スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

【深夜/早朝版】浦東空港⇔上海市内までの交通事情

深夜に到着したらどうする!? 早朝発の便に乗るには? 移動法と深夜の浦東空港事情を調べてきました!

こんにちは、上海ナビです。
週末エクストリーム旅行やLCCを利用した上海旅行者が増えている今日このごろ。ナビも、「深夜着なんだけど、地下鉄の最終って何時?」などの質問をされることが増えてきました。ネット検索しても、深夜の空港事情や地下鉄、バスの最終と始発便について日本語でわかりやすく解説しているサイトはないようです。ということで今回ナビは、実際に深夜〜早朝の浦東空港に潜入。旅慣れた深夜早朝便派たちがどう移動しているのか調べてきました!
※各交通網、時間表記は2016年10月現在のものです。変更が確認され次第追記します。
通常の時間帯に空港を利用する方はこの記事へ。バスやタクシー乗り場の位置もこの記事でご紹介しています。

日本⇔上海の深夜便事情

浦東空港は深夜も稼動している空港です

浦東空港は深夜も稼動している空港です

2016年秋現在、上海—羽田便で深夜便が増えています。春秋航空(1:30発3:40着)、吉祥航空(1:50発3:50着)などのほか、2016年11月からは日系LCCとして初のピーチ航空も参戦。羽田便は2:10発5:00着、関西空港便は22:25発0:20着となっています(いずれも2016年現在。詳しくは各航空会社にお問い合わせ下さい)。ほか、春秋航空の午前の便は上海の出発時間が朝8時台と早め。朝6時には空港にいなければならないんです。
地下鉄、リニアは運行時間が短いのがネック

地下鉄、リニアは運行時間が短いのがネック

交通機関の始発と最終
まずは一般的なルートの運行時間のチェックを。間に合う場合はこちらへ。
<リニアモーターカー>
浦東空港 7:02〜21:42  龍陽路 6:45〜21:40 ※時期によって変わることがあります。
<地下鉄>
浦東空港 6:00〜22:00  人民広場 6:02〜21:00ごろ(乗換えが必要な「広蘭路」駅最終22:00)
<エアポートバス>
浦東空港 6:30〜23:00(路線により前後します)  市内 5:30〜21:00(バス停ごとに前後します)
<上海ナビ:空港送迎車>
予約可能な時間帯 8:00〜22:00
早朝便に乗る場合は、地下鉄では間に合いません

早朝便に乗る場合は、地下鉄では間に合いません

「地下鉄の始発では帰りの早朝便に間に合わない」ということも覚えておきましょう。日本人旅行者の利用率が高い朝8〜9時上海発の便は、地下鉄やバスでは間に合いません。始発は市内の各駅とも6時前後。でも、出発2時間前には空港にいなければなりませんから、朝6時には空港にいることが必要です。朝の便に乗る場合はホテルにタクシーを呼んでもらうのが確実。路上でも拾えますが、早朝はエリアによってタクシーが通らない場合があります。
浦東空港での交通カード返却受付の時間帯

浦東空港での交通カード返却受付の時間帯

交通カード事情
上海市内の移動に欠かせない交通カード。ナビもよく「空港で交通カードを買えますか?」と聞かれます。浦東空港での販売は地下鉄の運行時間のみ入手可能。帰国時に返却する際の窓口受付時間は9:00〜19:00(銀行の返却カウンターは9:30〜15:00)とさらに早め。深夜早朝便利用の方は、購入、返却とも市内で済ませた方がよいかもしれません。
交通カードに関する詳しい使い方はこの記事で。
第2ターミナルのバーガーキングは24時間営業でWiFiも使えます

第2ターミナルのバーガーキングは24時間営業でWiFiも使えます

空港内施設の営業時間
「早朝に空港内で食事できる?」「深夜着だけど両替はできる?」という質問も意外に多いです。主な飲食店、ショップの営業時間をまとめてみました。24時間営業のチェーン店が多いのは心強いかも。
※24時間営業の飲食店はすべてイミグレーションの外にある店舗です。搭乗口近くのお店の営業時間は6:00〜最終便出発前後までが目安となります。

<第1ターミナル>
サブウェイ 7:00〜21:30
漁人湾清真餐廳(ハラル中華) 6:30〜22:15
ファミリーマート 24時間営業

<第2ターミナル>
バーガーキング 24時間営業
ファミリーマート 24時間営業

<リニア、地下鉄乗り場付近>
ケンタッキーフライドチキン 5:30〜23:30
スターバックスコーヒー 24時間営業
ファミリーマート 24時間営業
スタバは24時間営業

スタバは24時間営業

テイクアウトできるサブウェイ

テイクアウトできるサブウェイ

上海のケンタッキーは中華朝ご飯が豊富

上海のケンタッキーは中華朝ご飯が豊富

両替は24時間使えるこのATMを探そう。日本語、日本円対応です

両替は24時間使えるこのATMを探そう。日本語、日本円対応です

<その他の施設>
荷物預かり 6:00〜23:00
外貨両替 6:30〜23:00 ※24時間OKのATM式両替機もあります。
インフォメーションカウンター 6:00〜22:45
ビジネスセンター 6:00〜23:00
WiFiルーターレンタルカウンター 6:00〜24:00
荷物預かりカウンター

荷物預かりカウンター

WiFiルーターレンタル

WiFiルーターレンタル

ビジネスセンター

ビジネスセンター

空港内に多数あります。※店舗により、深夜営業していないところもあります

空港内に多数あります。※店舗により、深夜営業していないところもあります

何はなくとも、とりあえずファミリーマートが24時間開いていればなんとかなる気がします。品揃えはこんな感じ。飲み物、コンビニフード、お菓子などのほか、カイロ、生理用品、筆記用具、洗面用具、マスクなどとっさに必要になりそうなものも揃っています。
商品はローカルだけど、困ることはない品揃え 商品はローカルだけど、困ることはない品揃え 商品はローカルだけど、困ることはない品揃え

商品はローカルだけど、困ることはない品揃え

それでは以下、主な深夜の移動法をまとめてみました。

タクシー

料金:初乗り18元(23:00〜5:00の深夜料金)、市中心地まで約250元
所要時間:市中心地まで約50分

旅行者の皆さんが敬遠するタクシーですが、ナビとしてはいちばんお勧めできる移動法です。24時間対応でスムーズに目的地に行けますし、上海の空港は白タクが入れない仕組みになっているので安心。正規の乗り場に並んで乗車すれば、トラブルに巻き込まれることはないでしょう。ほかの国ではタクシー関連の苦い思い出がたくさんあるナビですが、上海に戻ると「やっとまともにタクシーに乗れる!」と安心できます。
夜のタクシー乗り場の様子

夜のタクシー乗り場の様子

係員がいるので困ったら相談を

係員がいるので困ったら相談を

「それでも心配!」という方は以下に注意してみてください。
必ず水色、黄色、白の車体のタクシーを選ぶ。
最初に目的地までいくらかかるかを聞き、その値段に納得してから乗り込む。
(できればタクシー乗り場にいる係員に間に入ってもらって値段を聞く)
必要以上に運転手としゃべらない。
(ナビの感覚ですが、無言で乗ることで上海慣れしている感を出せます。また、上海のタクシーはきちんと事務的に仕事をしている運転手ほどお客に話しかけない傾向があります)

具体的な乗り方、支払い方、利用法はこの記事でどうぞ。

深夜エアポートバス

<守航夜宵線/Night Bus>
料金:16〜30元
所要時間:市中心地まで約50分

23時からその日の最終便の到着後45分まで運行している「守航夜宵線」は、安さにこだわる方、どうしてもタクシーは心配という方にお勧め。運行頻度は45分に一本とやや間隔があること、停留所近くに目的地やホテルがあることなどが条件になりますが、切符の事前予約なども不要で気軽に利用することができます。
第2ターミナル側バス乗り場

第2ターミナル側バス乗り場

深夜のバス乗り場の様子

深夜のバス乗り場の様子

停留所
浦東空港龍陽路×芳甸路(「龍陽路」駅、花木路エリア)ー「世紀大道」駅延安東路×浙江中路(人民広場エリア東側)ー延安中路×華山路(静安寺エリア南側、ヒルトン上海近く)ー延安西路×虹許路(古北エリア)ー虹橋枢紐東公交中心(虹橋空港第2ターミナル)

旅行者的にわかりやすく使いやすいのは「延安中路×華山路」の停留所かもしれません。「ヒルトン上海」「エクアトリアル上海」「延安飯店」「静安賓館」などに滞在する方はかなり使えます。

<酒店穿梭巴士/EGO BUS>
料金:68元
所要時間:市中心地まで約50分

朝6時から翌1時まで運行しているのが、主要ホテルや市街地、ディズニーランドなど行きなどが出ている「酒店穿梭巴士/EGO BUS」。乗り合いシャトルバスで、一名68元(上海市内であればどの距離でも統一料金。子ども料金無し)。しっかり料金が決まっているので、タクシーを不安に感じる外国人旅行者に人気です。条件は、クレジットカードで支払えることと、英語で行き先、下りたい場所などを説明できること。車内ではWiFiが使えるなど、サービスにも定評があるようです。
こんなバスです。最近登場

こんなバスです。最近登場

受付カウンターがあるのは、第2ターミナルの到着口を出てすぐ右手。試しに旅行者を装って、「一人でも利用できますか? どこのホテルでも行けますか? というか、ホテルをまだ決めてないんですけど……」と話しかけてみたナビ。係員の方がとても親身にいろいろ相談してくれました。頼れるかもです!
このロゴのあるカウンターを探そう

このロゴのあるカウンターを探そう

このカウンターです

このカウンターです

主な行き先と路線。主要ホテルをほぼカバーしています

主な行き先と路線。主要ホテルをほぼカバーしています

空港で時間を潰す

夜の第2ターミナルの様子

夜の第2ターミナルの様子

「夜の移動は心配なので避けたい」という方もいるはず。そんな方は、地下鉄やリニアが動く時間まで空港で待つ、空港付近のホテルに泊まるという方法も。数時間なら、最初に挙げた24時間営業のスタバなどでネット、読書、旅の計画を練るなどで時間潰しできますよね。
ベンチで仮眠は、できなくもないですがお勧めはしません。
安全面、体調面からお勧めできません 安全面、体調面からお勧めできません

安全面、体調面からお勧めできません

先ほどご紹介したように、早朝の時間帯にホテルから空港へ向かう場合の足はタクシーのみとなります。「でも、どうしても海外のタクシーには乗りたくない!」という旅行者の方、いますよね。そんなときは空港近くのホテルに前日泊しましょう。便利なのは、空港直結の「大衆空港賓館」と、空港から専用のシャトルバスが出ている「ラマダ浦東エアポート上海」。『上海ナビ』でも予約できます♪
地下鉄、リニア乗り場付近に直結している「大衆空港賓館」

地下鉄、リニア乗り場付近に直結している「大衆空港賓館」

空港からシャトルバスで3分の「ラマダ浦東エアポート上海」

空港からシャトルバスで3分の「ラマダ浦東エアポート上海」

「泊まるほどでもないけど仮眠を取りたい」「地下鉄の始発が動くまでマッサージで時間を潰したい」「乗り継ぎ便で帰って来たところなのでシャワーを浴びたい」という方は、上でご紹介した「大衆空港賓館」の北楼1階にある「T2 MAX(計時商務)」へ。1時間から使える仮眠ルーム、マッサージルーム、WiFiを使えるカフェ(軽食あり)、シャワールーム、ヘアサロンなどが24時間使えます。ここも知っておけばかなり心強い場所。英語通じます。
【深夜/早朝版】浦東空港⇔上海市内までの交通事情 サービス内容と料金です

サービス内容と料金です

地下鉄乗り場付近のエレベーターで「北楼」へ

地下鉄乗り場付近のエレベーターで「北楼」へ

入って右手のフロントの、

入って右手のフロントの、

すぐ脇に入り口があります。基本的に予約不要

すぐ脇に入り口があります。基本的に予約不要

空港に戻る際のお役立ち記事リストです。空港にもいろいろお店は揃っているけれど、早朝の朝ご飯、深夜着時の夜食は市内で済ますのがお勧めかも。

いかがでしたか? ここまで読めば、出発前の不安も少しやわらぐと思います。ナビも改めて調べてみましたが、意外に明るくて便利な深夜の空港を見て、「値段が安いなら深夜便もアリだな」と思いました。今後も深夜便利用者向けのサービスや施設はどんどん増えそう。新しい交通ルートや施設情報は随時更新していきたいと思います。
以上、上海ナビがお伝えしました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-11-10

ページTOPへ▲

その他の記事を見る