南外灘軽紡面料市場

ナンワイタン・チンファンミエンリャオシーチャン南外滩轻纺面料市场

閉店・移転、情報の修正などの報告

コートやワンピースはもちろん、ベッドカバー、カーテンまで! 布製品なら何でもオーダー可能な巨大布市場。

こんにちは、上海ナビです。
上海ならではの楽しみの一つといえば、安く洋服をオーダーメイドすること。オーダーメイドというと、一般的にスーツやドレスなどを思い浮かべるかもしれませんが、上海では普段着のワンピースからカジュアルなコートはもちろん、飲食店などの制服、子供服、ベッドカバー、手提げなど、あらゆる布製品を安くオーダーできるんです。今日ご紹介する「南外灘軽紡面料市場」も、オーダーメイドを楽しめる布市場の一つなんですよ。早速出かけてみましよう。

「南外灘軽紡面料市場」に行こう!

「南外灘軽紡面料市場」があるのは、地下鉄4号線「南浦大橋」駅エリア。駅からの行き方を見てみましょう。
①「南浦大橋」駅3号出口を出たところに市場の赤い看板

①「南浦大橋」駅3号出口を出たところに市場の赤い看板

②出て左手へ進みます

②出て左手へ進みます

③手前の高架に沿って左手へ進みます

③手前の高架に沿って左手へ進みます

④右手一つ目の信号を渡ると、

④右手一つ目の信号を渡ると、

⑤左手正面に市場の建物が。「布」の字が目印

⑤左手正面に市場の建物が。「布」の字が目印

入り口です

入り口です

館内はこんな感じ。3階建てで、各フロアにぎっしりとオーダーメイドショップが入っています。トイレは各階にあります。
館内の様子

館内の様子

フロアの真ん中にエスカレーター

フロアの真ん中にエスカレーター

各階にトイレ

各階にトイレ

「南外灘軽紡面料市場」を利用するコツ

格安とはいえ、洋服をオーダーするのですから失敗はしたくないですよね。布市場ビギナーのための利用法をまとめてみました。
色、シルエット、襟、袖の長さなど、できるだけ細かく決めて。言葉での説明が難しい場合は写真や図を。雑誌の切り抜きでもOK

色、シルエット、襟、袖の長さなど、できるだけ細かく決めて。言葉での説明が難しい場合は写真や図を。雑誌の切り抜きでもOK

決めてから行く!
あらゆる素材の布と見本品がある「南外灘軽紡面料市場」。何も決めずに行くと確実にできあがりを後悔します。たとえば、「友人の結婚式で着る、こういう素材でこういう丈のドレスを作る」「ファッション誌のこのモデルさんが着ているのと同じコートで、自分の身長に合うサイズを作りたい」など、具体的に何を作るか決めてからお出かけを。作りたい服のイメージがわかるもの(ファッション誌やカタログの切り抜き、イラスト等)を持参すると店員さんも助かるようです。
各店舗の目印、看板はこんな感じ。お目当てのお店がある場合はこの札を頼りに探します

各店舗の目印、看板はこんな感じ。お目当てのお店がある場合はこの札を頼りに探します

お店の選び方
「南外灘軽紡面料市場」は雑居ビル型市場です。ネットで口コミ評価の高いお店もあるようですが、実際に行って、その店舗を見て決めたほうがいいかもしれません。どんな素材の布を置いているか、店先に並んでいる見本品のセンスや出来映えはどうかなどを見ましょう。評判が良くても自分のセンスとは違うお店もあります。やっぱり実際に行くのがいちばん。館内をくまなく見て、店員さんに話しかけたりしながら様子を見て、全部まわってから「あの店で作る!」と決めるのも手。
お客さんの入り、見本の服のジャンルやセンスを見ながらお店を選ぼう お客さんの入り、見本の服のジャンルやセンスを見ながらお店を選ぼう お客さんの入り、見本の服のジャンルやセンスを見ながらお店を選ぼう

お客さんの入り、見本の服のジャンルやセンスを見ながらお店を選ぼう

コツは妥協をしないこと!

コツは妥協をしないこと!

オーダーメイドの流れ
1、店員さんに作りたいものを伝える(中国語ができない場合は、より細かいディテールがわかる写真や図を用意します)。
2、上着などを脱いで採寸してもらう。
3、店先にある布を選ぶ(素材、手触り、伸縮性、洗濯方法など細かくチェックを)。
4、値段を聞く(ここで値切ってみましょう! 言葉ができなくても電卓があればOK)。
5、支払いをし、出来上がり日を聞いて領収書を受け取る。
6、領収書を持って再びお店へ(ここで縫い目やサイズ感、ファスナーやボタンがおかしくないかをチェック。その場で直してもらえます)。
日本への発送
今回いくつかのお店に海外発送が可能か聞いてみましたが、5割くらいのお店で対応してくれるとのことでした(送料実費)。ただ、服によっては仮縫いで一度来なければならない場合もあるため、できれば一週間ほど滞在して、急ぎで作ってもらえるよう交渉したほうがいいかもしれません。また、その洋服を着る本人が来なくてもきっちり採寸ができていれば作れるそうです。洋裁の経験がある人などに細かく採寸してもらい、そのメモを持参すればOK。
既製品を格安で買う!
「言葉が通じないのでオーダーは不安」「2泊しかしないので作る時間がない」という方は、季節の変わり目を狙って見本品をゲットしましょう。ウールやカシミアのコートが300元ほどになることも!
ナビが訪れたのは2月下旬。冬物の見本セールが行なわれてました ナビが訪れたのは2月下旬。冬物の見本セールが行なわれてました ナビが訪れたのは2月下旬。冬物の見本セールが行なわれてました

ナビが訪れたのは2月下旬。冬物の見本セールが行なわれてました

オーダーメイドカタログ

それではどんな洋服がいくらくらいで作れるのか、どんな見本が陳列されているのか見て行きましょう。見本はあくまでも見本なので、自分でまったく違うデザイン図を持ち込むのももちろんOK。オーダーから受け取りまでは、約1週間です(交渉によります)。
※値段は2016年2月現在のおおよその価格です。季節により商品が変わります。
定番はチャイナドレス

定番はチャイナドレス

チャイナドレス
中国でオーダーメイドといえばやっぱりチャイナドレス。シルクか綿かによって変わりますが、オーソドックスなシルク素材で刺繍入り、ノースリーブタイプは1300元〜。素材や刺繍にこだわったものは6000元くらいします。
オーソドックスなものからゆったりしたものまでデザインもいろいろ オーソドックスなものからゆったりしたものまでデザインもいろいろ オーソドックスなものからゆったりしたものまでデザインもいろいろ

オーソドックスなものからゆったりしたものまでデザインもいろいろ

在住欧米人にも需要があるよう

在住欧米人にも需要があるよう

スーツ
駐在員などでオーダーする外国人も多いスーツ。ビジネスマン向けはもちろん、子どもの入学式などで着られそうな女性用のものも作れます。値段は800元〜。
素材もデザインもいろいろ選べます

素材もデザインもいろいろ選べます

コート
デザインもサイズも自分好みのコートって、なかなかないですよね? ここならカシミア、ウールなどさまざまな素材でダッフル、トレンチ、ボレロ風などいろいろ作ることができます。デザイナーになった気分で、自分デザインのモードな一着を作っちゃうのもアリ! お値段はウールで580元〜、カシミアで850元〜。店員さん情報では、数10元ではありますが夏に作るほうが安いとのこと。
細身シルエットのウールコート

細身シルエットのウールコート

トレンチコート

トレンチコート

男性用コート

男性用コート

ムートンコートも作れます

ムートンコートも作れます

ダウンジャケットも作れます

ダウンジャケットも作れます

約2000円で自分に合うものが作れます

約2000円で自分に合うものが作れます

Yシャツ
働く人なら何枚あっても困らないYシャツ。でも、既製品は袖が長い、胸がきつい、首まわりが合わないなど、なんとなく悩みを抱えている人はいるはず。だったらぜひオーダーを! 一着なんと120元から作れます! もちろん女性向けのブラウスも作れますよ。
自分らしい普段着を作っちゃおう

自分らしい普段着を作っちゃおう

カジュアル服
「こんな風合いの布で、こんな丈のチュニックがほしい」「汗をかいたらどんどん洗える夏のワンピースがほしい」など、自分のライフスタイルに合う普段着もオーダー可能! 綿のシャツで120元〜。子供服対応のお店もあります。
棉のワンピースやシャツ

棉のワンピースやシャツ

子供服も作れます

子供服も作れます

ドレス
買うとけっこう高いパーティードレス。たとえば「ピアノの演奏会で1回だけ着る」「友人の結婚式に着ていくワンピースがほしい」なんていうときは、レンタルより上海で作るほうが安いかもしれません。お値段は素材によって800元〜。
ドレスは一枚持っていると重宝します ドレスは一枚持っていると重宝します ドレスは一枚持っていると重宝します

ドレスは一枚持っていると重宝します

インテリアファブリック
洋服以外での人気はリネンなどのベッドカバーやシーツ(300元〜)。ほか、カーテン、テーブルクロス、ソファカバー、クッションカバー、シルク布団なども。
クッションカバー

クッションカバー

ベッドカバーとシーツの専門店

ベッドカバーとシーツの専門店


<これも作れる!>
そのほか、こんなものも作れます。各店の見本品、センス、取り扱っている布などを見て作れそうかどうか大体判断できますよ。相談してみて下さい。

☆レザージャケット(パンツ、スカート) ☆舞台衣装 ☆ダンス衣装 ☆制服(レストラン、料理人、店員用、白衣等) ☆カシミアニット ☆バッグ ☆帽子 ☆コスプレ衣装 ☆ウエディングドレス
カシミアニットもオーダーできます

カシミアニットもオーダーできます

レザー専門店も

レザー専門店も

子供用ドレスも作れます

子供用ドレスも作れます

欧米人客が多い市場なので、土産物店も入っています

欧米人客が多い市場なので、土産物店も入っています

<お土産も!>
市場内には土産物を売るお店も入っています。スカーフ、ネクタイ、ポーチ、コースター、バッグなど、ちょっとしたプレゼントになる布、シルク製品も。市場なので観光地で買うより安いですよ。
ネクタイは20元前後

ネクタイは20元前後

マフラー、ストールは80元前後〜

マフラー、ストールは80元前後〜

スカーフ30元

スカーフ30元

カシミア手袋100元前後

カシミア手袋100元前後

ムートンブーツ150元

ムートンブーツ150元

革手袋50元前後〜

革手袋50元前後〜

<自分で作る派も注目!>
「手芸が趣味!」「洋服なら自分で作れる!」という方は布だけを買うのもいいかも。麻、タイシルク、コーデュロイ、デニムなど、さまざまな素材が見つかります。安いものは10元/1m〜。お土産にもなる中国の藍染め布もお勧め。
ベロア、カシミアから帆布、レインコート生地まで、どんな布も揃います

ベロア、カシミアから帆布、レインコート生地まで、どんな布も揃います

こちらはデニム生地の専門店

こちらはデニム生地の専門店

何にでも使えるコットンの布も種類豊富

何にでも使えるコットンの布も種類豊富

また、一角にはファスナー、ボタン、フェイクファーなどのパーツを売るお店もあります。小物はだいたい1元〜と激安。
パーツ、手芸道具のお店もあります パーツ、手芸道具のお店もあります

パーツ、手芸道具のお店もあります

周辺も楽しもう!

昔ながらの布問屋や縫子さんの仕事を見に行こう

昔ながらの布問屋や縫子さんの仕事を見に行こう

「南外灘軽紡面料市場」がある南外灘エリアは、もともと紡績市場がたくさんあった場所と言われています。ディープな雰囲気なのは、南市エリアの外倉橋路周辺。再開発の波が押し寄せ中ですが、2016年2月現在まだ残る昔ながらの布屋さんが見つかります。ほか、合わせて南市エリアを散策するのもお勧め。周辺スポットを地図で見てみましょう。

いかがでしたか? 一度作ると「次はこれも!」「今度はこういう素材で!」など、あれこれ想像がふくらむオーダーメイド。その妄想の時間も楽しかったりするんですよね〜。ぜひ皆さんも、帰国後お友達に「それ、どこで買ったの?」と聞かれるような、素敵な一着を上海で仕立ててみてください。
以上、上海ナビがお伝えしました。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2016-03-24

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-03-24

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供