上海のエッグタルト特集

たまごの旨味とサクサクのパイ生地が病みつきに。一度は食べたい定番デザートを食べ比べ!

こんにちは、上海ナビです。
杏仁豆腐、マンゴープリン、ゴマ団子など、中華圏には日本人も大好きなスイーツがいっぱい。中でもナビの最近のイチ押しは、今日ご紹介するエッグタルトです。でも、グルメ旅行に慣れた方なら「それって香港やマカオの名物でしょ?」と思うかもしれません。が、上海には大陸を代表する専門店「LILLIAN BAKERY」があることをご存知でしょうか。この「上海一おいしいエッグタルト」のお店に負けじと頑張るお店も多いのです。早速ご紹介していきましょう。

エッグタルトって?

香ばしさが魅力♪

香ばしさが魅力♪

どんな味?
パッと見、最初はナビも単にカスタードクリームが入ったタルトだと思っていました。クリームパンやシュークリームの味を想像して、「上海で食べるほどのものでもないか」と思っていました。でも! 食べてみたら全然違う! 香ばしく焼かれたクリームは、たとえるなら焼きプリン。パイ生地の層の薄さや繊細な歯触りも、日本では未経験の食感なのです。そして、スイーツなのに口の中をやけどするほどアツアツ! ひと口味わえばやみつきになる味なんです。
「LILLIAN BAKERY」の本店は庶民的な雰囲気

「LILLIAN BAKERY」の本店は庶民的な雰囲気

上海ではどんな存在?
エッグタルトはもともと広東省より南でブームになったもの。上海で流行りだしたのは2000年前後と、名物としては新参者なんです。でも、お店の移転や閉店、食べ物の流行の回転が速い上海では、10年以上続いたらもう定番品。庶民のおやつとして大昔からあったような風格を醸し出しています。
どこで買える?
テイクアウトしたりその場で食べるならベーカリーやスタンド式のエッグタルト専門店で。ランチやお茶のおともに食べるなら香港、マカオ系の茶餐廳で。そのほか、高級広東料理店、点心ビュッフェを売りにしているホテル内のレストランなどでも食べることができます。わざわざ専門店を探さなくても、お目当てのレストランでデザートとして食べることもできるんですよ。

「LILLIAN BAKERY」で王道を食べる!

「上海一おいしいエッグタルト」と堂々宣言しているのは、上海にエッグタルトのおいしさを広めた「LILLIAN BAKERY」。2000年に虹口エリアで「莉蓮蛋撻餅屋(LILLIAN CAKE SHOP)」としてオープンして以来、上海で不動の人気を誇っています。虹口の本店にはカフェスペースがあるので座ってゆっくり食べられますよ。
「LILLIAN BAKERY」にしかないチーズ味

「LILLIAN BAKERY」にしかないチーズ味

こちらが「LILLIAN BAKERY」のエッグタルト。お値段は一つ4元です。プレーン(原味)とチーズ(芝士)の2種類があるのですが、ナビは断然プレーン派。卵の旨味がたっぷりのとろける餡がたまりません。チーズのほうは少し酸味があるチーズケーキといった味わい。パイ生地の層の細やかさにも感動するはず。
ナビはプレーン派。甘さ控えめのクリームがたっぷり ナビはプレーン派。甘さ控えめのクリームがたっぷり

ナビはプレーン派。甘さ控えめのクリームがたっぷり

このデパートのなかにも支店があります!

スタンド式ショップの注目店はここ!

「LILLIAN BAKERY」が虹口に本店を置いていることもあって、虹口エリアはエッグタルトのお店が密かに多い場所。そんな虹口のメインストリート・四川北路で見つけたのが「沙煜仟蛋撻王」です。レジカウンターだけの小さい店舗ながら、遠くからでも分かるような行列が! 地元のグルメ番組などでもたびたび紹介されているのだそう。
このお店の前だけ人だかりができています

このお店の前だけ人だかりができています

ナビも頑張って並んで買ってみました。お値段はなんと1.5元! 広東式とマカオ式の2種類で、広東式は焦げ目のない上品な味。マカオ式はアツアツをすぐに食べたい香ばしさが魅力。パクッとひと口で食べられるサイズは、散策中の間食にするにはぴったりかも。近所の常連さんたちはみんな大量買いしていました。家族みんなで食べるのかな?
ひと口サイズのマカオ式エッグタルト

ひと口サイズのマカオ式エッグタルト

焦げ目がない上品な口当たりの広東式

焦げ目がない上品な口当たりの広東式

やっぱりおいしい茶餐廳のエッグタルト

エッグタルトといえば香港やマカオが本場。というわけで、飲茶など香港周辺のグルメを楽しめる茶餐廳にはメニューにエッグタルトが必ずあります。今回ナビは、香港系の「甜蜜蜜」へ行ってみました。
昔ながらの店構え

昔ながらの店構え

「甜蜜蜜」のエッグタルト「甜蜜蜜蛋撻」は二つで12元。今回食べ歩いた中ではいちばん大ぶりで、焦げ目がない上品な広東風でした。パイ生地が繊細なので、手のひらにのせて食べないとくずれてしまうほどです。ほかに「燕窝蛋撻(ツバメの巣エッグタルト)」(18元/個)なんていう種類も。が、残念ながらナビが訪れた日は売り切れでした。美肌に効果がありそうです。
手のひらサイズの大きさ。すぐくずれてしまうサクサクのパイがポイント 手のひらサイズの大きさ。すぐくずれてしまうサクサクのパイがポイント

手のひらサイズの大きさ。すぐくずれてしまうサクサクのパイがポイント

ほかにもこんな茶餐廳のエッグタルトがお勧めです。
エッグタルトは高級広東料理店やホテル内の中華料理店でも定番デザート。街中で専門店を探さなくても、こんなレストランでもディナー、ランチのデザートとしてついでに味わうことができますよ。

実はいちばんおいしいと噂のケンタッキー

カウンター上のメニューの片隅に発見

カウンター上のメニューの片隅に発見

食べ比べをするにあたり、「上海人の皆さん、上海でいちばんおいしいエッグタルトのお店を教えて!」と微博(中国版ツイッター)でつぶやいてみたナビ。すると何と、有名店と同等に多かったのが「ケンタッキー」という返事。メニューにはあるな〜と思っていたけど、今まで食べたことがなかったケンタッキーエッグタルトを試してみました!
「葡式蛋撻」は一つ7.5元。香ばしい焦げ目と繊細なのにパリパリのパイ生地が特徴。これはちょっとあなどれないかも。気軽に食べるならケンタッキー、けっこうお勧めです。プレーンのほかに黄桃入りなんかもあって、こちらは常に売り切れている人気商品なんだとか。
上海のエッグタルト特集 層の薄いパリパリの生地が美味

層の薄いパリパリの生地が美味

ケンタッキーの入っている主なデパート、スポットです。

自分で作っちゃおう!

「手作り大好き!」という方にお勧めしたいのがこのツアー。なんと、エッグタルトの作り方をマスターできるんです。実際に参加してみたのですが、パイ生地を作ること自体が初めてだったナビも小麦粉を練るところから完成させることができました。でも、「あのお店のクリームのほうがおいしかったかな」「パイ生地がもっと繊細だったら」などと考えて、やっぱり人気店はおいしいのだということを再確認してしまいましたが。
粉からパイ生地作りを学べます

粉からパイ生地作りを学べます

何層にものばして

何層にものばして

型へ

型へ

クリームを入れて、

クリームを入れて、

オーブンで焼き上げます

オーブンで焼き上げます


いかがでしたか? 食べてみたいエッグタルトのお店はあったでしょうか。今回いろいろ食べてみたナビですが、どこのお店も甘さ控えめでこんがり焼きたてだったことが印象的でした。「甘いものが苦手だから」で食わず嫌いしている方も、ひと口食べれば180度イメージが変わるエッグタルト。安くて気軽に買えるので、ぜひ皆さんも食べ歩いてみて下さい。
以上、上海ナビがお伝えしました。


上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-06-25

ページTOPへ▲

関連記事

莉蓮蛋撻餅屋(LILLIAN BAKERY) 虹口本店

莉蓮蛋撻餅屋(LILLIAN BAKERY) 虹口本店

あのエッグタルト専門店の本店はここ! カフェスペースでアツアツを味わえる下町ベーカリー。

甜蜜蜜 茂名南路店

甜蜜蜜 茂名南路店

昔ながらの香港風軽食と中華スイーツが種類豊富! 淮海中路エリアの人気茶餐廳。

【工事中】LILLIAN BAKERY 呉江路店

【工事中】LILLIAN BAKERY 呉江路店

いつも焼きたてアツアツ! グルメストリート・呉江路で絶品エッグタルトを食べ歩きしよう。

中国点心作り体験ツアー(小籠包、エッグタルト、生煎)

中国点心作り体験ツアー(小籠包、エッグタルト、生煎)

教室は旧フランス租界エリアのオシャレな路地裏に位置。上海人のお母さんに点心の作り方を習っちゃおう!

【閉店】甜蜜蜜

【閉店】甜蜜蜜

香港式デザートや広東料理が気軽に楽しめる中国系ファーストフード!若者からお年寄りまで大人気。

その他の記事を見る