にこだわる人が多い上海ではさらに重視されているよう。「K11」は2フロアぶち抜きでグルメ街を設置! しかもモール内の飲食店とは思えないほど各店舗が広く、客席もゆったりしていて、インテリアも個性的なんです。ナビ的に、お勧め店は「全部!」かも。
和食「阿吾羅」

和食「阿吾羅」

茶餐廳「Charme」

茶餐廳「Charme」

カフェレストラン「Cereb de TOMATO」

カフェレストラン「Cereb de TOMATO」

タイ料理「home」

タイ料理「home」

イタリアン「PIZZA EXPRESS」

イタリアン「PIZZA EXPRESS」

チョコカフェ「九点半」

チョコカフェ「九点半」

お馴染み「がってん寿司」

お馴染み「がってん寿司」

お馴染み「はなまるうどん」

お馴染み「はなまるうどん」

一角に「グリーンマッサージ」

一角に「グリーンマッサージ」

「THE URBAN HARVEST」

「THE URBAN HARVEST」

なかでもお勧めなのがこちらのお店。3階にある「THE URBAN HARVEST」です。ビル内に菜園があり、そこで採れた安全な野菜だけを使用するというこだわり店。家族連れに大人気です。
「鴻星薈」

「鴻星薈」

高級中華をのんびり味わうなら「鴻星薈」がお勧め。香港発の海鮮料理店です。フカヒレ、アワビ、ロブスターなどを使った高級中華と、かわいらしい創作点心を揃えています。

6階:空中庭園

入り口です

入り口です

5階以上は事務所、駐車場として利用されている「K11」ですが、6階だけ「空中庭園」として開放されています。ナビが訪れたこの日はみごとな秋晴れ。しばしぼーっと過ごすことができました。一角には、人気レストラン「element fresh」管轄の屋外バーがあるんですよ。夜景とともにお酒を楽しめます。
夜景もお勧めです! 新天地付近のビル街を一望〜

夜景もお勧めです! 新天地付近のビル街を一望〜

自由に散策できます

自由に散策できます

庭園から見た1階エントランス

庭園から見た1階エントランス

6〜7階の屋内部分が駐車場です

6〜7階の屋内部分が駐車場です

地下1〜2階:カフェ、ファッション雑貨、美容、カルチャー

地下へ

地下へ

地下鉄の駅から行く場合は、地下2階から入店することになります。ナビは先ほどご紹介した1階エントランスからエスカレーターで地下へ降りてみました。カジュアルなお店が揃っています。
地下1階にはこんなお店があります。美容関連のお店も充実♪
カフェ「BAKER&SPICE」

カフェ「BAKER&SPICE」

上海発の雑貨店「YAANG Life」

上海発の雑貨店「YAANG Life」

フランス系ヘアサロン「フランクプロポー」

フランス系ヘアサロン「フランクプロポー」

スポーツ系カジュアルアイテムのセレクトショップ「MIXTRA」

スポーツ系カジュアルアイテムのセレクトショップ「MIXTRA」

「RED VALENTINO」

「RED VALENTINO」

インテリア雑貨「LOL」

インテリア雑貨「LOL」

地下2階はこんな感じ。おやつ系の飲食店もあります。
カフェ「COSTA」

カフェ「COSTA」

メガネ「JiNS」

メガネ「JiNS」

料理教室「ABCクッキングスタジオ」

料理教室「ABCクッキングスタジオ」

アロマショップ「Neroly」

アロマショップ「Neroly」

カフェ「MEX&CO」

カフェ「MEX&CO」

ドリンクスタンド「Miss Milk」

ドリンクスタンド「Miss Milk」

ドラッグストア「Watsons」

ドラッグストア「Watsons」

日系セレクトショップ「Collect Point」

日系セレクトショップ「Collect Point」

靴のセレクトショップ「C.P.U.」

靴のセレクトショップ「C.P.U.」

地下3階:アートスペース

地下3階へのエスカレーター

地下3階へのエスカレーター

「K11」の特徴の一つは、地下に大型アートスペースを備えているところ。現代アートからモネなどの印象派の作品を展示する企画展など、幅広く見応えのあるイベントを開催しています。ナビが訪れたこの日は、韓国の現代デザイン展を開催していました。
ギャラリーというよりも本格的な美術館です ギャラリーというよりも本格的な美術館です

ギャラリーというよりも本格的な美術館です

番外:「K11」の魅力はここ!

ナビも個人的によくショッピングや食事で立ち寄る「K11」。今回改めて隅々まで歩いてみて「ここがほかのモールと違う!」と思ったことをまとめてみました。
フロアの一角にこんなスペースがたくさんあります

フロアの一角にこんなスペースがたくさんあります

モール全体がアート空間
「K11購物芸術中心(K11 Art Mall)」の名前どおり、館内には自由に鑑賞できるアート作品がたくさん配置されています。ショッピングしなくても無料で楽しめるものがたくさんあるということ! 上海のほかのモールにはあまりない試みです。
自由に鑑賞できるアート作品と、作者のプロフィールが多数展示されています 自由に鑑賞できるアート作品と、作者のプロフィールが多数展示されています 自由に鑑賞できるアート作品と、作者のプロフィールが多数展示されています

自由に鑑賞できるアート作品と、作者のプロフィールが多数展示されています

スマホなどの充電ができるスペースも!

スマホなどの充電ができるスペースも!

休憩スペースがいっぱい
上海のデパートやショッピングモールは、自由に座ったり待ち合わせできるスペースが少ない、というか、設置してないところが主流です。でも、「K11」は無料で座ってネットしたりおしゃべりしたりしていても許されるスペースがいっぱい!
ただベンチがあるのではなく、おしゃれな空間になってます。自由に遊べるゲームも ただベンチがあるのではなく、おしゃれな空間になってます。自由に遊べるゲームも ただベンチがあるのではなく、おしゃれな空間になってます。自由に遊べるゲームも

ただベンチがあるのではなく、おしゃれな空間になってます。自由に遊べるゲームも

トイレがきれい!
2013年以降にオープンした上海の商業ビルは、こぞってトイレに力を入れています。「K11」も個室内に洗面台があるタイプ。人目を気にせずメイクを直せます。子ども用の踏み台もありました。常にきれいに清掃されているので安心して使えます。
きれいなトイレ。街歩き中に困ったときにも使えます きれいなトイレ。街歩き中に困ったときにも使えます

きれいなトイレ。街歩き中に困ったときにも使えます

フロアがバニラの香り
フロアに香りをつけている商業ビル、ホテルがブームの上海。「K11」は全体的に甘いバニラの香りで統一されています。売場のそこここにこんなキャンドルが設置されているのですが、火はついていないのでアロマキャンドルの香りではなさそう。どうやってこの香りを保っているのかな〜。喫煙所がきちんと隔離されて設置されているのも◎。
フロア内に多数置かれているキャンドル

フロア内に多数置かれているキャンドル

喫煙所があります

喫煙所があります


いかがでしたか? アートスペースとしても楽しめる「K11」ですが、もう一つナビが注目したのは「生活感からの隔離」。上海の高級モールには必ずおしゃれな地下スーパーがありますが、「K11」にはスーパーや食料品店がありません。寝具やタオル、家電など、生活に必要なものを売るショップも入れていません。日常と切り離した夢の世界的売場演出、皆さんもぜひ上海で体験してみて下さい。
以上、上海ナビがお伝えしました。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2014-12-03

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-02-15

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供