スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

夏の上海旅行の楽しみ方

ひたすら暑い大都会・上海で快適な夏休みを過ごすには? 真夏の楽しみ方をナビが伝授!

こんにちは、上海ナビです。
夏といえば旅の季節! でも、ひたすら暑く、避暑地や泳げる海も遠く、高い山もなく、フェスや夏祭りもなく、夏休みという概念もない上海は、はっきりいってオフシーズンです。在住者のナビも、涼しい秋、上海蟹の秋、連休やイベントのある秋の到来を目指して毎年夏を必死で乗り切っている感じ。でも、今回ナビは頑張って夏の楽しみ方を探してみました。「今年の夏休みは上海!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

夏の上海を楽しむコツ

中国の地方からのツアー客。帽子と傘は必須。

中国の地方からのツアー客。帽子と傘は必須。

暑さ&蚊対策を万全に!
真夏の街歩きを楽しむなら、帽子(または日傘)、日焼け止め、飲み物は必須! 冷たい触感の汗ふきシートやデオドラント商品は、上海ではなかなか手に入らないので持参すると便利です。また、蚊が多いので夕暮れからバーで飲みたい、格安ホテルの低層階に泊まるという方は虫除けスプレーを持参するなど蚊対策を考えましょう。
蘇州、杭州の山方面も容赦ない暑さ。

蘇州、杭州の山方面も容赦ない暑さ。

郊外に涼しさを求めない
山がちな日本では、ちょっと郊外に足をのばせば高原や避暑地があります。でも、上海周辺には高原も山もありません。しかも、蘇州、無錫、南京などの周辺観光都市は、内陸に位置するため上海よりも暑いんです。真夏の郊外旅行には、体力と「絶対行きたい」という強い想いが必要。無理のない日程でどうぞ。
普段の上海を感じる
日本のお盆休みにあたる清明節は4月。上海では、夏に休んでいるのは一部外資系企業を除いて学生だけです。そのため、会社も公共施設も普段どおり。特別なイベントやお祭りもなく、平穏な普段の上海を見ることができます。上半身裸で歩くおじさん、毛を刈り取られた長毛種の犬、路上洗髪中のおばさんなど、路地裏では上海の夏ならではの風景も見られます。
夏はいちばん素の上海人に会える時期かも。 夏はいちばん素の上海人に会える時期かも。

夏はいちばん素の上海人に会える時期かも。

真夏の上海オススメスポット

35℃超えも多い上海ですが、大都会だからか気温よりも暑く感じることもあったりします。そんな真夏日にオススメのスポットを集めてみました。
<路地歩き>
旅の楽しみは街歩きという方なら、多少の暑さを我慢してでも歩きたいはず。ナビのオススメストリートは、プラタナス並木が日陰を作っていて、疲れたらすぐ休めるカフェやバーが点在しているフランス租界エリアの路地。そして、バイクも通れないような細い路地が続き、軒や頭上の洗濯物が日射しを遮ってくれる下町の路地もオススメ。道端で昼寝する人、スイカを食べる人など、上海らしい夏の風景も見られますよ。
日陰が多くて散歩しやすいストリートがオススメ。 日陰が多くて散歩しやすいストリートがオススメ。

日陰が多くて散歩しやすいストリートがオススメ。

フランス租界のオススメストリート
下町系オススメストリート

<駅直結ショッピングモール>
上海には地下鉄の駅に直結しているデパートやショッピングモール、駅ナカショップが多数あります。中は冷房がガンガン効いていて、体力チャージにぴったり。ショッピングはもちろん、現地の人の買いっぷりを眺めたり、日系ブランドの上海での人気を改めて感じたり、デパ地下でバラまき土産を探したりと、いろいろ楽しめるはず。シネコン、スパ、レストラン街、フードコートなどを併設しているところもあります。日射しに疲れたら避難して。
駅直結の人気デパートです。
在住日本人の生活が知りたい、日系ブランドの人気が知りたいという方はこちら。
ローカルでチープなお土産屋さんめぐりならこちら。

<ホテルプール>
上海のホテルは、宿泊客ならたいてい無料でプールを利用できるシステムになっています。日焼けすることなく、リッチな気分で泳げますよね。この時期に上海に行くという方は、ぜひ滞在際にプールのあるホテルを選んでみて。

<外飲みできるバー>
暑い中、観光で疲れた心身を癒してくれるのは何といっても冷たい生ビール! 上海には外で飲めるバーがたくさんあります。とりあえずここで一杯飲んでから夕食を食べに行くのもオススメ。なぜなら、上海料理のローカル店はビールの冷えがイマイチだから。一杯目はキンキンに冷えたビールで乾杯したいですよね。外国人の多いバーを選べば間違いなしです。

<夜を楽しむ!>
真夏の上海旅行は、夜に予定を詰め込むのがオススメ。日射しを気にせず、夜風に吹かれながら観光できる場所もたくさんあるんですよ。しかもむしろ夜の方がきれいな風景が見られるかも。冬なら寒くて我慢できないスポットは、真夏に制覇しちゃいましょう。
外灘も新天地も、夜の予定に組み込んでみて。 外灘も新天地も、夜の予定に組み込んでみて。

外灘も新天地も、夜の予定に組み込んでみて。


<早朝を楽しむ!>
午前中からかなり暑い上海の夏。でも、日中よりはマシ、ということで、早朝の上海を散歩してみるのはいかがでしょう。上海のお年寄りは超早起き! まだ薄暗い朝5時頃から、お友達と公園にやってきて運動したりおしゃべりしたりを始めます。オススメは公園、市場、外灘。これも冬場はできない上海の楽しみ方かも。
外灘で朝日を見る? 公園で元気なお年寄りに出会う? 外灘で朝日を見る? 公園で元気なお年寄りに出会う?

外灘で朝日を見る? 公園で元気なお年寄りに出会う?


街角のドリンクスタンドで買える緑豆かき氷。

街角のドリンクスタンドで買える緑豆かき氷。

<上海風夏料理があるお店>
上海の冷麺は、あんまり冷たくなくてピーナッツのタレがかかったものが主流。これと同じバージョンで冷やしワンタンというものもあります。スープなしワンタンで、やはりピーナッツダレ味。また、解熱効果のある緑豆を使ったスイーツも上海を代表する夏の食べ物のようです。ほかにも冷たい中華スイーツを出すお店がいっぱい。逆に夏の期間メニューから消えるのは「酔蟹」など、生ものの酒漬け料理。日本人に人気のメニューですが、夏は食べられないのでご注意を。

上海のお化け屋敷、意外とあなどれません。

上海のお化け屋敷、意外とあなどれません。

<ゾクッとしたいならここ>
お化け屋敷は市内の各遊園地と「マダムタッソー蝋人形館」にあります。ほかに期間限定版が市内に登場することも。どこもけっこうリアルなお化けが出ると評判だそう。もの足りない方は、地元の人が言う都市伝説スポットへ。普陀区の蘇州河周辺、龍華寺の南にある廃飛行場周辺、葬儀ストリートとして知られる西宝興路などが有名なようです。また、昔は墓地だったという場所も上海ではめずらしくありません。デパートやマンション、ホテルが建っているあの場所が……ということもあるかも。

いかがでしたか? この夏、行ってみたい場所は見つかったでしょうか。冬場に来たことがあるという方は、寒くて満喫できなかったスポットに再度行ってみるのもオススメです。テラス席のあるバー、夜景クルーズ、朝の街歩きは夏の醍醐味。オフシーズンならではの楽しみ方をぜひ見つけてみて下さい。
以上、上海ナビがお伝えしました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-06-21

ページTOPへ▲

関連記事

冬の上海旅行の楽しみ方

冬の上海旅行の楽しみ方

寒い日の上海はこう過ごす! お土産にしたい冬グッズ、温まる冬グルメもご紹介♪

その他の記事を見る