フェアモント ピース ホテル

上海和平飯店Fairmont Peace Hotel上海和平饭店

閉店・移転、情報の修正などの報告

外灘の夜景とジャズの音色が世界中のセレブを魅了! 数々の歴史とドラマが刻まれたラグジュアリーオールドホテルで至福のひとときを。

こんにちは、上海ナビです。
2010年夏、中国でもっとも有名なオールドホテル「和平飯店」が、3年に渡る工事を終えてリニューアルオープンしました。上海を代表する観光地・外灘のなかでも、いちばん有名な建物ですよね。ジャズファンなら、「老年ジャズバンド」を連想するホテルなのではないでしょうか。オープンしたのは、上海が「魔都」と呼ばれていた1929年。戦前、各国のセレブたちが集ったレトロモダンな空間はそのままに、最新の設備とサービスを導入したという新生「和平飯店」を今日はたっぷりとご紹介したいと思います。
場所はご存知「外灘」と、上海のメイン観光ストリート「南京東路」の交わるT字路にあります。初心者の方でも、まず間違いなくたどりつける場所です。最寄りの地下鉄駅は2号線「南京東路」駅。降りたら南京東路を東へ進めばOK。
外灘から浦東を眺めた風景。

外灘から浦東を眺めた風景。

南京東路。

南京東路。

モダンビルに詰め込まれた歴史

では早速エントランスからみていきましょう。
都会に初めて出てきたようなおのぼりさんのように、口を開けてキョロキョロしてしまいそうなエントランス。英国ルネッサンス様式の建物は、細部まで見応えたっぷりです。戦前、上海にはこんなオシャレな建物があったんですね。また、この建物は上海で初めてエレベーターが取付けられたビルでもあるんです。
フロントへの通路。

フロントへの通路。

ロビー。

ロビー。

天井はドーム状で自然光のさすガラス張り。

天井はドーム状で自然光のさすガラス張り。

階段自体がアンティーク家具のよう。

階段自体がアンティーク家具のよう。

過去、このホテルに泊まった人の名前を見てみました。チャーリー・チャップリン、周恩来、モハメド・アリ、クリントン元大統領夫妻……。うーん、さすが名門ホテル! ここで会見や会談を行った政治家は数えきれないほど。蒋介石と宋美齢は、このホテルで結婚披露宴を行いました。世界中のセレブ、要人たちに愛されてきたホテルなんです。

客室グレード

気になる客室グレードは以下のとおり。
フェアモントルーム
デラックスルーム
ワンベッドルーム
スイート各種

312号室/フェアモントルーム(約89㎡)

まず案内していただいたのはこちらのお部屋。重厚感あふれるシックなインテリアが印象的です。斬新でスタイリッシュなデザインのお部屋よりも、ベーシックな高級感を味わいたいという方にはぴったり。背の高いベッドもレトロな雰囲気を醸し出しています。
アンティーク調の楕円形デスクも素敵。金庫、目覚まし時計はもちろん完備。インターネットも有線、無線どちらでも接続可能です(有料)。ビジネスマンのニーズにもしっかり応えてくれますよ。
※「和平飯店」を運営するリゾートホテルグループ「フェアモント」の会員クラブ「フェアモントクラブ」への入会で、インターネット利用料は無料となります。入会は無料です。
金庫。

金庫。

モジュラジャック。

モジュラジャック。

目覚まし時計とコンセント。

目覚まし時計とコンセント。

テレビは戸棚に収納されています。DVDプレーヤーもあり、パソコンやデジカメを接続することも可能。今日撮った思い出を、その日のうちに大画面で確かめることができます。
棚にはコーヒーメーカー、コーヒーカップ、ミネラルウォーター、ティーセット、茶葉、ワイングラス、カクテルグラスなど、くつろぎのひとときを演出してくれるものがずらり。
冷蔵庫の中味は、午後の紅茶のミルクティーや上海でも流行っているビタミンウォーターなど、バラエティに富んだ品揃え。引き出しにはおやつ&おつまみセットが入っていました。ミニバーもオシャレにディスプレイしてあります。
冷蔵庫。

冷蔵庫。

引き出し。

引き出し。

ミニバー。

ミニバー。

バスルームを見てみましょう。ピカピカに磨かれた深めの浴槽に、別途シャワールームがついているという間取り。シャワーは固定式、手持ちホース式のどちらも揃っています。
バスルーム。

バスルーム。

シャワールーム。

シャワールーム。

アメニティは歯みがきセット、くし、シャワーキャップ、コットン、爪みがき、シェーバー、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、綿棒などが揃っています。レトロなパッケージのソープは、このまま使わずにお土産にしてしまいたいほど。二つ並んだ流しの上には、マウスウォッシュも用意されています。
ドライヤー、体重計など、あるとうれしい品々も完備。
トイレはこんな感じ。バスルームとは別に個室があります。
クローゼット内にはバスローブ、アイロン、アイロン台、ハンガー、ドライヤー、スリッパ、くつべら、ランドリーバッグ、傘などが揃っています。腰かけて靴がはけるベンチ式の棚があるのが便利。

315号室/デラックスルーム(約89㎡)

よりラグジュアリーにホテルステイを楽しみたいならこちらのお部屋がオススメ。「和平飯店」は、基本的にダブルベッドのお部屋が多いそうで、ツインをご希望の場合はお早めにご予約をとのことでした。
廊下とウォークインクローゼットがあって広々とした印象。
バスルームです。アメニティは、各部屋共通のものが揃っていました。便利なのは、お風呂から上がってすぐ着替えをしにクローゼットへ入れる構造になっていること。着替えはスーツケースごとクローゼットへ置いておけば、部屋を散らかすこともないですよね。

318号室/ワンベッドルーム(約89㎡)

数日間滞在しながらここでクライアントと打ち合わせしたり、仕事などをしたいという出張者の方にオススメしたいのがこちらのお部屋。仕事部屋とベッドルームが分かれているので、公私を分けてお部屋を使うことができます。
ベッドルームはこんな感じ。

ベッドルームはこんな感じ。

こちらも、ウォークインクローゼットを入った突きあたりにバスルームがある仕組み。お風呂、着替え、メイクまで、クローゼットのドアを閉めればすべてプライベート空間ですることができるんです。親子やお友達同士でも、いっしょに着替えるのは抵抗があるという方にはうれしい心づかいですよね。

ホテル内施設

◎中華料理「上海灘」
営業時間 7:00〜10:00 11:30〜14:00 17:30〜22:00
本場の上海料理はもちろん、人気の広東料理、四川料理も味わえる高級中華料理店。朝ご飯はこちらにビュッフェが用意されています。窓からはさりげなくこんな絶景が眺められるんですよ。ディナー時、窓際の席に座りたいという方は、早めにスタッフに申し出てみて下さい。
◎レストラン「Cathay Room」
営業時間 6:30〜10:30 11:30〜14:00(日曜12:00〜16:00) 18:00〜23:00
ヨーロッパの家庭料理が楽しめるレストラン。日曜日は12時から夕方4時までたっぷりブランチタイムがあるので、土曜日は街に繰り出して夜遊び、日曜日はとことん寝坊したいという方にオススメ。テラスからは外灘の絶景が望めます。
◎バー「Jazz Bar」
営業時間 12:00〜翌2:00
上海でいちばん有名なジャズバーといえばココ。生演奏のメンバーは、60代から90代までの上海人のお年寄りで、ゆったりと心地よいスタンダードナンバーを聴かせてくれます(18:00〜)。1920年代のクラシカルなインテリアも必見。
ほかにも、宮殿のダンスホールのようなボールルーム、各種会議室、デリ、カフェなどが用意されています。時間があれば、館内の歴史資料館「和平収蔵館」を見学してみてはいかがでしょう。
また、今回はご紹介できませんでしたが、上海セレブたちの間ではこちらのスイートが大変な話題なんです。中国、インド、イタリア、スペイン、ドイツ、日本など、インテリアごとにお部屋の名前が異なるスイートルームがあり、なんと「日本ルーム」は畳の部屋なんだそう。一部屋しかないため滅多に予約できないとのことですが、ぜひぜひ知っておいて下さい。
いかがでしたか? ホテル全体が上海の顔であり、歴史資料館でもある「和平飯店」。外灘が一望できるレストランや、名物の老年ジャズバンドの生演奏は宿泊客でなくとも楽しむことできます。「今回は別のホテルを予約してしまったけど、観光がてら行ってみたい」という方は、ぜひホテル内の施設を利用してみて下さい。一歩入れば、「次回のホテルはここで決まり!」と即決したくなってしまうこと請け合いです。
以上、上海ナビがお伝えしました。


記事登録日:2010-08-30

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    plusmay

  • photo

    plusmay

  • photo

    plusmay

  • photo

    plusmay

  • photo

    plusmay

  • photo

    plusmay

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-08-30

スポット更新日:2017-09-18

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

外灘

外灘

上海を代表するラグジュアリーな観光スポット! ウォーターフロントの歴史建築群をゆっくり鑑賞してみよう。