維拉斯酒店 ヴィラスホテル

VILLAS HOTEL维拉斯酒店

閉店・移転、情報の修正などの報告

地下鉄2号線「南京東路」駅から徒歩8分、歴史建築物をリニューアルした“オールド上海気分”が欧米人にも人気のホテル。

こんにちは、上海ナビです。
今回は地下鉄2号線「南京東路」から徒歩8分、“上海の中国らしさ”が濃厚に漂うエリアを十分満喫できる準4つ星ホテル「維拉斯酒店(ヴィラスホテル)」をご紹介します。
2006年6月にオープンした「維拉斯酒店」の特徴は、1931年に建設された歴史建築物のクラシカルな外観をそのまま利用し、内装は中国と西洋のスタイルをバランスよく配合したオールド上海スタイルを味わえるところ。
5階建ての小さなホテルではありますが、各部屋の快適性は4つ星ホテルにも引けをとらないレベルなんですよ。

外灘までも徒歩10分程度、南京東路の中国的熱気と外灘のクラス感ある佇まいの両方を味わえ、特に上海ビギナーズには意外とオススメかも!では、さっそくホテルへと向かってみましょう。

~ホテル エントランス付近~
ホテルのエントランス付近は広々とした空間が持たれ、シンプルで少しレトロなデザインがオールド上海の気分を彷彿とさせます。

~ホテル・フロア別案内~

2~5階 客室
1階 フロント、ロビー、レストラン、ビジネスセンター

フロントサイドには待ち合わせに便利なロビーソファーが置かれ、その左手奥にエレベーターホールがあります。

■客室紹介

ホテル内にはデラックス スタンダード、デラックス キングベッド、エグゼクティブ キングベッド、エグゼクティブ スイートの4タイプのお部屋が 合計76部屋用意されています。今回はそこからスイート以外の3つのお部屋をご紹介します。

319号室/デラックス スタンダードルーム 約25㎡
こちらはツインタイプのお部屋です。壁面のデザインに落ち着きがあり、どことなく漂うクラシカルなムードがステキなお部屋。
クッションやベッドカバーに描かれた中国の古代文字が、かえってモダンな印象を引き立てます。
ベッドの足元にテレビ、デスクが、そして入り口側のチェストにはティーセットが用意されています。クローゼット内にはちゃんとバスローブ、セーフティーボックスがあるのでご安心を。
インターネットに接続されたパソコンが設置されているお部屋もあります(但し、日本語入力ができないそう)。自分で持ってきたパソコンでネット接続したい場合には、デスクの引き出しに用意されているケーブルをご利用ください。
バスルームも、アイボリーカラーでとても清潔。バスタブは無くシャワールームのみですが、シャワーヘッドは固定式と可動式の2つが付いています。

522号室/デラックス キングベッドルーム 約20㎡
こちらはキングサイズのベッドを中心にアレンジされたお部屋です。ツインルームと比べてお部屋の広さは少し小さくなった気がしますが、基本的な設備は同じです。
ベッドサイドにオットマン付きのソファーが置かれた他、テレビやデスク周辺のインテリアは先ほどのお部屋と同じものが使われています。こちらのお部屋にもパソコンが設置されています。
ベッドサイドにバスルームの入り口が見えます。バスルーム内も、基本的な構造は先ほどご紹介したお部屋と同じです。

221号室/エグゼクティブ キングベッドルーム 約30㎡
こちらは少し変わった“コの字型”のお部屋になっています。入り口を入った正面にソファーがあり、右手奥にベッドスペースが見えます。
クッション・ファブリックも伝統的中国柄の“福”の字が使われています。ちゃんと “福” の字が逆になるようにセッティングされていて気が利いるじゃないですか!中国語では “「福」が逆さになった” という意味の「福倒了」と “「福」が来た” という意味の「福到了」が同じ発音で、この文字を逆さに飾ることでラッキーを呼び込むという縁起かつぎの一種なんですよ。
ベッドサイドからソファーの方まで見渡すとこんな感じです。こちらもパソコン設置のお部屋になっています。
バスルーム内の設備も、今までご紹介したお部屋と同じです。

[客室共通備品]
各部屋、TV/電話/冷蔵庫/ミネラルウォーター/ティーセット/ミニバー/ポット/スリッパ/インターネット設備などが完備されています。

[浴室共通備品]
石鹸/歯ブラシ/シャンプー/シャワージェル/シャワーキャップ/コーム/綿棒/レザーセット/ドライヤーなどが用意されています。

~ホテルの朝食はこちらでいただきます~

★レストラン    
営業時間 7:00~10:00、11:00~23:00(1階)
朝の時間帯には、こちらでブッフェスタイルの朝食をいただくことができます(無料)。その他の時間帯もカフェメニュー、ディナーメニューが用意されています。

★ビジネスセンター
営業時間 24時間(1階)
パソコン、インターネット、ファックス、コピーなどの設備が利用できます。

■ホテル周辺案内

南京東路は、上海で最も古い繁華街と呼ばれ、終日歩行者天国になっている一大観光地帯。ホテル付近からは浦東にある東方明珠塔もこんなに近くに見えてしまいます!
駅からホテルまでの道にはコンビニがたくさん!また、ホテルを出て左に行っても、右にいってもコンビニが簡単に見つかります。
山東中路と広東路の交差点手前の右手にチャイナなドリンクショップ「街客」があります。こちらのドリンクはナビの記事でもご紹介済みなので、予習してから買いに行ってみてくださいね。
いざという時の薬局も、山東中路と福州路の交差点にありますが、もっと使えるのが「ワトソンズ」。南京東路駅の3号口階段前にあります。

記事登録日:2007-08-01

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-08-01

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供